初めての山選びには、経験者を探す

登山は、古くから日本人に愛されてきた趣味です。

昔ならば、修験道の行者が行き来する険しい場所であっても、比較的安全に登れるようになってきました。これは、長い知識の積み重ねと、登山グッズの技術向上の賜物でもあります。

愛好家の数は、800万人を超えるとされ、国内市場も1800億円規模と、単なるブームに留まりません。新たに始めようとする人も少なくありませんから、これからも盛り上がりが続くことが間違いないのです。

スポンサーリンク

初めての登山!経験者に習う

美しい山々には危険がいっぱいです

しかし、登山において懸念されるのは遭難です。

山の事故が報道される機会は非常に多く、とくに初心者は用心を怠るべきではありません。しかし、なにをどう注意すればいいのか分からないといったことも多いことでしょう。

山選びしようとガイドブックを開いても、初心者向けとベテランコースが同じ山に混在したりしています。また、山の天気は変わりやすいという言葉にもあるとおり、実際の状況は、刻一刻と変化します。

それに臨機応変に対応しろというのは、登山初心者にとっては、あまりにも厳しいものです。

そのため、登山を始めるのならば、山選びの段階から、経験者の協力を仰ぐべきです。実際に行ったことのある人の意見ほど、参考になることはありません。

また、経験者であっても、最初は誰しも初心者ですから、それを踏まえた助言を行ってくれます。

そして可能な限り、登山には経験者にも同行してもらうべきです。そうすれば実地で知識を得ながら、安全に経験を積むことが可能です。

登山には孤独なイメージがつきまといますが、実際には、多くの人の力が必要な事柄でもあるのです。

経験に基づいたアドバイスがリスクを減らす

登山の初心者が陥りやすいこととは、なんでしょうか。

それは、山選びを間違えなければよしとする、安易な態度です。もちろん、身の丈に合ったコースを選択することは大切です。同時に、万端の準備をしておき、登山時のリスクを減らせるかが成否を分けます。

そうした細々とした事柄というのは、ガイドブックで調べるには限界もあります。経験者のアドバイスを得ながら、山選びから装備の用意まで、万全にしておくことが大切なのです。

たとえば、初心者は見落としがちなのですが、登山時には届け出が必要です。これは麓の施設や、駅などの公共機関で出すことができます。

これを出しておかないと、もし遭難した際に、見つけてもらえないことがあります。行方不明は避けられても、山狩りが実施されてしまえば、巨額の請求が来ることも考えられます。

だからこそ、適切に人数やルートを申請して、不測の事態に備えて置かなければなりません。経験者ほど、こういうことは疎かにしないものです。取得するべきなのは、豊富な知識だけではなく、山への真摯な態度も含まれます。

いくら用意をするといっても、重い装備を抱えて登山するのは、かなりの困難を伴います。手慣れた登山者ほど、荷物は軽く、無駄のないものです。

それを一番痛感しているのが経験者ですから、山選びの段階で、重量のことも聞いておきましょう。

たとえ日帰りであっても、食料も大切です。激しい疲労を伴うだけに、急性の栄養失調になることがあります。お手軽な登山用おやつなども知っておけば、より安全に登山を楽しむことができるのです。

熟練者だから知っている山を登る楽しみ

経験者が登山において頼りになるのは、なにより、その楽しみを熟知しているからです。

辛いばかりでは、長続きするものではありません。山そのものの魅力を知り抜いているからこそ、熟練者の域になるまで継続できているのです。

山選びの際や、実際に坂道を登っている際に、そのようなことを聞くのも、たいへん有益です。

熟練者といっても、タイプは様々です。山を制覇することに喜びを覚える人は、ストイックに自然へ挑み続けます。その真剣な姿勢というものは、スキルアップするには、極めて重要な示唆に富んでいます。

景観を楽しむから登るという人もいます。こういう人に話を聞けば、隠れた名所などを教えてくれますから、山の楽しみがさらに増えます。

自然や動物の写真を撮るのが好き、という場合もあるのでしょう。撮影した一枚一枚は、旅の記念だけではなく、素材として活用することもできます。

慣れたらカメラを持って山に入るというのも、楽しみ方の1つなのです。また、無事登山を終えたあとに、地元の温泉に浸かるのが楽しみという人もいます。休日を満喫するという点では、一番参考になる話が聞けます。

人間には、知りたいという気持ちの他に、教えたいという感情もあります。

経験者に話を聞くというのは、考えている以上に喜ばれるものなのです。礼儀正しくアドバイスを受ければ、人間関係も深まります。

その中で、自分にあったスタイルを見つけることが、登山歴を伸ばすコツといえます。

たとえ歳を重ねても、山を登り続けることはできます。

生涯の趣味にもできる登山を、経験者と一緒に始めていきましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

地元愛が熱くする!?横浜F・マリノスを応援してます!

横浜F・マリノスは横浜市を地元とする、フットボールチームです。 前身は日産自動車サッカー部で、1972年に創部されました。1979年に、日本サッカーリーグの1部に昇格しました。

山の食事|長期での登山の場合

中高年を中心として、人気を集めているものの1つに登山があります。 登山には、里山などを対象とした初心者でも簡単に始められるものから、山岳地帯の縦走など本格的なものまであり、それぞれに準備する内容も異な …

プロ野球選手に憧れる!2つのリーグ制について

プロ野球の歴史は、1936年からとなっており、日本職業野球リーグ戦という形で行われました。 最初の甲子園大会は、今の巨人にあたるチームがアメリカ遠征をしていたことから参加できず、東京セネタースが1位と …

水泳前の食事はOK?

「運動の前に食事をしないほうがいい」という話をよく聞きます。 確かにたくさん食べた後に運動をすると、気持ち悪くなってしまうことがあります。

リラックスできるヨガのポーズ7選

未だにジムやヨガ教室で根強い人気があるヨガ。そんなヨガでリラックス効果があるのをご存知ですか?今回はリラックスしたいときに使えるヨガのポーズを紹介したいと思います。

楽天モーションウィジェット