無料で楽しめる「都電おもいで広場」の魅力とは?

鉄道好きの人にとっておすすめの観光スポットが、都電おもいで広場です。

この場所は、特に古い時代の鉄道が好きな人にとっては、とても魅力的な場所です。なぜならば、この場所には、現在では使用されなくなった古いタイプの都電の車両が、複数展示されているからです。

実際にそれらの鉄道が、街中を走っているのを見たことがある高齢者の方から、そうした車両を生で見たことがないような若い世代の鉄道ファンまで、広く楽しめることができる場所です。

スポンサーリンク

鉄道ファンなら一度は行きたい!

荒川区にある無料の鉄道関連施設

この都電おもいで広場は、東京都交通局が運営している公共の施設です。そのため、来訪者は無料で、この施設を楽しむことができます。

この施設は、東京都の荒川区西尾久8丁目にあります。施設の入場は無料ですが、そのかわり入場できる日は限られているので、事前に注意が必要です。この施設が開場しているのは、毎週土曜日と日曜日だけです。

また、国民の祝日の日にも開場されています。国民の祝日が日曜日にあたって、振替え休日になる場合には、その振替え休日が開場日になります。

その一方で、平日の月曜日から金曜日は閉場されているので、この施設には入場できません。また土日祝日であっても、年末年始の一定の期間の場合には、この施設は閉場されているので、入場できません。

毎年12月29日から1月3日までの期間が、それに該当します。

施設の開場時間は、上記の日の午前10時からです。閉場時間は午後4時なので、午前10時に行けば最大で6時間、この施設の中で楽しむことができます。

都電荒川線の荒川車庫前駅から歩いてすぐの場所に、施設があります。

1系統で使用された5500形の車両

都電おもいで広場の最大の魅力は、現在では使用されなくなった都電の車両を、無料で見ることができることです。都電おもいで広場に展示されている都電の車両としては、5500形の車両があります。

これは、昭和29年に製造された、非常に歴史的な価値のある車両です。この5500形は、その当時の最新製作技術を採用して作られた車両として、有名な車両です。

5500形は、外観にも非常に特徴があり、流線型の車体が使用された、当時のまま保存されています。5500形は、環境にも配慮された車両であり、騒音が従来のものより軽減されているため、街中を走る都電に、よりふさわしい車両となりました。

また環境面だけでなく、走行面においても、この車両は優れた特徴を持っています。

特に、この車両の優れている部分は加速の機能で、従来の車両よりも優れた加速機能が実現されています。そのように、数多くの優れた機能を持っていたことから、5500形にはPCCカーという愛称がつけられたこともあります。

PCCカーとは、もともとアメリカで作られた路面電車につけられていた、愛称のことです。5500形はもともと、アメリカの技術を参考にして作られた車両であるため、こうした名称で親しまれました。

この車両は、都電荒川線の中でも1系統で使用されていた車両です。1系統とは、上野から品川までの区間を走行していた区間です。この1系統は、銀座線という名称を持っていたのですが、この路線は数十年前に廃止され、その際にそこで使用されていた車両も、廃車になりました。

このような、歴史的な意味を持つ貴重な車両を無料で見ることができるのが、都電おもいで広場の大きな魅力です。

学園号の愛称で親しまれた7500形の車両

都電おもいで広場で見ることができる懐かしい都電の車両は、5500形だけではありません。

この場所には、旧7500形の7504号車も保存されています。保存されている7500形の車両は、昭和37年に製造されたもので、5500形よりは新しい車両です。

この車両の大きな特徴は、ライトが二つつけられていることです。これは、都電の車両にはあまり見られないタイプのもので、こういった特徴がこの車両の独特の個性となっています。

この車両は、もともと青山車庫で利用されていましたが、廃線の影響で、後に荒川車庫で使用されています。この車両は、ある期間に通勤や通学で都電荒川線を利用した人にとっては、特に見覚えがあるに違いない懐かしい車両といえます。

なぜならばこの車両は、使用されなくなるまでの数年間、朝の通勤通学のラッシュ時にのみ使用されていたからです。そのためにこの車両には「学園号」という愛称までつけられた、多くの人に親しまれてきた車両です。

そうした懐かしい車両も、この施設では無料で見学できます。

これらの車両は、ただ何もない場所に置かれているのではなく、使用されていた当時の都電荒川線の停車場を復元した場所に、置かれていることも大きな魅力です。

停車場に立って車両を眺めていると、車両が活躍していた当時の雰囲気を味わうことができます。また都電おもいで広場には、それ以外にも、都電が走っていた当時の街の様子を再現したジオラマなども展示されています。

また、都電に関連したものなども展示されています。

これらのジオラマなどは、保管されている車両の内部に展示されているので、誰でも無料で見学できます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー
-, ,

関連記事

海外旅行でスリや盗難に遭わないための3つの対策

せっかくの楽しい海外旅行をスリや盗難の被害で台無しにしないためにも、防犯の対策はしっかりしておきたいですね。 特に世界でも数少ない安全な国からやって来る日本人の防犯意識と、身近に犯罪を感じる国からやっ …

夏休みに家族で旅行したい鹿児島県のおすすめスポット3選

九州最南端に位置する鹿児島県は気候が温暖で、自然が豊かな場所です。 キャンプ場や温泉などが楽しめるスポットや、活火山である桜島を間近で見ることができる公園もあります。 夏休みに家族旅行を計画されている …

ダルース(アメリカ・ミネソタ州)のおすすめ観光スポット

ミネソタ州のダルースは、日本人観光客から人気のある都市であり、様々なシアターがあることでも知られています。 特に多くの方が訪れているのが、ダルース劇場です。

アメリカ・アラバマ州のおすすめ観光スポット

自然豊かな景色とアメリカが持つ歴史をしっかりと感じることができる街が多いことが大きな魅力です。

シンガポール旅行のおすすめ観光スポット

シンガポールの観光スポットと言えば、マーライオンを思い浮かべる人が多いでしょう。 首から上がライオン、魚の胴体を持つマーライオンが波の台座の上に乗り、口から水を吐いています。 このマーライオンはシンガ …

楽天モーションウィジェット