フィギュアスケートの国際大会を知りたい!世界選手権

フィギュアスケートにおいて、世界選手権は、オリンピックと同等の権威がある国際大会です。

オリンピックは、4年に1度行われますが、世界選手権大会は毎年おこなわれます。
フィギュアスケートでの、世界ランキングを決めるうえでも、同大会の成績は大きく影響します。

スポンサーリンク

もっと知りたい!フィギュアスケート

オリンピックと同等の権威ある大会

世界ランキングに最も影響する大会が、オリンピックと世界選手権です。

オリンピックの出場枠も、この大会の成績によって決まります。
世界選手権に出場できるのは、各国の代表選手です。

各国が、独自の基準で代表を選出します。
各国から、何人の選手が出場できるかは、前年の同大会の成績によって決まります。

強い選手がいる国は、最大3人まで同大会に選手を出場させることができます。
国ごとの割り当てであり、選手個人の出場資格ではないため、前年に同大会で好成績を上げ、自国の出場枠獲得に貢献した選手が、次の世界選手権には出場できないということも起こり得ます。

前年の結果で出場枠がすべて決まるなら、永遠に出場できない国も出てくるわけですが、前年の結果がどうであれ、毎年ひとつの国に最低1人は出場枠があるため、常にチャンスはあります。

その国のトップになりさえすれば、出場はできるということになります。
2017年は、フィンランドのヘルシンキでこの国際大会が開かれます。

3人出場できる国は、男子シングルでは日本だけで、女子シングルでは、日本とロシア、アメリカとなります。

ペアでは、カナダとロシアで、アイスダンスではフランスとカナダ、アメリカとなります。
この大会の結果で、2018年の同大会と、オリンピックの出場枠も決まります。

オリンピックの出場枠を決める国際大会

世界選手権は、オリンピックの出場枠を決める国際大会でもあります。

オリンピックのある年は、オリンピックの後に世界選手権の大会がおこなわれるため、オリンピックの出場枠は、前年の同大会の結果で決まります。

出場選手がひとりである国の場合、その選手が2位以内になれば、翌年、その国は3人の代表選手を同大会に出場させることができます。

オリンピックのある年なら、オリンピックにも3人出場させられます。
10位以下であっても、その国から2人出場できることになります。

突出して強い選手がひとりいる場合、その国は相当有利になり、その国の他の選手にも大きなメリットがあります。

国際大会であまり好成績をおさめていなくても、突出した選手がいるおかげで、出場できるという場合もあります。

ただ、一般的にフィギュアスケートには、その国の取り組み方も大きく影響しますから、強い選手がいる国では、概してレベルが高いという傾向があります。

2人か3人を出場させている国では、上位2人の順位で判定されます。
同大会での順位が15位までなら、順位がそのままポイントとなり、2人の合計ポイントが13以下であれば、翌年その国から3人を出場させることができます。

28ポイント以下なら2人です。
フィギュアスケートには、演技時間の短いショートプログラムと、演技時間が長いフリープログラムの2種類があります。

各選手は両方の演技をおこない、その合計点で順位が決まります。

世界選手権で予選を通過できなかった場合は、20ポイントとなり、フリーに出られなかった場合は、18ポイントとなります。
16位以下なら16ポイントになります。

オリンピックに出るために必須の大会

フィギュアスケートでオリンピックに出るためには、世界選手権は必須とも言える大会となります。

自国にライバルがまったくいなければ、同大会に出なくても、オリンピックに出るチャンスがある、ということにはなりません。

前年の同大会での成績が良くない国には、オリンピックの出場枠が与えられないからです。

世界選手権で、3人枠や2人枠を獲得するような成績は無理でも、それなりの成績は収めておく必要があります。

世界選手権には、各国にひとりの枠が確保されていますが、オリンピックはそうではありません。
また、選手個人への基準も厳しめです。

その国に多めの出場枠があるから、技術に関係なくオリンピックに出られる選手もいる、ということにはなりません。

オリンピックに出場するための最低技術点が決まっていて、オリンピックシーズンと前のシーズンで、国際スケート連盟主催の大会で、ショートプログラムとフリースケーティング双方で、最低技術点をクリアしていなければなりません。

そのために枠があっても、出場選手を確保できないとなったら、その分を返すことになり、他の国が繰り上げられて、その国から選手を出すことになります。

国際スケート連盟主催の大会とは、世界選手権やヨーロッパ選手権、四大陸選手権、国別対抗戦、グランプリシリーズとなります。

オリンピックに出場するためには、世界選手権も含めたそうした大会に出て、好成績を取っておく必要があります。

最低技術点をクリアしていれば、少々不調が続いていても、国に多めの枠があるメリットを生かせるということになります。
もちろん、世界選手権で上位に入ること自体にも、大きな価値があります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-,

関連記事

プロ野球・不滅の記録は?|シーズン最多奪三振

江夏豊は、日本プロ野球史上、伝説的な投手ですが、その残した功績の中で特に大きなものが、シーズン最多奪三振記録です。 年間で401個の奪三振を記録して、これは日本プロ野球だけでなくメジャーリーグをあわせ …

浅田真央選手が今でもオリンピックで金メダルを狙える根拠とは

続々とジュニアから上がった選手が出てきており、フィギュアスケート女子はとても戦いが熾烈になっています。 そんな中でも、すでにベテランとなった浅田真央選手がオリンピックで金メダルを狙うことはまだまだ可能 …

心と体を鍛えて護身術にもなる?キックボクシングで学ぶ格闘技の世界

格闘技は、日本のみならず世界中の国で行われている世界になります。 パンチ、キック、投げ、絞め技などを打ち込み、相手の戦意を消失させる事で勝ち負けが決まります。 格闘技の種類は、多くあり発祥の国から、流 …

地元愛が熱くする!?浦和レッズを応援してます!

浦和レッズのニックネームで親しまれている、浦和レッドダイヤモンズは、日本で空前のサッカーブームが沸き起こる1992年のJリーグ開幕から参戦を続けている名門クラブで、鮮やかな赤いユニフォームで戦う選手た …

フィギュアスケートのジャンプの種類は6種類|ループ

フィギュアスケート競技におけるジャンプには、6種類があります。 難易度の高い順から、アクセルジャンプ、ルッツ、フリップ、ループ、サルコウ、トゥループとなっています。 それぞれの種類に対し、回転数に応じ …

楽天モーションウィジェット