上品な印象!フォックスファーの特徴について

ファッション素材として、高い魅力を持つものにファーがあります。

中でも、フォックスは人気があり、高価なことでも知られています。

購入を検討する場合には、種類や保管方法、クリーニングの仕方などを理解しておく必要があり、適した取扱いをすることで、いつまでも綺麗な状態で使用することができます。

スポンサーリンク

ファーについて知っておきたいこと

ファーは、言葉の意味としては、哺乳動物の被毛のことをいいます。ファッション用語として用いられる場合には、毛皮のことを指し、広義では毛皮製品も含まれます。

一般的には、コートやショールなどの、毛皮製品に対して用いられることが多く、対象としてはキツネ、テン、イタチ、チンチラなどの毛皮獣があり、皮革製品も含めれば、水性系獣であるラッコ、カワウソ、ビーバー、アザラシなど、様々な種類があります。

毛皮への加工は、まず、剥いだ生皮から肉や脂肪を取り除き、中性洗剤や、ガソリンといった有機溶剤で脱脂を行います。

次に、なめしへと進み、ここでは、ミョウバンや食塩の混合溶液、塩基性クロム塩と食塩の混合溶液といった、なめし剤に漬込むことで、防腐処理が行われます。

因みに、毛皮のなめしは、ドレッシングと呼ばれています。仕上げでは、柔軟性を良くするために皮繊維に油脂が加えられ、加水、揉みと延ばし、乾燥の3つが繰り返されます。

最後の行程は、剪毛機によって、毛並みを整えることがあり、製品によっては染色が施されます。

毛皮は、古くは奈良時代に中国から伝わったとされており、温暖な気候のために、本来の機能である防寒具の役割としてではなく、むしろ、権力を象徴するものとして、存在していたと言われています。

一般的に使われ始めたのは明治以降であり、近年においては、ミンクの毛皮のコートなどが広く知られています。

毛皮は、虫食いやカビなど手入れや保管に手間がかかる反面、上手に扱うことで、世代を超えて愛用することができます。

同じ種類でも、1枚ごとに表情が異なるなど希少性が高く、最近では購入がしやすい製品も、数多く販売されています。

フォックスファーの種類について

フォックスファーには、流通が多いものとして、シルバー、ブルー、レッドの3種類があり、中でもブルーは最も産出量が多い種類です。

フォックスファーのメリットは、1つに、長毛(刺毛)と、やや長い綿毛による保温性の高さがあります。また、ボリューム感があること、耐久性に優れることもメリットとなります。

反面、湿気や紫外線、熱等に弱く、変色や硬化しやすいことがあり、虫喰いされやすいことや、香水による染みや、変色が起こりやすいなどの難点があります。

種類による特徴は、まず、シルバーは赤キツネが突然変異をした銀キツネを指し、現在、全て養殖されています。

毛丈は長毛に属し、刺し毛は長く銀色と黒色があり、上品な雰囲気を持つ種類です。銀と黒の割合で雰囲気は変わり、コントラストが鮮明であるほど、良質とされています。

因みに、染色をすると銀色だけが染まり、黒い部分はそのまま残ります。

ブルーは青狐を指し、ほとんどがスカンジナビア産となります。3種類の中では、最もシルキーな毛質を持ち、自然色がグレー系のために多くの色を、表現できるという特徴を持ちます。

コートに合わせて染色や、トリミングが行われることが多く、青が薄いものはシャドーフォックスと呼ばれています。

レッドは、赤キツネを指し、南米を除く全大陸に生息しているものの、生息地によって品質が大きく異なるという特徴があります。

鮮明で赤みを帯びたオレンジ色のものが良質とされており、中でもカムチャッカ産のものは赤色が強く、ファイヤーフォックスと呼ばれています。

知っておきたい手入れ方法について

ファーは、日頃の手入れが重要な作業となります。まず、洗濯をする場合には、毛皮専門のクリーニング店に依頼をする必要があります。

汚れが付いた状態では、虫害やカビの原因になり、依頼は、ノウハウのある専門店を選ぶことがポイントになります。

保管をする際には、ビニールを外してよく風を通す必要があり、10℃以下の低温や50%程度の湿度を保つことに、心掛ける必要があります。

また、防虫剤の使用や紫外線に当てないこと、必ずハンガーを使用して吊るすことも大切になります。

日常的な手入れでは、外出から帰ったら、最初に全体を軽くたたいて、ホコリを落とすようにします。

汚れが目立つようであれば、ぬるま湯で固く絞ったタオルで、毛の流れに沿って毛先を拭き、その後、風通しの良い場所で陰干しをした後に、ハンガーに掛け収納をします。

注意点としては、汚れを落とす際に、ベンジンやシャンプーなどは使用しないこと、乾かす場合にもドライヤーや暖房器具を使用しないことがあります。

ブラッシングも、毛の向きに沿って軽くする必要があり、あまり頻繁に行ってしまうと、毛が傷む原因になります。

ファーは、毛の部分が濡れたとしても、布で手早く拭き取れば問題はありません。

ただし、皮まで濡れてしまうと、乾いた後で硬化や縮んでしまうことがあり、この場合、元に戻すことができなくなります。

着用では、ストーブの熱やタバコ、香水などの化粧品、雨や雪などに注意をする必要があり、特に熱の場合では、毛がチリチリになってしまうこともあります。

最後に

フォックスファーは、大きな存在感を持つ素材です。

中でも、シルバーフォックスは、その上品さから高い人気があります。良い状態を保つためには、手入れが重要になり、購入の際には、方法等を十分に理解をしておくことが大切になります。

また、適切に行うことで、綺麗な状態を保つことができ、長く使用することができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, , , , ,

関連記事

肌寒い日に持ち歩きたい羽織もの「カーディガン」

春と秋は涼しく、夏は暑い、冬は寒いという概念は、空調によって曖昧になってきています。季節とは裏腹に肌寒い場所はありますし、暖かい季節でも朝晩は肌寒い日があります。 そんな時に役立つのが、カーディガンで …

究極の普通!「ノームコア」ファッションってどんなファッション?

ノームコアというファッションがあることをご存知ですか? 今密かに流行の兆しがあるファッションなのですが、これはノーマル(普通)とハードコア(究極)が合わさった究極の普通という意味の造語です。ファッショ …

丸メガネでコーディネートに遊びを加える♪

いつものメガネだけでは、ファッションの要素も物足りないと感じませんか。そんな時には、丸メガネをかけてみませんか。 思いがけないコーディネートになるのは、メガネの魅力でもあります。遊び心を加えたい時に、 …

春一番!雨の日も風の日も乱れないヘアスタイル:定番のお団子

髪の長い人は、お団子ヘアに挑戦したことはありますか? 自分でお団子を作るとなると、中々難しそうに感じますね。それに、似合わないと思い込んでいる人も多いのではないでしょうか?

プチプラアイテムもブランド品に見える巧いコーデ!

近年、若い世代を中心に幅広い年齢層でプチプラアイテムが人気になっています。その理由は、昔の低価格帯商品とは違って、お洒落なアイテムを安く購入出来るようになったからです。 その為、工夫次第ではブランド品 …

楽天モーションウィジェット