フィギュアスケートのジャンプの種類は6種類|ループ

フィギュアスケート競技におけるジャンプには、6種類があります。
難易度の高い順から、アクセルジャンプ、ルッツ、フリップ、ループ、サルコウ、トゥループとなっています。

それぞれの種類に対し、回転数に応じてシングル、ダブル、トリプル、4回転があり、跳ぶ選手がいれば、5回転というのもあり得ます。
現在は、4回転まで跳ぶ選手がいます。

スポンサーリンク

フィギュアスケートのジャンプ | ループ

ループジャンプの跳び方と、歴史

ループジャンプは、後ろ向きに滑って行って、空中で回転する方向が反時計回りであるなら、右足のアウトサイドエッジのままで踏み切るジャンプです。

空中で回転する方向が時計回りであるなら、左足のアウトサイドエッジのままで踏み切ります。
回転数が多くなるほど、跳ぶのが難しくなり、4回転ができる選手は、世界で2人しかいません。

フィギュアスケート選手が、1回転のシングルループに初めて成功したのは、1910年のことで、2回転であるダブルが成功したのは1925年です。

3回転であるトリプルが成功したのは、男子では1952年で、女子では1968年です。
4回転を跳ぶ選手が現れたのは、2016年です。

このジャンプは、右足バックアウトエッジに乗ったとき描かれることになる、反時計回りのカーブを、回転力に利用して跳ぶものです。

サルコウより、ワンランク上とされているのは、コントロールが難しい跳び方であるからです。
フィギュアスケートは競技であるため、技の難易度も競われます。

演技の完成度やまとまり、美しさも採点の大きな要素になり、難易度とどちらに、より重点をおくかというのが議論されてきており、最近では難易度が重視される傾向にあります。

難易度が高く、基礎点も高いループ

フィギュアスケートは、オリンピックの競技種目であり、競技の内容は採点され、順位がつけられます。

採点の方法は、しばしば変わってきました。
数年前までは、ジャンプの回転数は、それほど決定的な影響をもたらすものでもありませんでしたが、その後採点ルールが変わり、現在では回転数の多いジャンプを跳ぶほど、非常に高い得点が得られ、順位が上がるようになっています。

ジャンプには6種類あり、難易度の高いジャンプほど高得点となります。
ジャンプで最も難易度が低いのが、トゥループで、次がサルコウ、ループはその上の難易度となります。

前者の2つが、難易度が低いとされているのは、踏み切った時点で、すでに半回転できているからです。

その後、半回転を引いた分を、着氷するまで空中で回転すればいいことになるので、他の種類よりも、その分楽になります。

4回転の場合だと、踏み切ったあと、実質的には空中で3.5回回ればいいことになります。
その他の種類のジャンプは、踏みきった時点から回転が始まるといった面があるため、難易度が高いと認められ、高い点が獲得できるようになっています。

ジャンプの点数は、基礎点と出来栄え点を足して算出されます。

基礎点は、ジャンプの回転数と難易度という2つの面を考慮して、国際スケート連盟によって定められています。

1回転であるシングルなら、トゥループとサルコウの基礎点は、同じ0.4点となります。
ループはひとつ上の難易度であるフリップと同様、0.5点です。

これが2回転のダブルとなると、1.3点と1.8点と大差がつきます。フリップは1.9点です。

回転数が多いほど基礎点の差が開く

1回転だと、ジャンプの種類が違っても、さほど大きく点数は変わらないのですが、ジャンプの回転数が多くなればなるほど、種類による差が大きくなります。

現在のフィギュアスケートの採点方式だと、順位を決めるのに決定的な役割を果たすのは、ジャンプの回転数であり、その次がその種類であるとも言えます。

ほとんどの選手が3回転止まりであった頃は、3回転の中で最も難易度の高い、トリプルアクセルを跳べるかどうかが大きく影響しました。

ただ、大きく影響はするものの、トリプルアクセルと他の種類の点数が、現在ほど大きくは違っていなかったため、難易度の高い種類を跳ぶこと以外のことに重点を置いても、順位を上げることは十分可能でした。

ただ現在では、採点方式が変わり、4回転を跳ぶと、決定的とも言えるほど高い点が獲得できるため、回転数にこだわらない内容で競技するのが難しくなっています。

4回転を跳ばずに、高得点を取って、上位に入賞するのが困難になってきたため、4回転を組み込んだ内容の演技をする傾向が高まり、今や男子シングルの上位選手は、4回転を跳ぶのが当然のことのようになってきています。

4回転を跳ぶ選手が大勢いる状況となった現在は、ジャンプの種類が焦点になってきています。
サルコウまでを跳ぶ選手は多いですが、その上の難易度の種類となると、ごく限られた選手しか跳ぶことはできていません。

サルコウより難易度の高いジャンプの基礎点は、4回転サルコウが10.5点なのに対し、順に12.0点、12.3点、4回転ルッツで13.6点と、非常に高くなっています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-,

関連記事

サッカーの基本ルール : フィールドとボール

サッカーで使用されるフィールドとボールが、地域やレベルに応じて異なるようでは、統一した競技の運用ができなくなります。 そのため、フィールドとボールについては、国際的に正式な規定があります。

プロ野球・不滅の記録は?|シーズン最多登板

プロ野球でのシーズン最多登板記録を見ていくと、70試合以上投げた選手は延べ52人います。 そのほとんどは、21世紀に入ってからの記録ですが、中には1950年代60年代という記録もあります。 昔の選手は …

自分のレベルに合ったランニングの距離はどれくらい?

健康志向の方が増え、老若男女幅広い世代の方がランニングを始めるようになりました。 毎日朝早くから走りに行く方や仕事が終わって走り始めるという方も少なくありません。 自分の意志が強い方は決めたことを10 …

ゴルフの基本知識:ゴルフの基本マナー「バンカーのマナー」

ゴルフ初心者にとって、バンカーとは非常に嫌なものです。 一度入ると、なかなか抜け出せないということもあるでしょう。思ったように抜け出せないかもしれないという焦りから、またミスショットを生むというのは、 …

水泳の悩み…背泳ぎでタイムが伸びない

背泳ぎを初めて行う人にありがちなのは、頭が壁にぶつかる、鼻に水が入るなどですが、これらは様々な工夫や経験で、すぐに何とかなります。 ただ、体が沈んでしまうというのは、複合的な要因によって発生するため、 …

楽天モーションウィジェット