ファイナンシャルプランナーはどんな仕事?資格の難易度と合格率は?


これから何かの資格を取得したいのであれば、役に立つ資格がいいですね。

就職にも役立つだけではなく、自分の生活にも役立つ資格を選んで学んでいくといいでしょう。

自分の生活にも役立つ資格といえば、ファイナンシャルプランナー(FP)があります。

スポンサーリンク

ファイナンシャルプランナーとは?

ファイナンシャルプランナーは、簡単に言えば、ライフプランの設計をする職業といえるので、仕事でお客様の相談にのるだけではなく、自分のライフプランの設計もしていくことが出来ます。

仕事で誰かの役に立てるだけではなく、自分のライフプランをプロの目から見て計画を立てることが出来るので、自信を持って人生設計をしていけるようになるでしょう。

今まで何の知識もない状態の手探りで歩んできた人生を設計しなおすことによって、より良い人生を歩んでいくことが出来ます。

就職の為だけではなく、自分のためにもファイナンシャルプランナーの資格を目指してみてはいかがでしょうか。

ファイナンシャルプランナーの資格で出来る仕事

ファイナンシャルプランナーの資格を取得することによって、どんな仕事に就くことが出来るのでしょうか?

就職先としては、銀行や保険会社が有利になります。

企業に関していえば、総務や経理職などがありますので、比較的幅広い範囲で活躍することが出来るでしょう。

勤務形態に関しては、正社員だけではなく、派遣やパートなどでも働くことが出来ますので、自分に合った働き方を選ぶことが出来るでしょう。

基本的な仕事時間としては、企業の休みに準ずるようになりますので、土日が休みのところが多いでしょう。

しかし基本的な勤務は平日だったとしても、お客様の都合に合わせた時間に働くこともあります。

土日や夜間にしか時間がつかないお客様であれば、その時間に合わせなくてはなりませんので、通常の勤務時間外に働くこともあります。

独立をして個人でお客様を獲得して働く場合には、時間外に働くことも多いと考えておいた方がいいでしょう。

ファイナンシャルプランナーの試験難易度と合格率

その点を理解してファイナンシャルプランナーの資格を取得しようと思うのであれば、試験の難易度はどのくらいになるでしょうか。

ファイナンシャルプランナーの資格試験の難易度としては、受ける級によっても合格率が変わってきます。

ファイナンシャルプランナーは3級から1級までありますが、実務経験がない人は2級までは受けることが可能ですので、まずは3級から挑戦してみて、その流れで2級を受験するといいでしょう。

2級を取得して就職活動を行えば、資格を生かした仕事をすることが出来ます。

1級を取得しようと思うと、1年以上の実務経験が必要になりますので、就職後に仕事をしながら試験を受ける準備をしていくといいでしょう。

まずは3級から挑戦していくのであれば、合格率は70%前後ですので、難易度はさほど高くありません。

独学で勉強をしても合格できる人も多いですので、勉強をしてみるといいでしょう。

2級の合格率としては、30%前後となりますので、軽く勉強をするだけでは合格は難しくなります。

頑張って勉強をしなければ、難易度は高くなっていますので、合格は難しいでしょう。

試験に合格するために

合格をするために通信教育などで学ぶこともできますので、独学で学ぶのに自信が持てない人は、通信教育などで学んでみるのもよさそうです。

2級と3級の試験実施は5月、9月、1月とありますので、どこで試験を受けるのか目標を定めることです。

いつ受けるのかを決めておかなければ目標を定めることが出来ません。

この月で試験を受けると決めなければ、まだ時間があるから大丈夫と油断をしてしまうことになるでしょう。

はっきりと、いつ試験を受けるかを決めておくことによって、そこに照準を合わせて勉強をしていくことが出来ます。

早く試験を受けたかったとしても、難易度が高くなってくると簡単には学び終えることが出来ませんので、最低でも3か月程度は勉強期間を設けるようにしなくてはなりません。

普段仕事が忙しい人は、働きながら資格取得を目指さなくてはなりませんので、あまり勉強時間を確保することが出来ません。

平日に1時間程度しか勉強が出来ないのであれば、週末には3時間ずつくらいは学ぶようにしたほうがいいでしょう。

資格を取得するためには、どのくらい頑張れるかです。

今までそういった関係の仕事を一切したことがなかった人の場合、初めての事ばかりで戸惑うこともあるかもしれません。

しかし生活の中で学んできたことも役立ってきますので、それほど構える必要はないでしょう。

知識を得ていく事によって、徐々に自信を持てるようになりますので、最初は難しかったとしても、徐々にわかってくるようになりますので、焦らず勉強できる環境を作らなくてはなりません。

ファイナンシャルプランナーの資格を取得して実務で役立てようと思えば、2級程度は取得しておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 国家資格

関連記事

雇用形態いろいろ。アルバイト・パートとして働くメリット・デメリット

雇用形態の中でも、求人の数が多いアルバイト・パートは、働いてお金を稼ぐ時に、有効な選択肢となります。 そのメリット・デメリットをよく理解して、自分に最適な雇用形態を選ぶための、参考にしましょう。 多様 …

おもてなしの心が身につく!ホテル・ブライダルの資格「ウェディングプランナー」

ブライダル業界の中でもひときわ華やかなのが、ウェディングプランナーです。結婚式を控えているカップルの結婚式の相談を受けて、企画して作り上げていくのが仕事です。

将来的に独立ができる国家資格「行政書士」

国家資格にもいろいろありますが、手っ取り早く独立したい、自分の力で仕事を成り立たせたい、と思う人には、行政書士が狙い目です。

好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「繊維製品品質管理士」

繊維製品品質管理士(通称TES)は、一般社団法人日本衣料管理協会の認定資格です。昭和56年に登場した資格で、消費者に供給される繊維製品の品質や性能の向上を図ったり、繊維製品の品質に消費者からクレームが …

雇用形態いろいろ。正社員として働くメリット・デメリット

様々な雇用形態がありますが、その中でも最も良しとされているのは、正社員です。 なぜそのように思われているのか、それはただの世間体だけではなく、待遇面においても様々なメリットがあるからです。 長期的に働 …

楽天モーションウィジェット