フィギュアスケートのスピンの3つの基本姿勢|キャメル系スピン

フィギュアスケートの、演技のひとつの見せ場であるスピンには、3つの基本姿勢があります。

簡単な順から、アップライト、シット、そしてキャメル系スピンとなります。

スポンサーリンク

フィギュアスケートのスピン | キャメル系

難易度がかなり高いキャメル系スピン

キャメル系スピンは、3つの基本姿勢の中で、最も難易度が高いスピンであり、高い得点が付与されてます。

キャメル系スピンでは、回転する軸足でないほうのフリーレッグが後ろに位置し、フリーレッグの膝は、ヒップより高い位置になくてはなりません。

キャメル系スピンは、更に3つに分類されます。
両肩のラインが氷面と平行になって、へそが下を向いている姿勢のキャメルフォワードと、両肩のラインが氷面と垂直になっている、キャメルサイドウェイズ、そして肩のラインが氷面と平行になって、へそが上を向いている姿勢になっている、 キャメルアップワードです。

3つの基本姿勢の中で1番難しいとされているため、基礎点も高くなっていますが、ジャンプほど、種類による差は大きくありません。

種類による差よりも、レベルによる差が大きいと言えます。
スピンの採点には、3つの要素が関わります。

基礎点とレベル、そして出来栄え、即ちGOEです。

スピンの種類によって決まるのが、基礎点です。
そして、その種類のスピンをおこなうに当たって、どういう工夫がなされているかによって、レベルが決まります。

工夫をして、おこなっている演技の出来栄えは、GOEで評価されます。

こうした採点方式は、しばしば変わります。
決めているのは、国際スケート連盟です。

国際スケート連盟は、オリンピックのフィギュアスケート競技の出場枠を決める組織であるため、権威があります。

種類よりもレベルで大きく点差が

フィギュアスケートは、アイスショーでもよく見かけますし、競技会も世界各国で随時おこなわれています。

アイスショーでは、演技者に点数をつける必要はありません。
ただ、競技会となると、演技は採点され、順位が決められます。

採点基準はたいてい、国際スケート連盟が決めたものが採用されます。
フィギュアスケート競技大会の頂点は、オリンピックとなっており、オリンピック出場に関する権限を持っている、国際スケート連盟の採点基準に合わせることは、オリンピック出場を願うすべての競技者にとって、大事なことです。

フィギュアスケートは、アイスショーが頻繁におこなわれていることからも明らかなように、美を追求する面もありますが、採点する場合、それをどう評価するかは難しく、これまでもしばしば、採点基準が議論されてきました。

現在の採点では、審判員の主観がなるべく入らないような基準が設けられています。

審判団には、1名か2名の技術審判員と、最大で9名の演技審判員がいます。

スピンでは、レベルによって大きく点が変わりますので、レベルを決めるのは、技術審判員となります。

国際スケート連盟が主催するフィギュアスケート大会では、技術審判員は、必ず国際スケート連盟が任命します。

重要な役割を果たすからです。
技術審判員は、イベントレフェリーと呼ばれる審判団の監督官と、違う国の出身者が選ばれる決まりとなっているほどです。

スピンのレベルを決めるのは、この技術審判員となります。スピンのレベルを決める際の基準は、国際スケート連盟が、あらかじめ定めています。

出来栄え(GOE)でも大きく変わる

キャメル系スピンの基礎点は、5段階のレベルで最も低いレベルBと判定されると、1.1点となります。

次のレベルであるレベル1だと、1.4点で、その次のレベル2だと、基礎点は1.8点となります。
レベル3なら2.3点で、最も高いレベルのレベル4をとると、2.6点の基礎点が獲得できます。

ここまでの点は、技術審判員が決めます。その種類のスピンの、そのレベルにおける出来栄えを、演技審判員が評価します。

評価は、プラス3からマイナス3までの7段階でおこなわれます。
マイナス評価をつけるときの基準は、かなり厳しく定められています。

なんとなくマイナス、ということはしづらいシステムとなっています。
審判員は現在は匿名ではなく、公表されますから、実情にそぐわない採点は、以前よりはおこなわれづらくなっていると考えられます。

出来栄え(GOE)は、直観的に判断するのではなく、プラス要素を探してプラス評価をし、マイナス要素も探してマイナス評価もつけ、それを合計します。

演技審判員のつけたGOEの評価の中で、最高評価のひとつと、最低評価のひとつは除外され、無効となります。

常に2名分の評価は、無効になることになります。2つを除外した評価をもとに、GOEが決まります。

GOEがプラス3だと、1.5点が基礎点に追加されます。
GOEがプラス2なら1.0点が、プラス1なら0.5点が追加となります。

GOEがマイナス1であったら、基礎点から0.3点が差し引かれ、マイナス2なら0.6点が、マイナス3なら0.9点が差し引かれます。

GOEで、最大2.4点も違ってきます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-,

関連記事

大相撲観戦の流れとマナー

ここ最近、大相撲の人気が戻ってきています。 2016年初場所では、琴奨菊が日本人力士としては10年ぶりとなる優勝を果たし、同年秋場所では、豪栄道も全勝優勝を飾りました。 2017年初場所で優勝した稀勢 …

フィギュアスケートの国際大会を知りたい!世界選手権

フィギュアスケートにおいて、世界選手権は、オリンピックと同等の権威がある国際大会です。 オリンピックは、4年に1度行われますが、世界選手権大会は毎年おこなわれます。 フィギュアスケートでの、世界ランキ …

スキー・スノーボード用品はどう選ぶ?

ゲレンデデビューするためには、まずいろいろなアイテムを揃える必要があります。 最初はレンタルしても良いのですが、はっきりってレンタル品のクオリティーはそれほど高くないため、今後もスキーやスノーボードを …

ゴルフ練習場に行くまでに準備するゴルフ用品について

最近は、自然の中でリフレッシュしながら楽しめるスポーツとして、若い女性などにもゴルフ人気が高まっています。 ゴルフコースを回るまで行かなくても、近所の打ちっぱなしや、練習場へ行ってボールを打つ爽快感を …

大注目!大相撲の行司さん

スポーツの審判にあたる大相撲の行司は、注目してみると大相撲が一段と楽しくなります。 力士には下から序の口、序二段、三段目、幕下、十両、前頭、小結、関脇、大関、そして最上位の横綱という階級があり、力士の …

楽天モーションウィジェット