フィギュアスケートの国際大会を知りたい!四大陸選手権

四大陸選手権は、フィギュアスケートの国際大会では、オリンピックに次ぐ権威を持つ大会です。

フィギュアスケートの世界ランキングは、ポイントで決まりますが、そのポイントが最も高めに設定されているのが、オリンピックと世界選手権です。

その次が、四大陸選手権とヨーロッパ選手権となります。
四大陸選手権に出場できるのは、アジアとアメリカ、アフリカ、オセアニア大陸の各国の選手です。

種目は男子シングルと女子シングル、ペアそしてアイスダンスの4つとなります。

スポンサーリンク

もっと知りたい!フィギュアスケート

オリンピックに次ぐ権威ある大会

四大陸選手権では、各国に各種目3つづつの枠が確保されています。
その点、フィギュアスケートの世界選手権や、ヨーロッパ選手権に比べ、出場しやすい面があります。

国のフィギュアスケートレベルに関係なく、どの国も各種目に3選手づつ出場させることができます。
同格の国際大会であるヨーロッパ選手権では、厳しい出場基準があるわけですが、やはりヨーロッパに比べて、出場国が少ないため、こうした出場枠になっていると見られます。

四大陸選手権に出場する国で、フィギュアスケートが盛んな国は、日本とアメリカ、カナダ、韓国、中国が挙げられます。

上位選手の数は非常に多いですが、国の数としては、ヨーロッパほど多くはありません。
そのため、各国が無条件で3枠を確保できていても、出場選手が多すぎるという事態にはならない状況です。

この出場資格条件により、この大会は、新進気鋭の選手が発掘しやすい大会とも言えそうです。
1999年から開始された、比較的新しい国際大会であるものの、非常に高い位置づけとなっています。

国際スケート連盟が主催する大会

フィギュアスケートの国際大会は、各国で随時おこなわれているわけですが、オリンピックの出場枠を付与する権限を持つ、国際スケート連盟が主催する大会は、数えるほどしかありません。

やはりフィギュアスケートは競技ですから、オリンピックを頂点とした構造になりやすい面があります。
オリンピックへの出場枠の決定権を持つ、国際スケート連盟の権威は絶大となり、国際スケート連盟が主催する大会には当然、注目が集まります。

国際スケート連盟が主催する国際大会には、世界選手権と四大陸選手権、ヨーロッパ選手権、グランプリシリーズがあります。

グランプリシリーズには、予選に当たる6つの大会と、決勝に当たるグランプリファイナルとがありあます。

このうち、世界ランキングを決めるのに最も影響を及ぼすのが、世界選手権です。

世界ランキングはポイント制で、世界選手権の順位が高いと、他の大会で上位を取るよりも高ポイントが得られます。

オリンピックのある年だと、オリンピックでの順位によっても、世界選手権と同率の高ポイントが得られます。

次にポイントが高率となっているのが、四大陸選手権とヨーロッパです。
次がグランプリファイナルで、その次がグランプリシリーズの各大会となります。

どこの大会での順位も、同等というわけではなく、オリンピックや世界選手権での順位が、より高ポイントとなります。

四大陸選手権は、それに次ぐ扱いですから、権威ある大会と言えます。
国際スケート連盟が主催する大会ですので、審判員は、国際スケート連盟が選びます。

ここでのスコアは、オリンピック出場資格にも影響します。

日本での開催は2回。いずれも大阪

開催地は、四大陸の中で決められ、これまでの開催地は、北米と東アジアとなっています。
日本では、2000年と2013年の2回、いずれも大阪で開催されました。

最も多かった開催国は韓国で、これまで6回開催されています。
次がアメリカで、これまで5回おこなわれています。

意外に台湾でも多く、台北で4回開催されています。
2018年の四大陸選手権も、台北でおこなわれます。女子シングルの優勝者は、圧倒的に日本人が多く、これまで18回おこなわれたうち、11回も日本人選手が優勝しています。

次がアメリカの選手で、6回です。
男子シングルでは、カナダの選手が7回と最多になっています。次が日本で6回です。アメリカが4回と続きます。

シングルでは男女とも、メダル数では日本が他を圧倒しています。
選手の層が厚いということでしょう。

四大陸選手権は、グランプリファイナルが終わって、世界選手権が開催されるまでの、はざまの時期にあります。

オリンピックがないシーズンでは、世界選手権が最も権威があり、注目度も高いフィギュアスケートの国際大会となり、その前哨戦とも言えるものです。

国際スケート連盟が主催するフィギュアスケートの大会は、2009年に国別対抗戦も始まりましたし、四大陸も1999年に始まっていますから、昔に比べれば増えてきています。

それだけ、ファンが増えているということでしょう。
およそ半年はオフシーズンになりますから、それでも、もっと多く見たいというファンも多いことでしょう。

四大陸は、国際スケート連盟が主催する数少ない大会の中の一つであり、注目が集まっています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-,

関連記事

地元愛が熱くする!?鹿島アントラーズを応援してます!

鹿島アントラーズは、J1リーグに所属する日本のプロサッカークラブです。日本のサッカーの歴史はまだ浅いですが、鹿島アントラーズは、1992年の日本プロサッカーリーグ発足当初から加盟したクラブです。 その …

心と体を鍛えて護身術にもなる?柔道で学ぶ武道の世界

武道というのは体だけでなく精神的なことも学べるスポーツです。 特に柔道は礼に始まり礼に終わるという対戦相手を敬うという競技になります。

甲子園を目指して!甲子園の栄光の記録から見るあれこれ

高校野球は全国の代表が予選を勝ち上がり、甲子園の舞台で雌雄を決します。 とはいえ、地域によって強いところもあれば、なかなか勝てないようなところがあるのも事実です。 都道府県別で見た高校野球の成績を見る …

サッカーの基本ルール : フィールドとボール

サッカーで使用されるフィールドとボールが、地域やレベルに応じて異なるようでは、統一した競技の運用ができなくなります。 そのため、フィールドとボールについては、国際的に正式な規定があります。

フィットネスボクシングに年齢制限はある?一日の練習量は?

痩せるため、筋肉をつけるため、護身のためなど、いろいろな理由からフィットネスクラブに通う人は多いものですよね。 中でもフィットネスボクシングをやると、筋力トレーニングやボクシングのスキルアップにも役立 …

楽天モーションウィジェット