野菜高騰に負けない!食費を節約する5つのコツ


自炊を毎日していると、買い物に行かなくてはなりませんが、買い物に行って野菜の値段に驚くこともあります。

ついこの前まで安かった野菜が、何倍もの値段に跳ね上がっていることがあるでしょう。
あまりにも高い時には、野菜を購入するよりもお肉を購入した方が安いという場合もあるほどです。

それほどまでに野菜が高騰する理由は、悪天候による影響が考えられます。
高いとなかなか手が出ないものですが、高いからといって野菜を食べなければ栄養が悪くなりますし、便秘にもなってしまいます。

節約のために購入を控えたいところですが、野菜を食べないわけにはいきませんので、工夫して節約をしていくようにしましょう。

スポンサーリンク

食費を節約するポイント

1.安い野菜を選ぶ

まず、食費を節約するためには、高騰していない野菜を探して購入することです。

メニューを決めてから買い物に行くと、価格が高騰していてもその野菜を購入せざるをえませんが、メニューを決めていなければ安い野菜を購入して、そこからメニューを決めることが出来ますので、節約につながります。

高騰しているものは無理に購入せず、安く手に入るものを中心にメニューを考えていくといいでしょう。

2.冷凍野菜を買う

冷凍食品の中には、ブロッコリーや青菜などたくさんの種類がありますが、野菜が高騰しているときには冷凍食品の方が安いことがほとんどです。

しかも冷凍食品であれば、冷凍食品の特売日に購入するようにしておけば、かなり安い値段で手に入れることが出来るのです。

そして、すでにカットされた状態で販売をされていますので、野菜を切る手間も省くことが出来、いいことづくめです。

3.乾物を買う

冷凍食品以外にも注目をしておきたいものに、乾物があります。

切り干し大根やネギ、レンコンなど乾物も種類が豊富にありますので、上手に利用をしていくといいでしょう。

しかも乾物にはたくさんの栄養が含まれていますので、体にも良く健康を維持していくうえで重要な役割を担ってもらうことが出来るのです。

普段は使うことがないような野菜だとしても、普段使っている野菜の高騰を機に利用するようにしてみると、思った以上に利用しやすかったり、食べやすい物もたくさんありますので、チャレンジしてみるといいでしょう。

4.無駄な買い物を減らす

節約のためには、普段購入していたものの、無駄にしているものはなかったかを思い返してみることです。

本当は半玉でよかったものを、安いからと一玉購入した場合、得をした気分になることがありますが、購入後に使い切ることが出来ずに傷んでしまい、使うことなく処分していたということはないでしょうか。

廃棄をしてしまえば、いくら安く購入できたといっても、結局は損をしていることになります。

これは野菜高騰時にも言えることで、一玉購入した方が得だからと必要以上に購入していると、結局は廃棄するようになってしまいます。

しかし、必要以上に購入したとしても、安く購入できることに違いないのであれば、廃棄することがないように使い切ればいいのです。

5.冷凍保存を活用する

買った野菜を使い切るためには、冷凍保存をうまく活用してみるといいでしょう。

野菜室に入れたままの状態であれば早く使い切らなくてはなりませんが、冷凍して保存しておくようにすれば長期間保存することが出来ます。

長期間保存できるのであれば、廃棄をしなくても使い切ることが出来ますので、無駄にすることがないのです。

冷凍できるものとしては、ピーマン、大根、キャベツ、トマトなど、あらゆるものがあります。

その後に使用する用途を考えながらカットして冷凍しておけば、冷凍庫から取り出して凍ったまま調理をすることもできますので使いやすいでしょう。

野菜を冷凍するときには、下茹でをしてからした方がいいものや、生のまま冷凍できるものがありますので、種類によって冷凍の仕方を変えてみることです。

例えば大根の場合は、大根おろしにしてから冷凍することが出来ますので、必要な時にわざわざすりおろす必要もなく、冷凍庫の中からとりだして使用することが出来ます。
大根おろしを冷凍するのであれば、出来るだけ水分を抜いて冷凍するようにしておきましょう。
水分を抜いたら空気が入らないようにしっかりと空気を抜くようにし、密封させます。
そして冷凍をするときには、出来るだけ薄く伸ばすようにし、急速に冷凍すればおいしく冷凍できますし、使用する時にも一回分だけ取り出すこともできるでしょう。

冷凍しておけば1カ月程度は持つようになりますので、野菜が高騰したときには、今後どうやって乗り切ろうかと考えますが、あまり難しく考える必要はありません。

最後に

節約をしようと思えば、あまり無理をしなくても乗り切る方法はありますので、無理せずに続けていくことが出来るのです。
食費を節約するためにも出来ることはしていくようにし、体のことも考えながら必要量を取り入れていくといいでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード, 暮らし
-, ,

関連記事

ネット銀行活用術 : セブン銀行の特徴

セブン銀行は、セブンイレブンの手がけるネットバンキングで、全国にあるセブンイレブンのコンビニ店舗にあるATMを利用できる点がメリットとなっています。

栽培しやすいハーブの種類:ローズマリー

育てやすいハーブの1つにローズマリーがあります。 育て方や増やし方、使い方について紹介します。

500円玉貯金で100万円を貯めよう

貯金額の目標として、100万円を設定する人はたくさんいます。 しかし、達成できそうでなかなかできない金額でもあることから、どうすればいいか悩む人も多いです。 そこで活用できる方法として、500円玉貯金 …

栽培しやすいハーブの種類:オレガノ

育てやすいハーブの1つにオレガノがあります。 オレガノの品種や育て方について紹介します。

優良ブリーダーを見極めるポイントとは?

犬を飼いたい時にはペットショップが便利ではあるものの、ペットショップでは不安という意見は案外多いです。 というのも、中には悪質なところもありますので飼育がちゃんとされていなかったり、いかにも元気のない …

楽天モーションウィジェット