フィギュアスケートのジャンプの種類は6種類|サルコウ

冬季のスポーツとして思い浮かぶ競技に、フィギュアスケートがあります。

とても華麗で美しく、難しいジャンプをいくつもこなすその演技には、多くの方が魅了されてきた事でしょう。

そこで、フィギュアスケートの6種類のジャンプについて改めて見ていきましょう。

スポンサーリンク

フィギュアスケートのジャンプ | サルコウ

フィギュアスケートのジャンプの種類と難易度

最も優しいといわれるのがトゥループで、右足のアウトエッジに乗りながら後ろ向きに滑り、左足のトゥをついて跳ぶやり方です。

このタイプは、ナチュラルジャンプとしてコンビネーションの後半につけて行う事が多いといえるでしょう。

難易度が低い為、難しい4回転のジャンプに、このタイプを飛ぶ選手が多いです。

次に跳びやすいのがサルコウで、左足のインエッジに乗りながら後ろ向きに滑り、トウをつかずに右足を前に振り上げるようにして跳ぶやり方です。

跳ぶ瞬間に内またがハの字になる事が特徴的で、スキーのボーゲンの格好で判断がつくといわれています。

少し難易度の上がったものがループで、右足のアウトエッジに乗りながら後ろ向きに滑り、トゥをつかずに右足で踏み切って跳ぶやり方で、瞬間的に椅子に腰かけるような感じに体制が低くなります。  

コンビネーションの後半につけられる事もあるジャンプです。

そして難易度がぐっと上がったものにフリップがあり、後ろ向きで左足のインエッジで滑り、右足のトゥをついて跳ぶやり方です。

跳ぶ直前に、ふっと後ろを向くような振りが特徴的です。

更に難易度の上がったものがルッツで、左足のアウトエッジで後ろ向きに滑りながら、右足のトゥをついて跳ぶやり方です。

助走が長く、跳ぶ直前に左肩を内側に入れるようなイメージで跳ぶジャンプです。

そして最も難しいといわれるのがアクセルで、6つの種類の中で唯一後ろ向きに滑りながら、右足のトゥをついて跳ぶやり方です。

踏切は前でも、降りる時は後ろ向きになっているのが大きな特徴です。

6種類のジャンプとその得点について

難易度とその種類ごとの跳び方が分かったところで、これら6種類のジャンプは、それぞれどのような得点を得る事が出来るのでしょうか。

現在はどんどん難易度が高くなる傾向にあり、男子は4回転を数種類入れるのが一般的、女子も3回転のコンビネーションは当たり前、更に後半の基礎点が上がる所で、難しいコンビネーションを入れる等、どの選手も得点を伸ばす演技構成となっています。

では改めて、ジャンプごとの基礎点を見ていきましょう。

わかりやすくする為に、3回転でそれぞれのタイプを飛んだ場合で比較すると、トゥループで4.1、サルコウで4.2、ループで5.1、フリップで5.3、ルッツで6.0、アクセルで8.5となっています。

これらを4回転として跳ぶ場合には、2倍からそれ以上の得点となっています。

この基礎点からもわかるように、単純に単発ジャンプとして跳んだ場合にも、難易度を上げるだけで、大きく差がつく事がお分かりいただけた事でしょう。

しかしだからと言って難しい物だけを多くとり入れればいいわけではなく、1つの種類を跳んでいい回数は決められている為、同じものを飛ぶ場合には、コンビネーションにするなど、注意が必要です。

ですから、演技中に失敗があったからと言って、急に難しいタイプを2回跳んでしまったりすると、カウントされないばかりか、大きなミスとして得点を失う事になってしまいます。

本番中も、こういった事を考えながら跳ばなければいけない為、日頃から沢山の練習が必要といえるでしょう。

今の時代は、あまり失敗をする方が多くない為、難しい構成で尚且つ、高い成功率が勝利のカギとなっているのです。

華麗な演技の裏では、非常にハードな部分の多いのがフィギュアスケートなのです。

ジャンプの難易度を上げて上を目指す

フィギュアスケートにおける、6つのジャンプについて理解したところで、最近男子の構成の中に多く取り入れられるようになった、4回転ジャンプについて注目してみましょう。

今や男子フィギュアスケート界においては、単独4回転は誰でも入れてくる技となり、更にその上を目指す上では複数の4回転、もしくは4回転からのコンビネーション、難しいフリップやルッツの4回転を取り入れる等、し烈な競争が繰り広げられています。

更に女性においては、3回転‐3回転のコンビネーションは必須であり、中には最高難度と呼ばれるトリプルアクセルに果敢に挑む選手もいます。

ただやはり女性の場合には、年齢を重ねるごとにスタミナ面のリスクが大きく、難易度の高いジャンプを取り入れれば、それだけミスをしてしまう確率も高くなるのです。

その中で、日本の選手が公式大会で初めて4回転サルコウを成功させたという事実は、既に多くの人がご承知の事と思いますが、女子に至ってはこれが1度であり、その後に4回転を取り入れてくる選手は今のところいません。

しかし、これだけ技術力がアップしている時代においては、女子選手の中にも当たり前のように、4回転やトリプルアクセルを取り入れてくる選手が出てくる日も、そう遠くはないのかもしれません。

一見華やかで優雅で美しさを競い合うスポーツに見えるフィギュアスケートですが、これだけの難しいジャンプの数々を、氷上で決めるわけですから、裏方では計り知れない筋力トレーニングが必要であり、体力面の強化は必要不可欠です。

またケガを負うリスクも非常に高く、本当に命がけのスポーツと言っても過言ではないでしょう。

この次フィギュアスケートの大会を目にする時には、是非このような選手一人一人の努力を思いながら見ていただきたい、そんな思いにかられるのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-,

関連記事

スライスを直す練習法

ゴルフ初心者にとって、大きな課題の1つとなるのがスライスです。 右打ちの人の場合、ボールが大きく右に曲がってしまい、OBとなりやすい球筋です。スライスがひどいと、良いスコアでラウンドすることは難しいで …

フィギュアスケートのルール:男子シングルのショートプログラム

フィギュアスケート、男子シングルのショートプログラムには様々な規定があります。 フリーとは違い、規定にそった技の要素を必ず入れなければなりません。

大相撲の基礎知識:番付

どのプロスポーツにも、いわゆる順位というものが存在します。 野球やサッカーのようなチームスポーツであれば、チーム単位の順位があるわけです。 一方で、テニスやゴルフのような個人スポーツの場合は、選手ごと …

フィットネスボクシングに年齢制限はある?一日の練習量は?

痩せるため、筋肉をつけるため、護身のためなど、いろいろな理由からフィットネスクラブに通う人は多いものですよね。 中でもフィットネスボクシングをやると、筋力トレーニングやボクシングのスキルアップにも役立 …

プロ野球・不滅の記録は?|最速記録

プロ野球には、様々な記録が残っていますが、近年技術の発展とともに、注目されている記録として、投手が投げるボールの最速記録があります。 速い球を投げることができる投手は、プロ野球の歴史上、どの時代でも重 …

楽天モーションウィジェット