無料で楽しめる「桐生が岡動物園」の魅力とは?

桐生が岡動物園は、隣接の遊園地と共に桐生ヶ岡公園と呼ばれ親しまれており、群馬県内では、昔から子供連れの遊び場や、遠足の行き先としてとても人気の場所です。

全体に、どこか懐かしさを覚える動物園で、もともとは桐生ヶ岡公園動物園といい、昭和28年に桐生市によって、県内唯一の公立の動物園として開園されました。

スポンサーリンク

懐かしさいっぱい! どこかレトロな動物園

昔から多くの公園には、大小問わず動物や鳥小屋があったものですが、桐生ヶ岡公園には町営だった大正時代から、数種類の動物が展示されていたようです。

歴史があるだけに、全体的にどことなくレトロな雰囲気が漂うのが特徴で、展示されている動物も、たとえばパンダのような大型の人気動物はいませんが、ライオンやゾウ、キリン、サルなどの定番はそろっており、また、ウサギにモルモット、タヌキやカピバラ、あるいは孔雀やインコなど、身近で親しみを感じる動物や鳥が多いことも特徴と言えるでしょう。

小さいながらも、水族館や子供と動物が触れ合えるコーナーも設けられており、また道を挟んですぐに遊園地もあるため、桐生が岡動物園は、子供連れで一日のんびりと過ごすにはうってつけの場所です。

桐生市は、群馬県内では東に位置する、昔からの工業都市で絹織物で有名な場所です。

昔は西に西陣、東は桐生と言われたほどの織物の市ですが、すぐそばまで山と渓流が迫り、自然豊かな所です。

桐生市自体が、昔からの街並みや工場の残るレトロな地方都市で、そこにあるこの動物公園もまた例外ではありません。

動物園と遊園地、さらにすぐそばには山並みが広がり、昔ながらの保存された町並みや典型的な山間の地方都市といった風情と、どこか懐かしい雰囲気を存分に味わえる場所です。

子供連れで無料で一日遊び倒せる!

桐生が岡動物園の最大の魅力は、何と入園料が無料ということ。

群馬県内には、今でも驚きの入園料で遊べる場所がいくつか残っていますが、桐生が岡動物園はその代表と言えるでしょう。

ゾウやライオン、キリン、カンガルーといった定番の大型動物や、定番のニホンザル、さらにクモザル、マントヒヒといった、ちょっと変わった猿、あるいはペンギンやフラミンゴといった鳥類まで、全て無料で見学できます。

都市型の巨大な動物園と違って、動物までの距離感も近く、どこか動物に親近感を持って見学ができるのも大きな魅力の一つでしょう。

また動物園自体が桐生が岡公園の中にあり、自然の丘陵地帯に配置されているため、樹木も多く、大人がゆっくりと散策・ハイキングすることにも向いています。

特に、桜とツツジが多めで人気もあり、4月から5月にかけて、多くの樹木が花の季節を迎えるため、この季節の散策にももってこいです。

桐生が岡動物園が、子供連れのファミリー層に魅力的なのは、もちろん入園料が無料なこともありますが、動物園だけでなく遊園地が隣接しているため、動物や長時間の散歩に飽きがちなお子様にも対応できること、自然豊かな中を散策するため、高齢者にも優しいことなど、どの世代でもそれなりに楽しめる点にあります。

親子連れだけでなく、おじいさんやおばあさんが、お孫さんの子守りで出かける際の場所としても、とても人気のあるスポットなのです。

動物園と隣接する遊園地も、またレトロな雰囲気一杯で、こちらは入園料は無料で、遊具を利用する際に料金を支払うシステムとなっています。

そのため、こちらも散策するだけならば、無料で散歩を楽しむことは可能です。

昭和の懐かしさを楽しむのも面白い

桐生が岡動物園は、都会スタイルの動物園や、全国各地の有名な大型動物園と比較してしまうと、小規模で施設も古くささ全開の動物園ではありますが、逆にそれを面白がって訪れる方も少なくありません。

動物園も遊園地も全体的に昭和の印象で、また、すぐそばまで山影が迫り、動物園自体も丘陵地にあることから、都会の方にはこの雰囲気が逆に新鮮味を持って捉えられるようです。

建物の中の巨大なガラス檻や、大きな鉄格子の檻といったい、わゆる大型で最新の動物園のような景色は少なく、代わりにちょっと埃っぽいフェンスや、ペンキのはげかけた手すりなどのちょっと古びた感が、そこかしこに見られ、レトロ好きな方には、たまらない魅力といったところでしょうか。

全体的に、いわゆる動物園的な雰囲気ではなく、自然豊かな公園、山のふもとのハイキングコースのところどころに、動物が展示されているといったような、そんな雰囲気の動物園です。

そのため、通路は若干傾斜もありますが、段差は少ないのでベビーカーでも、さほど苦労することはありません。

特に北門のベビーカー貸出所付近は、ペンギンやウサギ、フラミンゴなど、小さい子供が親しみを感じる動物が多く、まずはその辺りから散策を始めても良いでしょう。

全体を通じて、何ともレトロな雰囲気に包まれた動物園ですが、とにかく無料で親しみのわく展示と動物が多く見られ、一日中のんびりと遊びつくせるために、昔から群馬県内では子供連れの休日や遠足、ピクニック先として人気の高い動物公園です。

昭和の雰囲気たっぷりなためか、都会的な、先進的なものに憧れる世代の方は若干少ないですが、基本的には全ての世代が訪れて楽しめる、そんな貴重な公園です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-レジャースポット, 旅行・レジャー
-, ,

関連記事

地元民おすすめ!山口県旅行の穴場スポット3選

山口県は江戸時代には長州藩のあった場所で、明治維新の際には大きな役割を果たした場所です。 明治以降も著名な政治家を排出してきており、現職の安倍晋三総理もその一人です。 2016年12月、安倍氏がロシア …

大人も子供も楽しめるプール!昭和記念公園「レインボープール」

国営に指定されている、昭和記念公園にあるレインボープールは、その総面積63,000㎡という、首都圏における最大級の広さを有する人気のプールです。 東京ドーム約1.4倍という広さの中には、1日中楽しめる …

兵庫県のおすすめ旅行スポット

近畿地方に属する兵庫県は、 南北に長く、北は日本海、南は瀬戸内海の2つの海に、接しています。 そんな兵庫のおすすめスポットを、いくつかご紹介いたします。

熊本県のおすすめ旅行スポット

九州地方の中央に位置する熊本県は、通称「火の国」とも呼ばれています。 そんな熊本県のおすすめスポットをいくつかご紹介致します。

プロビデンス(アメリカ・ロードアイランド州)のおすすめ観光スポット

斬新で移り変わりの激しい大都市観光にあきたら、ぜひ歴史や文化史跡が豊富な、ロードアイランド州・プロビデンスに行きましょう。

楽天モーションウィジェット