フィギュアスケートのスピンの3つの基本姿勢|アップライト系スピン

フィギュアスケートにおいて、スピンは象徴的な技のひとつです。

アイスショーでも競技大会でも、スピンの場面では拍手が沸き起こり、ひとつの大きな見せ場となります。

アイスショーの演技内容は自由ですが、競技大会の場合は、国際スケート連盟が規定した内容で、演技をするのが一般的です。

国際スケート連盟は、オリンピックのフィギュアスケート競技における、出場枠を決定する権限を持っているため、オリンピック出場を希望するスケーターは、国際スケート連盟の規定に合わせた内容で、技を競い合います。

国際スケート連盟の規定でも、演技中に必ずスピンをおこなうことになっています。

スポンサーリンク

フィギュアスケートのスピン | アップライト系

スピンの基本のアップライト系スピン

スピンには、3つの基本姿勢があります。
アップライト系スピンとシット系スピン、そしてキャメル系スピンです。

その中で、アップライト系スピンは、もっともオーソドックスで、スピンの基本となる種類です。
軸足となるスケーティングレッグを伸ばした状態で、上体とまっすぐにして回転します。

シット系スピンはしゃがんだ状態でおこない、キャメル系は上体とスケーティングレッグがT字型になるのが基本です。

3つの基本姿勢のうちの、複数をつなげて行なうのがコンビネーションスピンで、アップライト系スピンのうち、上体を後ろに反らしておこなうのが、レイバックスピンです。

コンビネーションとレイバックは、3つの基本姿勢から派生した形態ですが、独立して扱われ、この2つを入れて、スピンの種類は5種類とされることもあります。

国際スケート連盟の規定する採点基準では、同じアップライト系スピンでも、レイバックには高得点が設定されています。

さまざまな応用ができるアップライト系スピン

フィギュアスケートのアップライト系スピンの中で、レイバックは国際スケート連盟の規定する、フィギュアスケート競技の採点方式でも、独立した基準が設けられているくらい特徴的なものですが、レイバック以外にも、アップライト系スピンから派生した、さまざまな形態が見られます。

アップライトの姿勢を取りながら、軸になるスケーティングレッグに、フリーレッグを交差させて回るスクラッチスピンもそのひとつです。

同じくアップライトの姿勢で、スケーティングレッグにフリーレッグを交差させ、両足を着氷させて回転するのが、クロスフットスピンです。

スピンは、一方の足だけを着氷させて回転するのが基本ですが、唯一このクロスフットだけは、両足を着氷させて回転しても、スピンとして認められます。

アップライト姿勢から、フリーレッグを背中側から頭の上まで伸ばして、手でフリーレッグを掴んで回転するのがビールマンです。

レイバックは、フィギュアスケート女子シングルの、ショートでは必須となっていたほどメジャーな技ですが、レイバックのうち、上体を横に倒しておこなうのが、サイドウェイズリーニングとなります。

アップライトの姿勢を取りながら、フリーレッグを水平より上へ前方に上げて回転するのは、ショットガンと呼ばれます。

アップライトの姿勢で、フリーレッグを前方から頭上までまっすぐ高く上げ、体全体がアルファベットのIの字のようになって回転するのは、I字スピンと呼ばれます。

この他に、Y字、A字というのもあります。
アップライト系スピンにはさまざまな派生型があり、観客の目を楽しませています。

競技での採点上はレイバックが有利

競技の採点方式で、アップライト系スピンは、3つの基本姿勢の中で、最も配点が低くなっています。

その中でレイバックは、独立して扱われ、配点は高いです。
基礎点では、アップライトがレベル3で1.9点、レベル4で2.4点であるのに対し、レイバックは、レベル3で2.4点、レベル4で2.7点となっています。

レイバックは、特に難易度が高いと認定されているということになります。

スピンに入る時点で跳び上がると、フライングアップライトやフライイングレイバックとなり、基礎点がさらに高くなります。

スピンの種類というのは、確かに合計点数には影響しますが、レベルによる差の方が大きいため、競技会で上位に入賞するためには、高いレベルをとることが、より大事になります。

審判団には、技術審判と演技審判がいます。
技術審判は1名か2名で、演技審判は最大で9名います。

レベルを判定するのは技術審判です。

技術審判の役割はたいへん重要であるため、国際スケート連盟が主催する大会では、技術審判は必ず国際スケート連盟が任命します。

レベルは5段階あり、レベルBが最も低く、レベル4が最高です。
レベルは、国際スケート連盟があらかじめ定めている工夫を、いくつ取り入れてあるかで決まります。

取り入れた工夫が基準を満たしていると技術審判が判定すると、カウントされます。

カウントされた工夫が4つあったら、レベル4となり、カウントがゼロであったらレベルBとなります。

フライイングアップライトスピンの場合は、レベル4とレベル3では、0.5点も違ってくるため、レベルの差は大きく影響します。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-,

関連記事

東北新幹線で行けるスキー場9選

スキー場って山の上にあるので車やゲレンデ直通の夜行バスを利用しないと行けないと思っていませんか? 車だとスタッドレスタイヤをはいていても雪道の運転は怖くて疲れるし、夜行バスだと狭くて時間もかかる。 他 …

登山用ザックの選び方

山ガールという言葉ができるほど、近年は女性や若者の間でも、登山やハイキングがブームになっています。 登山するにあたって必ず必要になるのが登山用ザックですが、種類や容量など非常に多種多様なので、選び方に …

フィギュアスケート採点の流れ:審判団(ジャッジ)

フィギュアスケートの大会は、世界各地でたくさんおこなわれています。 各大会には審判団がいて、その時点での基準に合わせた審判をおこない、各選手の演技に点数をつけています。 採点基準はしばしば変わります。 …

一目置かれるお洒落コーデ!「ジョガーパンツをスキニーパンツのように着こなす」

脚のラインにぴったりとフィットし、形良くスッキリと見せてくれるスキニーパンツは、本格的な流行が見られたあとも、 メンズ・レディースを問わず安定した人気を保ち続けており、すっかり定番のスタイルとして定着 …

乗馬を始める年齢は?

最近、テレビなどで芸能人が馬術大会に参加し、結果を残すなど、テレビで馬術を見る機会が増えています。 そうなると、自分も乗馬を始めたい、いずれは馬術大会に出たいと憧れを持つ人も珍しくはありません。 その …

楽天モーションウィジェット