フィギュアスケートのジャンプの種類は6種類|トゥループ

フィギュアスケートでは、6種類のジャンプがあります。
アクセル、ルッツ、フリップ、ループ、サルコウ、そしてトゥループです。

難しい順に書いてあり、トゥループは、1番簡単なジャンプだということがわかるでしょう。

スポンサーリンク

フィギュアスケートのジャンプ | トゥループ

最も簡単なフィギュアスケートのジャンプ

名前にトゥと付いており、勘のいい人なら気が付いたかもしれません。
トゥ、つまりつま先をついて飛びます。

つま先をついて飛ぶのは、他にもルッツとフリップもあります。
3つも同じような踏み切り方をすると、見分けが付きにくいと思われるかもしれません。
しかし、最も簡単なので、意外と見分けが付きやすいはずです。

ルッツとフリップは、難しい部類に入っているのは、左足のエッジを氷につけて、右足のつま先で踏み切ります。

しかし、トゥループは右足を氷につけた状態で、左足のつま先で蹴り上げて飛び上がるのです。

足が全く逆というわけですから、ルッツとフリップと見分けが付くはずです。
見慣れていないうちは、どっちの足が氷について、どっちの足で飛び上がるのかが、一瞬なのでわかりにくいかもしれません。

落ち着いてよく見てみると、見分けが付くはずです。
たくさんフィギュアスケートの試合を見れば、わかるようになるでしょう。

もちろん、逆回転する選手の場合は、全く逆になります。
右足を氷につけた状態で、左足で飛び上がると言うわけです。

だから、逆回転の選手が登場すると、余計にルッツとフリップの見分けが大変でしょう。
しかも、逆回転の選手自体がそれほど多くはないので、あまり見慣れないはずです。

何度も、繰り返し跳んでいるところを見て慣れるしかないでしょう。
最も簡単なので、きちんと飛べる選手ばかりです。

より細かくルッツとフリップとの違いを知る

3回転の場合は、簡単ですし、基礎点も4、1点しかありませんので、あまり単独で飛ぶことはないのですが、男子は4回転を飛びます。

しかも、単独で飛ぶことも珍しくありません。
また、4回転の場合は、ステップなどをしないで助走しますので、助走から見て、見分けがつけられるようになりましょう。

まずは、左足でフォアアウトエッジで滑走していきます。
それから、飛ぶ時に後ろ向きにならなくてはいけないので、後ろ向きになります。

そして、左足をバックインエッジで滑っていきます。
それから、滑っている足を、左足から右足に変えて、左足を後ろに下げてから、つま先で蹴り上げて回転します。

もう一つ飛び方があります。
たいていの選手は、上記の方法で4回転トウループを跳んでいると言っても良いかもしれません。

では、もう一つの飛び方です。
右足で滑って、後ろ向きになります。
右足のまま滑って、左足のつま先で飛び上がります。特に、こちらの方法はフリップと似ています。

フリップの場合は、どちらの滑り方でも助走が途中まで同じです。
途中で左足で滑って、右足で飛び上がればフリップになります。

見慣れないうちは、足の入れ替えを行なっているかどうかを見逃しがちです。
ルッツもフリップと似ていますから、これら3つのジャンプを見分けることは難しいかもしれません。

今では、ルッツとフリップの4回転を飛ぶ選手もいるために、4回転で見分けにくいかもしれません。

よく見ているとわかるはずです。
フィギュアスケートの試合では、スロー再生がありますから、それを見てどのジャンプかを何度も見ていると見分けられるようになるでしょう。

セカンドジャンプでよく使われている

実は、1番簡単なジャンプと言うこともあって、あまり3回転の場合は、単独で飛ぶ選手はいません。

ただし、コンビネーションジャンプの、セカンドジャンプで飛ぶ選手はたくさんいます。
女子でも、3ー3回転を飛ぶ時は、セカンドジャンプに入れています。

男子は4ー3回転のセカンドで飛んでいます。

なぜ、コンビネーションにする時に飛ぶのかは、単に簡単なだけではありません。

フィギュアスケートのジャンプは、必ず右足で着氷します。
逆回転なら左足です。右足を氷についた状態から、左足のつま先を蹴り上げて回転するので、セカンドに入れてやすいと言うわけです。

コンビネーションにする場合、もう一つループをセカンドにする選手もいますが、回転不足を取られやすいので、トウループをほとんどの選手が飛んでいます。

3回転が難しい場合は、2回転をセカンドにつけることも珍しくはありません。
ちなみに、2回転の基礎点は1、4点、3回転なら4、1点です。

4回転は10、3点です。
回転数によって大幅に変わってしまいます。

ただ、コンビネーションにしないと、同じジャンプは2回飛ぶと基礎点が70パーセントになるため、よくセカンドで付けられます。
だから、2回転もよくセカンドで見かけます。

1番簡単とは言え、ほとんどの選手が3回転か2回転を入れています。

男子は、4回転トウループが飛べないと、上位に食い込むことが難しいほどです。
2回飛んで、一つをコンビネーションにしている選手がとても多くなりました。

だから、簡単とは言え、基礎点が少なくても、ほとんどの選手が演技の中に取り入れているのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-,

関連記事

地元愛が熱くする!?ヴィッセル神戸を応援してます!

ヴィッセル神戸は、兵庫県神戸市を本拠地とするプロサッカークラブです。前身の川崎製鉄水島サッカー部は、1966年に創部されました。 1995年に現在のチーム名となり、J1リーグに加盟したのは1997年で …

大相撲の基礎知識:番付

どのプロスポーツにも、いわゆる順位というものが存在します。 野球やサッカーのようなチームスポーツであれば、チーム単位の順位があるわけです。 一方で、テニスやゴルフのような個人スポーツの場合は、選手ごと …

初心者のための乗馬入門:馬は情緒豊かな動物です

乗馬をはじめてみようと考えている人は、どれだけ馬が情緒豊かな動物なのかということを知っておくと、より親しみを持って乗馬を楽しむことができます。

フィギュアスケートの国際大会を知りたい!国別対抗戦

フィギュアスケートの国別対抗戦は、国際スケート連盟主催の国際大会の一つで、世界選手権の団体戦としての、国際大会という意味合いがあります。 オリンピックでの団体戦は、2014年のソチオリンピックが最初で …

野球の基礎知識:日本における野球の歴史

日本における野球の歴史は、1871年まで遡ります。 教師として来日したホーレス・ウィルソンというアメリカ人が、現在の東京大学で教鞭をとっていた際、生徒に対し、野球を教えたことが始まりです。

楽天モーションウィジェット