知っておきたい通夜・葬式の参列マナー:服装、髪型、小物のマナー

葬儀に参列する際、男性・女性共に、服装のマナーを守る事が重要です。

ふさわしくない身だしなみで参列してしまった場合、ご遺族や他の弔問客を不快な気持ちにさせてしまいかねません。 事前に、身だしなみのマナーをチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

ブラックフォーマルが基本

葬儀に参列する際の服装は、ブラックフォーマルを選ぶのが、男性・女性共に基本のマナーです。 濃いグレーや茶色といった色の服装も、葬儀の場に着用するものとしてはふさわしくないので、必ず黒い服を選ぶようにしましょう。

ただ、黒い服であれば何でも良いという訳ではありません。 喪服用として販売されている、ブラックフォーマルを選ぶ必要があります。

リクルートスーツを着用し参列する方もいるようですが、ブラックフォーマルは、生地の質が違い光沢感が無いという点が特徴的です。

葬儀の場では、光るもの、光沢感のあるものを身に着けるのはマナー違反とされるので、光沢感の無い生地で作られたブラックフォーマルを選ぶようにしましょう。

男性の場合、基本ブラックフォーマルのスーツを着用します。 女性の場合はスカートの丈に注意して、着用するブラックフォーマルを選ぶ事が大切です。

膝が見えてしまうスカート丈だと、肌の露出が増えてしまう事もあり、葬儀の場に着用する服としてはふさわしくありません。膝だけでなく、肘も隠れる袖丈の、ブラックフォーマルを選ぶようにしましょう。

髪型のマナーをチェック

服装だけでなく、髪型のマナーも事前にチェックしておく事で、いざ葬儀に参列する際にも慌てずに済みます。

男性の場合、ワックスで髪型を整える方も多いですが、テカテカするほどワックスを使用しセットするのはマナー違反です。

また、ワックスは無香料のものを選ぶ必要があります。前髪が長いという男性は、おでこが出るくらいに、軽く前髪をワックスでセットしましょう

ロングヘアの男性は、黒いゴムで後ろに1つ束ねるという髪型にすれば、マナー違反とはなりません。

女性の場合、ショートやボブ程度の長さであれば、特別にセットしなくても良いとされています。 前髪が長いという方は、お焼香をする際、邪魔になってしまうのでピンで留めておくのが理想的です。

ロングヘアの女性は男性同様、後ろで1本に束ねます。 ただ、カラーリングやパーマをしているというケースは、束ねるだけではマナー違反になるので注意しましょう。

このようなヘアスタイルの女性は、後ろで髪を束ねた後を、まとめ髪にするのが基本です。あまり高い位置で髪を結ぶと派手な印象を与えてしまうので、耳の下あたりくらいで束ねるのが良いでしょう。

ふさわしい小物やアクセサリー

小物やアクセサリーも、葬儀の場に身に着けるのに、ふさわしいものがあります。 靴は男性・女性共に黒いものを選ぶのが基本です。エナメルなど光沢感のある靴は、葬儀の場にはNGな素材ですので覚えておきましょう。

男性の場合、内羽根タイプのシンプルな黒の靴であれば問題ありません。 女性の場合は、出来るだけ留め具の無い、シンプルな黒のパンプスを選びます。

ヒールの高さは、5センチ程度が理想的です。 ピンヒールなどピールが細いパンプスは、華美な印象を与えるので太めのヒールを選ぶようにしましょう。

また、女性は結婚指輪か結婚指輪を除き1点だけ、アクセサリーを身に着ける事が出来ます。 アクセサリーの素材はパールが基本中の基本です。涙を連想させるパールは、最も葬儀の場にふさわしい素材と言われています。

パールのネックレスを身に着ける場合、1連のものを選びましょう。 2連のネックレスは「不幸が重なる」という意味合いがあり、葬儀の場に身に着けるアクセサリーとしては、ふさわしくありません。

男性の場合、ハンカチは白・靴下は黒とするのがマナーです。

冬場に参列する際の注意点

冬場に執り行われる葬儀に参列する事になった場合、コートもマナー違反にならないものを着用しなければいけません。ブルゾンやダウンコートといったコートは、例え色が黒であってもマナー違反となります。

これらのコートは、カジュアルな印象があるので、葬儀の場に着用するのはふさわしくないと考えられているためです。また、少しでもコートにファー素材がついているデザインも、マナー違反となるので注意しましょう。

喪服用のコートが販売されているので、購入しておけば冬場の急な葬儀に対しても対応できます。コートの長さは、ロングが理想的とされています。

女性の場合、寒さ対策としてタイツを着用したいと考える方も多いでしょうが、葬儀の場でタイツを身に着けるのもNGです。お葬式用として販売されているストッキングの厚さは、20デニール程度となっています。

タイツは30デニール以上の厚さがあるので、葬儀の際に身に着けるものとしては厚すぎます。寒さが気になるかもしれませんが、お葬式用のストッキングを着用するようにしましょう。

最後に

恥ずかしい思いをしない為に、覚えておきたい服装や髪形、小物のマナーは数多くあります。

結婚式のように日取りが決まっていないお葬式、いつ不幸があり参列する必要が出てくるのか分かりません。

ですので、事前にマナーを知っておく事が大切と言えるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

アイロン無しで「服のシワ」を取る方法:シャワーの湿気を利用する

着ようと思った洋服やスーツが、シワだらけになっていて着られないと焦ったことはないでしょうか。 特に旅行先や、アイロンを持っていない場合には、アイロンでシワを伸ばすこともできません。なかにはアイロンがけ …

初心者におすすめのペット:コノハカメレオン

爬虫類は好き嫌いが分かれると言われていますが、その個性的な外観を好む人が増え、さらに爬虫類を飼うのに適した器具やフードも販売されるようになったので、初心者も含めてこれらを飼う人が多くなってきました。 …

絶対欲しい調理家電!ブルーノのホットプレート

毎日の食事、ありきたりになってはいませんか? 一生懸命つくったお料理でも、いつも同じ見た目では、飽きてしまうのも仕方がないことかもしれません。いつものおうちごはんを、美味しそうに見せる工夫をしてみませ …

洗い方をマスターする:フリースジャケット・ジャンパー

フリースジャケット・ジャンパーは、摩擦に対してあまり強くなく、毛羽立つことや、毛玉ができることが多いので、裏返しにしてやさしく洗う必要があります。 静電気を防止するために、柔軟剤を使用して、柔らかく仕 …

外国人が喜ぶ和風なプレゼント

旅行や留学などで、日本を訪れる外国人の数は年々増加していると言われており、多くの人が、日本ならではの様々な品物をお土産として祖国に持ち帰っています。 日本で売られているものは、品質も高いものが多いです …

楽天モーションウィジェット