フィギュアスケートのルール:男子シングルのフリースケーティング

フィギュアスケートには、ショートプログラムとフリースケーティングがあります。

スポンサーリンク

もっと知りたい!フィギュアスケートの魅力

ショートよりも縛りは少なくなっている

フリーとあるように、ショートプログラムよりも縛りが少なくなっています。
ただ、演技時間は長くなりますので、体力がないと後半で失速してしまうこともあります。

特に、男子シングルは、4回転ジャンプをたくさん飛ぶ時代なので、演技時間が長いフリースケーティングの後半で、ばててしまう選手もいます。

縛りが少なくなっていますが、どれくらい少なくなっているのでしょう。

ショートプログラムは、ジャンプは3回ですが、それぞれある程度何を飛ぶのかが決まっています。
スピンもそうです。
そして、ステップです。

自由度もありますが、縛りがあるので、似たような構成になりやすいかもしれません。

ここまでの縛りがあるわけではないので、選手によって演技の差を感じるかもしれません。
もちろん、まったく縛りがないわけではありません。

演技時間が長くなりますので、ジャンプを飛ぶ回数が8回に増えますが、回数は決まっています。
種類に関しては、アクセルジャンプを必ず飛ばなくてはなりませんが、他は意外と自由です。

また、コンビネーションジャンプは3回まで入れられます。
フィギュアスケートの男子シングルの試合を見ていて、ジャンプの違反があったと、解説者が言っているのを聞いたことがある人もいるでしょう。

同じ種類のジャンプを飛び過ぎた場合は得点になりません。
2回転以上の同じ種類のジャンプは、2回までしか飛べないので、回転不足を取られたりして、同じジャンプを3回飛んでしまうこともあるので調整も必要です。

ジャンプの細かいルールを覚えよう

フリースケーティングは、4分20秒から4分40秒まで演技できます。
曲がかかってから、動き始めた瞬間からスタートです。

ジャンプは8回まで飛べますが、必ずアクセルジャンプを1回は飛ばなくてはなりません。
アクセルジャンプが苦手な選手は、男子シングルでも意外と多いので、苦戦することもあります。

同じジャンプは2回まで飛べますが、1回は必ずコンビネーションジャンプにしなくてはなりません。
もちろん、同じジャンプを2回ともコンビネーションジャンプにすることもできます。

難しいジャンプのコンビネーションにして、得点を稼ぐ選手もいます。

もしも、同じジャンプを単独で2回飛んだ場合は、2回目がリピートとなってしまい、基礎点が70%になってしまいます。

コンビネーションジャンプを飛ぶ場合、アクセルジャンプを後半に入れるために、ジャンプシークエンスにすることもあります。

これも、コンビネーションジャンプと同じ扱いとなるので、他のコンビネーションジャンプと合わせて3回まで飛べます。

以上がジャンプについてのルールです。
現在のフィギュアスケートの採点方法では、ジャンプがとても大きな得点源となるため、このルールを必ず守ることが大きなポイントとなります。

難しいジャンプを飛んでも、転倒すると1点減点とGOEで大きく減点されるため、ハイリスクです。

成功すれば、GOEがたくさんつくのでハイリスクハイリターンなのです。
もちろん、フィリップとルッツを飛び分けなくてはならないので、正しいエッジで飛ばないと、エッジエラーで減点されることもあります。

スピンやステップにもルールはある

ジャンプだけではなく、フィギュアスケートの男子シングルでも、女子と同様にスピンとステップを行います。

スピンは、3回まで入れることができ、コンビネーションスピンは最低でも10回転はしないといけません。

他のスピンは6回転以上が必要です。
一つ一つのポジションで回る時も、3回転以上はする必要があります。

レベルを上げるために必要なことなので、1つのポジションで何回転したかを見ると面白いかもしれません。

ステップシークエンスは、自由にステップができますが、あまりにも短すぎると、ステップシークエンスと認められなくなってしまいます。
また、コレオグラフィックシークエンスでは、2回転ジャンプまで入れることができます。

ステップやターン、スパイラル、アラベスクなど様々な動きを取り入れる必要があります。レベルは一定で、GOEが付きます。

ジャンプ以外ではあまりないのですが、ステップなどで転倒してしまう選手もいます。

もちろん、減点対象です。
スピンやステップで規定に違反したことで、0点となってしまったことがある選手もいるほどです。

ジャンプのウェイトが大きいことは確かですが、他の要素も気が抜けません。
スピンのポジショニングが綺麗で、スピードがある選手は得点が伸びますし、ステップもエッジワークが上手で、スピードが落ちない選手はやはり得点が伸びます。

技に対する得点だけではなく、演技構成点にも影響が出ます。
フィギュアスケートの男子シングルは、4回転ジャンプだけではありません。

それぞれの要素を頭に入れ、ルールを覚えておくとより、細かいところまで興味を持って見られるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-,

関連記事

山の食事|単独行(一人)なら

最近では単独行(一人)で登山に出かけるという方も増えていて、人気のものとなっています。 単独行(一人)の登山での食事を題材にした漫画なども販売されているので、単独行(一人)での登山を検討しているという …

男子スケーターはイケメンばかり!イケメンスケーターTOP10

かつては女子にばかり話題をさらわれていた男子フィギュアスケートですが、今やその人気は互角、いやそれ以上といっても過言ではないほどの盛り上がりを見せています。 男子フィギュアスケートに若く才能ある日本人 …

プロ野球・不滅の記録は?|シーズン最高防御率

近年、プロ野球のシーズン最高防御率でも、1点台が目立つようになり、特にパリーグはハイレベルの争いが繰り広げられています。 しかし、プロ野球のシーズン最高防御率が0点台、かつ規定投球回数以上となると、か …

水泳の基礎知識:水泳用品 ~ 競泳水着 ~

水泳を始めるにあたり、競泳水着は必ず購入しなければなりません。その際に、競泳水着の種類が、1つだけではないことに気づきます。 タイプ別に存在し、どれを購入すればいいのか、それぞれの特徴を知りながら、自 …

king of swimmer レジェンドを打ち立てた選手 : マーク・スピッツ

偉大な水泳選手というと、誰を思い浮かべるでしょう。 数々の世界新記録を打ち立てた、イアン・ソープ選手やマイケルフェルプス選手などは記憶に新しいところですが、歴史に名を残したスイマーは、必ずと言っていい …

楽天モーションウィジェット