生涯ずっと楽しめる!フィッシング

釣りをしている人
最近は家族で釣りを楽しむ人が増えていますが、家族で釣りをする事をファミリーフィッシングと言いますよね。

フィッシングは釣りの事、家族釣りと言うとおかしいのですが、ファミリーフィッシングと言えばお洒落な感じがすると思う人は多いのではないでしょうか。

従来、釣りと言うのはおじさんなどがアイスボックスや釣り竿、釣り道具を持って、朝早くに釣りに出掛けると言うケースが多くありましたが、ルアーフィッシングやフライフィッシングなどが流行した事で、若い男性や女性なども釣りを楽しむ人が急増しているのです。

スポンサーリンク

フィッシングの魅力

釣りは奥が深く、生涯楽しむ事が出来るマリンスポーツでもあります。

奥が深いと言う理由の一つに釣りには自然の中で楽しむものであり、自然を把握する、魚の生態を知る事が釣果にも影響を与えてくれるからなのです。

例えば、防波堤などで釣りをしている時、自分はまったく釣れないのに、2メートルほど離れた場所では魚が釣れていると言う経験をした事がある人は多いのではないでしょうか。

魚は一定の水深を泳ぎまわるため、魚が泳ぎまわる場所に釣り餌がなければ釣れない事も多いのです。

また、魚は色々な種類があると同時に、それぞれ異なる水深に生息しているため、どのくらいの水深に釣り餌を持って行けば良いのかを知っておく必要があります。

尚、魚が生息する水深などの事を「棚」と言いますが、釣りの中でも棚を知ると言う事は釣果にも影響を与えるため、乗り合い船などの場合は船頭さんが棚を教えてくれるのが特徴です。

乗り合い船と言うのは、釣りをする対象魚がある程度決まっていて、色々な人が一つの船に乗り込んで釣りを楽しむための船です。

船頭さんは釣り客に対して魚が釣れるように魚群探知機を利用して、魚がいる場所に船を移動させながら釣りを楽しませてくれるため、初心者でも釣果を期待する事が出来ます。

魚は大きく分けて、海底、中層、上層と言った3カ所などに生息しているのが特徴で、水深20メートルの場所であれば、海底から2~3メートルの中層、海底から7~10メートルの上層、そして海底と言った場所を狙って釣りをする事になります。

それぞれの深さの場所には色々な魚がいるので、何を釣るのかにより棚も変わる事になります。

また、上層にいる魚は餌取り名人とも言える魚が多く生息しているため、海底にいる魚を狙う時や中層にいる魚を狙う時は、餌取り名人とも言える魚に餌を食べられないように、いち早く棚まで仕掛けを落とすなどのテクニックも必要です。

フィッシングは仕掛けの作り方によっても釣果が変わると言う奥が深いものです。

仕掛けと言うのは市販のものを購入しても良いのですが、過去のフィッシング経験を活かし、自分のオリジナル仕掛けを作ると言う楽しみもあります。

仕掛けを作ると言うのは釣り場の環境や潮回りなどの状況を考慮するなど奥が深いものであり、単にサルカンにハリスを結び、スナップに錘を取り付けると言う事ではなく、状況に応じて自由に変える事が出来る仕掛けを作る事も大切です。

仕掛けづくりは、フィッシングを楽しむための準備でもあり、暇な時間を利用して作れるので、生涯の趣味の一つとしても最適です。

尚、フィッシングを楽しむ事が出来るフィールドは、海や川、湖など色々なフィールドがありますが、海などの場合は乗り合い船以外にも、仕立て船や手漕ぎボート、防波堤や磯、砂浜など色々な場所でフィッシングを楽しめるようになっています。

但し、フィールドが異なる事で釣れる魚の種類や大きさも変わるなど、フィッシングは奥が深いものだと言う事を教えてくれます。

例えば、投げ釣りの定番と言うのはシロギスやカレイなどになりますが、シロギスは春から夏にかけてシーズンを迎える魚であり、カレイはシロギスのシーズンが終わるとシーズンを迎えるなど、投げ釣りの場合は1年を通じてどちらかの魚を狙えると言う面白さもあります。

投げ釣りの場合、軽く投げて釣れる時もありますが、一般的には50メートルから100メートル先に仕掛けを投げ入れる事になるので、投げ釣り用の釣り竿は長いものが利用され、スピニングリールも大型のものを利用するのが特徴です。

シロギスやカレイは乗り合い船でも人気の魚でもあるのですが、船からシロギスやカレイを狙う場合は、船の真下がポイントになるので、釣り竿は2メートル前後の短いもの、リールもスピニングリール以外に、両軸リールを使うと言った具合に、投げ釣りとは全く異なる道具が必要になります。

防波堤などでの釣りの場合は、真下を狙うのであれば船釣り用の道具でも良いですし、防波堤から軽く投げて釣りをする時は投げ釣り用の道具でも良いのです。

但し、投げ釣り用の釣り竿や大型スピニングリールは重量があり、防波堤で軽く投げて釣りをしたい時などは短めの投げ竿と中型のスピニングリールがあれば便利ですよ。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-趣味
-,

関連記事

男性に人気の趣味:株で味わう男のロマン

バブル経済が破たんをし、一時は低迷を極めていた日本の株でしたが、近年は安定したところで定着しており、空前の株ブームになっています。 売買で儲けるやり方、株主優待をもらうやり方など様々ありますが、男性に …

暇つぶしに最適なウェブサイト:ザ恋愛インタビュアー

正に暇つぶしといっても良いほどくだらなく、それでいてしっかりと暇をつぶせてしまう内容のザ恋愛インタビュアーは、自身が抱えている恋愛に関する認識、悩みを自分に代わって傾向調査した結果を閲覧できるサービス …

トライしやすい今から始める趣味におすすめ:イラスト

イラストは手軽に始められるだけでなく、その気になればとことんまで極めることができるため、これから何か新しいことにトライしたいという方にとっておすすめな趣味です。

結構変わってるマニアックな趣味:フォントマニア

世の中には一般的に見れば変わってると思われがちなマニアックな趣味がいくつかあるのですが、その中でも特に男性に多いと言われているマニアックな趣味として知られているものが「フォントマニア」です。

自分のセンスや感性で!水絵画を習ってみよう

絵は描いてみると個性が出るものです。 思いついたときに道具をさっと出してきて描くことができ、生涯にわたって続けることのできる趣味です。

楽天モーションウィジェット