知っておきたい通夜・葬式の参列マナー:お悔やみメールのポイントと注意点

今は、メールでなんでも連絡のやり取りを行う時代です。突然の訃報をご遺族の方から、メールで連絡されるという可能性もあります。

メールで連絡がきた場合に返信する、お悔みメールのマナーをチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

そもそもお悔みのメールはOK?

葬儀の連絡などをメールで受け取った場合、そもそもお悔やみメールを返信するのはマナー違反にはならないのか、不安に感じる方も多いのではないでしょうか。

メールでお悔やみを伝えるのは形式上では、正式なものではないものの関係性や状況によっては、マナー違反にはなりません。

お悔やみメールを送っていいケースとしては、メールで訃報の連絡や、葬儀の日程などを受けた場合が挙げられます。また、メールの送り主が友人・知人など親しい間柄でも有効です。

この他に、仕事の取引先担当者、会社の上司・同僚といったビジネス関連の間柄の方に、お悔やみメールするのも問題ありません。

ただし、親族などからの訃報メールに対して、お悔やみのメールをするのはマナー違反となるので注意が必要です。このようなケースでは、電話でお悔やみを伝えるのがベストとされています。

お悔やみのメールは、あくまで略式ですので、親族以外の関係性が深い方や、ビジネス上の関係性がある方に取り急ぎ、連絡を行うツールとして使うのが良いでしょう。

ただし、メールの内容にもマナーがあるので、確認しておく事が大切です。

お悔やみのメールマナーを確認

ご遺族の方にお悔やみのメールを送信するという場合、様々なマナーを守らなければいけません。例えば、時候の挨拶等の前置きはせず、シンプルにお悔やみの言葉を伝えるのが基本です。

悲しい気持ちを伝える為に、長いメールを送信してしまいがちですが、ご遺族の方は葬儀の準備や大切な家族を失った喪失感から、長いメールに目を通す余裕はありません。

手短に用件を伝えるという事が、お悔やみメールの基本的なマナーです。件名も簡潔に用件が分かるように、書くようにしましょう。

件名は件名は、「(自分の名前)よりお悔やみ申し上げます」といった、すぐに誰からのメールか分かるように工夫します。

取引先へのお悔やみメールであれば、自分の名前だけでなく、会社名や所属先もプラスして書くようにします。略式とはいっても、やはりお悔やみの言葉を伝えるメールですので、丁寧な言葉使いにします。

親しい友人の場合、くだけた口調のメールを打ってしまうケースもあるでしょうが、普段よりも丁寧な言葉使いを心がける事がメールのマナーとなっています。

使ってはいけない言葉とは

葬儀の場では、使うとふさわしくない言葉というものが存在します。お悔やみのメールであっても、使用するとマナー違反となる言葉があるので注意しましょう。

葬儀の場と同じく、メールでも重ね言葉を使うのはマナー違反です。重ね言葉とは、不幸を連想させる、重ね言葉の事を言います。「重ね重ね」「またまた」「再三」といった言葉が、重ね言葉に含まれます。

重ね言葉以外にも、忌み言葉を使わないようにする事も大切です。「死ぬ」「逝く」「これからも」「この先も」「追って」などの言葉は、葬儀の際に使う言葉としてはふさわしくありません。

ついつい使ってしまう言葉もあるので、注意しながらメールの文面を考える事をおすすめします。

「死去」や「死亡」といった言葉は、「御逝去」といった言葉に置き換える心使いも必要です。「生きていた頃」などは、「ご生前」「お元気な頃」と言い換えましょう。

葬儀の場やお悔みのメールでは、直接的な生死に対する表現を避ける事がマナーとなります。重ね言葉や忌み言葉を使わないのは、ご遺族に対する心使いという事を覚えておきましょう。

お悔みメールのメリット

メールでお悔やみを伝えるのは失礼かな?と感じる方も多いでしょう。しかし、メールで伝えるからこそ得られる、メリットというものもあります。

メールは、すぐに自分の気持ちを伝えられるツールです。お悔やみの気持ちや、悲しい気持ちをすぐに伝えられるという点はメリットと言えます。

また、ご遺族の方が時間関係なく、目を通す事が出来るという点もメールでお悔やみを伝えるメリットです。ご遺族の方は、葬儀の準備や弔問客への対応に追われます。

電話の場合、なかなか出る事が出来ないかもしれません。ですが、メールであれば自分の都合が良い時間に読む事が可能です。ご遺族の負担を考えるのであれば、メールでお悔やみを伝えるのも、決して失礼な事ではありません。

メールでお悔やみを伝える場合、一言言葉を添えやすいという点もメリットです。

「何かあったら力になるので、いつでも連絡してください」 、「仕事の方は気になさらずに、最後のお見送りをなさって下さい」 といった言葉をプラスする事で、より相手を思いやるメールを送る事が出来ます。

最後に

お悔やみをメールで伝えるという手段は、現代社会ではマナー違反とはなりません。ですが、メールを送る相手やメールの内容は、しっかり考える必要があります。

お悔やみメールのマナーを確認して、正しいメールを送るという事が大切です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

  • Title

    […]just beneath, are a lot of totally not connected internet sites to ours, even so, they are certainly worth going over[…]

  • -->

    関連記事

    いまさら聞けない年金入門|障害年金の仕組み

    障害年金は、万が一労働が出来なくなったり、あるいは労働に支障が出た場合にあって、生活の補填に使える公的制度の一つです。 名称に障害とありますが、障害者手帳を有していなくても、条件を満たせば、受給は可能 …

    Y!mobileの格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

    格安スマホも、最近では定着化しつつありますが、Y!mobileは、他の格安スマホとは異なる点があるのが特徴的です。 メリットもありますが、デメリットもありますので、好みが分かれています。 ただ、使いや …

    時短&しっかり!フローリングの掃除方法

    ツヤツヤでピカピカなフローリングは、見ているだけでも気持ちがいいですね。 ですが、フローリングは面積が広い分、掃除するのも一苦労ですよね。 突然のお客様が来ても恥ずかしくないよう、常にキレイにしておき …

    プレゼントワインの選び方

    恋人やお世話になった人がお酒好きだった場合、プレゼントとして喜ばれるのがワインです。 生まれ年のものや高級なワインであれば、プレゼントとして贈っても遜色ありませんし、なにより自分の好きな美味しいものを …

    結婚指輪人気ブランドの特徴:4℃

    幅広い年齢層に人気の4℃は、1972年に誕生したジュエリーブランドです。 1960年代後半に、斬新なアイディアをもった数人の若者が東京の原宿に集まったことが始まりと言われています。 現在は、日本全国で …

    楽天モーションウィジェット