一生に一度は見ておきたい!吹割の滝のおすすめ絶景スポット

吹割の滝
吹割(ふきわれ)の滝は、群馬県の北東部、沼田市の山奥にある不思議な形状の滝です。

この辺りは以前は利根郡利根村追貝(おっかい)と呼ばれ、名前の通り利根川の上流で、その支流である片品川の上流部分に当たります。

スポンサーリンク

東洋のナイアガラ!吹割の滝ってどんな滝?

吹割の滝は一般的には『ふきわれ』と読みますが『ふきわり』と読む人もいます。

この名称は滝の見た目と形状をそのまま表しており、地面の岩盤の割れ目に水が豪快に流れ落ち、その飛沫が吹き上がってくる様子を表現しているといわれています。

一般的な滝のイメージでは、おそらく華厳の滝や那智の滝のような、高所から一筋の水が落ちてくる様子を思い浮かべると思いますが、吹割の滝の形状はかなり様子が異なります。

なぜなら、まず滝の幅がとても広く、そこから水の層がそのままスライドして落下するようで、その様子がナイアガラの滝と似ているといわれます。

滝の落差である高低差よりも幅の方が何倍も広い、そんな形状の滝です。

また、滝といえば頭上の高い所から眼前に落ちてくるイメージですが、吹割の滝は滝の高低の上下がともに足元の地面より下という特徴があります。

これは足元の地面である岩盤の割れ目に水が流れ落ちるためで、滝を眺めるには上を向くのではなく、足元の割れ目を覗き込む形となります。

かなり近くで滝壺を覗き込む形になるため、他の滝にはない迫力が楽しめますが、落下事故には注意が必要です。

また地面の割れ目に流れ込む水の様子は、パッと見ると周囲の平坦な水や足元の地面が一気に割れ目に吸い込まれているように見え、ふと気を抜くとめまいを起こしたような錯覚に見舞われることもあり、かなり不思議な感覚に見舞われる滝とも言えるでしょう。

押さえておきたい吹割の滝の絶景ポイント

吹割の滝は渓谷周辺に遊歩道が整備されており、四季を通じて散策が楽しめます。

渓谷に辿り着いて、まず真っ先に目に入る絶景ポイントは、進行方向左手に見える鱒飛の滝です。
吹割の滝では下流部にある滝で、ここは一般的な滝のような高低差があり、片品渓谷の下流へ向けて一気に水が落下する場所です。
豪快な音と水しぶきが特徴で、水量の多い季節には遊歩道の手前でも顔に飛沫が当たるほどです。

遊歩道は進行方向右手に進みますが、水の少ない季節には岩盤にかつての滝つぼの穴をいくつも見ることができます。
水量の多い季節には遊歩道まで水が上がり、轟音を立てて流れる川ぎりぎりを歩くことになります。

やがて遊歩道周辺を特徴的な大きな岩盤が覆います。
ごつごつした感じではなく滑らかな曲線を描く岩肌が特徴です。
これはかつて片品川が溶岩台地を削ってできた地形で、吹割渓谷の絶景の大きな特徴の一つとなっています。

これらの岩の間を抜けると視界が開け、いよいよ吹割の滝が見えてきます。
この滝はNHKの大河ドラマ『葵 徳川三代』のオープニングにも登場しました。

水が多い時の迫力はもちろん豪快ですが、水がない季節はまた滑らかな岩肌を白糸が零れ落ちるような繊細な美しさがあり、かなり滝の近くまで近づくことができますが落下にはくれぐれも注意してください。

滝の上部は水平に開けており、一枚岩の上を水がなだらかに流れています。
中央付近に浮島があり、観音堂があります。
吹割の滝には竜宮伝説があり、それを思いながら散策するのも良いでしょう。

浮島には遊歩道の橋がかかり、対岸へ渡ることができます。
林の小道といった感じですが二か所ほど滝の全景を見下ろせる場所があり、押さえておきたい場所の一つです。

遊歩道は最終的に山の神である十二様の祠の脇で国道へ出て終了となります。

何度旅行しても飽きない吹割の滝

吹割の滝は片品渓谷の一部で、周辺は美しい山と木々に囲まれています。

また群馬県側から尾瀬に行くには必ず前を通りますし、周辺には老神温泉や水上温泉もあり、さらに栃木・日光へのルートでもあるため、旅行にはお勧めの場所です。

吹割を含む片品渓谷には四季折々の美しさがあり、春の新緑、夏の涼しさ、秋の紅葉、冬の雪景色(滝は冬季閉鎖されます)と、一年を通じて常に見頃という場所です。

旅行のおすすめは新緑の季節と秋で、特に新緑の季節は雪解け水のために水量が豊富で、豪快に音と飛沫をまき散らして流れ落ちていく吹割の滝一帯はまさしく絶景です。

あまりの迫力に恐怖を覚える人もいるほどなので、もし心配ならば夏の訪問が良いでしょう。

秋は水量という面では少なめですが飛沫も少ないために滝壺や滝の岩肌等が確認でき、また、紅葉も美しいためにお勧めの季節となっています。

特に紅葉は岩肌とのコントラストが美しく、浮島周辺はその景観もあって特に人気の絶景スポットとなっています。

秋は隣の栃木・日光や中禅寺湖方面の通過ルートで通行量も多く少し混雑しますが、ぜひ立ち寄りたいスポットです。

四季によってさまざまな姿を見せてくれる吹割の滝ですが、四季だけでなくその水量によっても大きく姿を変えるのが特徴で、滝の割れ目が見えないぐらいの水に覆われたり、あるいはほとんど水がなく、岩盤の上をささやかな水が零れ落ちてレースのように見えたり、あるいは飛沫が上がる季節にふと日がさすとうっすらと虹がかかって見えたりと、見るたびに姿を変え、私たちの目を楽しませてくれる不思議な滝です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-旅行・レジャー
-, , ,

関連記事

地元民おすすめ!北海道旅行の穴場スポット3選

北海道は観光地として知られていますが、旅行に行く場合は有名な場所だとかなり混んでしまう可能性があります。 そこで、北海道の中でも穴場の旅行スポットを知っておきましょう。 複数ある穴場スポットのうち3種 …

トルコ旅行のおすすめ観光スポット

海外旅行で楽しめる国は世界中にたくさんあります。 そしてその中には、あまり日本人にとっては馴染みのない国も多く、穴場スポットと言っても良い国も多くあります。 トルコは、そんな穴場と言って良いおすすめの …

京都府のおすすめ旅行スポット

金閣寺や銀閣寺で有名な京都府は、近畿地方にある都道府県です。 そんな京都の、おすすめのスポットをいくつかご紹介いたします。

リトルロック(アメリカ・アーカンソー州)のおすすめ観光スポット

リトルロックは、アメリカ合衆国のアーカンソー州の州都であり、アメリカ合衆国第42代大統領であるビル・クリントンの出身地として知られている街でもあります。

初心者も気軽に行ける!「早川港」で釣りの魅力に触れよう!

早川港は、神奈川県小田原市にある漁港で、JR東海道線の早川駅より徒歩約3分、距離にして約220メートルの場所に位置しています。

楽天モーションウィジェット