自宅で作れるチャーハンに入れて美味しくなるもの:紅ショウガ

紅ショウガと言うと、真っ赤な生姜漬けと言ったイメージを持つ人も、多いのではないでしょうか。

真っ赤な色が付いているのは、色をより鮮やかに見せるための合成着色料であり、合成着色料に抵抗がある人には、無着色ものがお店に置いてあるので、購入時にチェックをしておきましょう。

スポンサーリンク

家庭のチャーハンをもっと美味しく!

紅ショウガの使われ方

紅ショウガは一般的に、生姜の塊根部分を千切りにしたものを、梅酢に漬け込んだ漬け物で、関西地方では天ぷらとして食べると言う習慣があります。

関東や東北、北海道、九州などではこうした習慣がありませんが、関西地方のコンビニなどに行くと、紅ショウガの天ぷらが販売しているので、関西に旅行に出掛けた時などにぜひ食べてみてください。

九州の久留米市などの場合、白く濁ったとんこつスープのラーメンが有名ですよね。

白く濁ったスープと、鮮やかな赤色は食欲をそそるものでもあり、とんこつラーメンにも紅ショウガを入れるお店が多くあります。

生姜と言うのは、本来毒消し等の役割を持つ食材で、鮨店に行くと酢漬けになったガリと言われている生姜が握り鮨に付いて来ますよね。

握り鮨は魚や貝類などの生ものでもあり、生ものの毒消しとしてガリが使われているのです。

紅ショウガは塩気があるので、色々なレシピで使う事があると言う人も多いのではないでしょうか。

例えば、牛丼、焼きそば、お好み焼きなどには欠かせないトッピングですし、チャーハンにも色合いを良くする目的で、紅ショウガを中心にのせているお店も多くあります。

一見、わき役のような紅ショウガではありますが、牛丼に紅ショウガがのっていないと何だか寂しい、牛丼を食べた気にならないと言う人も多いのではないでしょうか。

紅ショウガをチャーハンに合わせる

チャーハンについても同じで、いつも行く中華料理店のチャーハンには、中央に紅ショウガがのっていて、混ぜ合わせて食べるのが好きと言う人も多いと言えましょう。

チャーハンは、自宅でも簡単に作る事が出来る定番メニューですよね。

チャーハンの作り方はコツが要りますが、コツさえつかめば簡単に作れる、しかも美味しいので、自宅で作る事が多いと言う人も多いのではないでしょうか。

チャーハンに入れる具材というと、卵、ネギを刻んだもの、チャーシューを細かく刻んだものなどで、紅ショウガは完成後にトッピングで載せる人が多いようです。

チャーシューがない場合には、ハムなどでも代用可能ですし、彩りを良くしたいのであれば、ニンジンやピーマン、パプリカなどを細かく刻んで一緒に炒めてあげれば、カラフルなチャーハンが出来ますし、こうしたチャーハンはお弁当に入れても見栄えが良いので、お子さんがお弁当を持って行く時などに作ってあげると喜んでくれますよ。

チャーハンは中華料理の定番メニューで、火力が勝負などと言います。

中々ご飯をパラパラの状態にする事は難しいのですが、フライパンで炒める時はフライパンを振りながら混ぜ合わせると、パラパラの状態になります。

人によっては、フライパンの中で混ぜる時に、しゃもじのような調理器具を使って混ぜる人もいるかと思われますが、ご飯は熱を加えて混ぜると粘りが出て来てしまうので、なるべくフライパンを振って、具材を混ぜ合わせながら炒めてあげるのが上手に作るコツです。

尚、自宅で紅ショウガを使ったチャーハンを作る時、お子さんがいる家庭などの場合、紅ショウガはお子さんには少々辛い食べ物になるので、後からトッピングでのせる作り方をしておけば、お子さんの分だけ他の食材をトッピングしてあげる事も出来ますよね。

紅ショウガの効果

ところで、紅ショウガと言うのは冷蔵庫の中で保管をしていると言う人が多い食材の一つです。

チャーハンを作った時に、のせてあげるだけで色合いが綺麗になり、食欲をそそりますよね。

紅ショウガと言うのは、どのような栄養があり、どのような効能があるのかご存知でしょうか。

チャーハンのいろどりが良くなるので、自宅では欠かせないと言う人なども、栄養や効能などを知っておけばちょっとした知識人になりますよ。

紅ショウガは、梅酢に漬けてあると言っても辛みがありますよね。

辛みがあるから小さなお子さんは苦手なのですが、この辛みと言うのは「ジンゲロン」と言う成分であり、ジンゲロンは身体の血行促進、冷え症の改善効果があります。

ジンゲロンが身体の中に入ると、新陳代謝を促す働きがあるので、美容効果もある食材なのです。

ジンゲロンは、加熱するとショウガオールと言う物質に変化するのだと言います。

仮に、チャーハンに入れて炒めると、ジンゲロンはショウガオールに変化する事になるわけですが、ショウガオールは免疫力を強化してくれる効果があるのです。

そのため、紅ショウガをチャーハンに使いたい時などは、炒める分とトッピングする分をわけておけば、血行促進や冷え症の改善、そして新陳代謝を高めるなどの効果にも繋がるわけです。

また、食欲があまりないと言う時でも、シネオールと言う成分が食欲を増進してくれるので、自宅でチャーハンを作る時に、紅ショウガを入れてあげれば良い事づくしのレシピになるのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-,

関連記事

質の良い睡眠をサポートする飲み物は【ココア】!

ココアは、コーヒーや紅茶などに比べると、存在感が少し薄いですが、近年話題になっているポリフェノールの効果があったり、身体に良い影響を与えてくれるさまざまな効能が溢れている飲み物です。 その魅力を知ると …

炊飯器で作れる時短レシピ「ホットケーキ」

家事や育児に介護などに忙しい女性にとって、今流行りの時短レシピの存在は嬉しいものです。いかに時間をかけずに、美味しい料理を作るかが重要であり、簡単に利用出来るかどうかがカギとなります。 そんな時短レシ …

栽培しやすいハーブの種類:ペパーミント

ハーブティーには様々な種類がありますが、毎日の健康にとって優れた効果を持っています。

高カカオチョコレートの知られざる効果!【肥満抑制効果】

最近、テレビや雑誌などでも取り上げられている高カカオチョコレートには、ポリフェノールのほかにも、マグネシウムやカルシウム、鉄、亜鉛などのミネラル分や、食物繊維が豊富に含まれています。 特に、カカオ分が …

超美味!納豆に「ラー油」をちょい足し!

納豆には、色々なものをちょい足しして食べる楽しみがあります。一般的には醤油や専用タレ、辛子、ワサビなどを入れる人が多く見られます。 マヨネーズやラー油と合わせるのも、魅力的です。大根おろしと合わせると …

楽天モーションウィジェット