知っておきたい通夜・葬式の参列マナー:お焼香のやり方

日本で執り行われる葬儀の多くが仏式葬で、参列者全員がお焼香を行います。これは一人ずつ祭壇の前に移動してから、一つまみ分の抹香を香炉にくべます。

自分の席を立って戻って来るまでに、基本的な作法を守らなければなりませんし、施主が決めたルールにも従う必要があります。

スポンサーリンク

仏式葬で香を焚く意味とは

そもそも香を焚く習慣は、仏教発祥の地であるインドで生まれました。インドは香木の原産地でもあり、臭いを消すためにお香が用いられていました。

仏教葬で香を焚く習慣は、蒸し暑いインドで遺体の腐敗臭を消す目的で、香が用いられてきたことに由来しています。

仏教では、お香を焚くことは不浄を祓う事を意味しており、死者の供養のための大切な儀式のひとつとなっています。

日本の仏式葬で焼香が行われる際は、抹香が用いられ、一つまみ分の香を取って額の高さに上げ、火のついた香炉にふりかけます。終わったら次の人のためにすみやかに移動して、自分の席に戻る必要があります。

祭壇のスタイルや葬儀の規模によって、立礼焼香、座礼焼香、回し焼香の3種類があります。通夜の席であれば、線香を立てる場合があります。

お焼香は、仏教葬であればどの宗派でも共通して行われる大切な儀式ですが、細かいマナーは宗派ごとに異なります。香を焚く回数や、額に上げるか否かなどの作法に違いがあります。

突然のお葬式で慌てないようにするためには、事前に基本的な作法を身に付けておく必要があります。

焼香の順番と席次について

仏式葬でお焼香が行われる際は、近親者など故人と関係が深い順番で行われます。参列者が祭壇の前に移動してから、香を焚く場合にスムーズに移動することができるようにするため、故人に近い人の方が祭壇の近くの席となります。

葬儀の席次は、香を焚く順番になっています。回し焼香で盆に載せた香炉を回す場合も、前から順に盆を回すことで故人に近い人から順番に、香を焚くことができるようになっています。

参列者が祭壇の前に進んで行く場合には、祭壇の近くに座っている近親者や、親族から順番に移動します。

自分の席を立ってから、中央部分の通路を通って祭壇に向かい、香を焚いた後は外側に向かって移動して自分の席に戻ります。これは、卒業式で卒業証書を受け取るために壇上に出るのと同じです。

そのため、故人に近い人の方が前方の席で、同じ列であれば中央に近い方が、故人に近い立場の人になります。

ごく稀に、香を焚く順番でトラブルが発生するのを防ぐ目的で、止め焼香と呼ばれる方法が用いられることがあります。この場合には、最後に親族の代表が1名だけ香を焚くことで、順不同である事を参列者に承認してもらいます。

お焼香の際は、限られた時間内に多くの人が祭壇に移動するため、後に続く人に迷惑をかけないようにするために、スムーズに移動することがマナーです。

祭壇の前に移動してから、香をくべて自分の席に戻るまでにも、細かいマナーを守る必要があります。

お焼香の際の基本的なマナーとは

焼香の際は、順番通りに祭壇の前に出てから香を焚いて、自分のに戻るまでの間にもきちんと作法を守らなければなりません。自分の順番が来て祭壇の前に出たら、まず最初に遺族代表と僧侶に一礼をします。

その後に、身を正して祭壇の前に向き、遺影に合掌・一礼します。一礼した後に、焼香台に進んで、香炉の右側に置かれてある抹香を、右手親指・人差指・中指の3本の指でつかんで額に上げて、向かって左側の香炉に振りかけます。

終わったら、合掌・一礼して焼香台から1歩下がり、再び遺族と僧侶に一礼してから自分の席に戻ります。

抹香をつかんで香炉にくべる(または線香を立てる)回数や、額の位置に香を上げる(押しいただく)か否かについては、宗派によって違いがあります。

香をくべる、または線香を立てる回数は、宗派によって1~3回です。真言宗は3回、曹洞宗は2回、他の宗派は1~3回で決まりはありません。

「押しいただく」のは、真言宗と曹洞宗で、浄土宗・臨済宗・日蓮宗はつかんだ香を額に上げません。お焼香の際に、香を焚く回数や「押しいただく」か否かは、宗派ごとに異なります。

これらの作法は、葬儀が執り行われている宗派に合わせるのではなく、自分の宗派の作法に合わせて行うのがマナーです。

ちなみに、数珠についても、葬儀を執り行う僧侶の宗派ではなく、自分の宗派のものを使用します。

お焼香の際に気を付けたいマナーとは

基本的に、お焼香の際に香をつかんで香炉に焚く回数(線香を立てる)は、自分の宗派に合わせて行います。ところが葬儀の参列者が多い場合には、「焼香は1回でお願いします」とアナウンスが入る場合があります。

規模が大きい葬儀であれば、香を焚く際に2回または3回行うと、時間がかかってしまうからです。このような場合には、宗派に関係なく1回だけ香を焚くようにして、次の人のために短い時間で済ませるようにしましょう。

最近は、葬儀社や公営斎場などの会場を利用して、葬儀が執り行われることが増えたので、立礼焼香が行われるケースがほとんどです。

それでも、今でもお寺や個人の会場で、葬儀が執り行われる場合があります。畳の部屋で葬儀が行われる際は、座礼焼香となります。

座礼焼香の際に移動する場合には、中腰の姿勢で立って移動しますが、祭壇の前で僧侶・遺族に一礼してから、香炉の前に移動する際に、距離が短い場合は「膝行・膝退」で立ち上らずに座ったまま移動します。

「膝行・膝退」の方法ですが、親指を立てて他の指は握り、両腕を体の両脇より少し前において、体を持ち上げて膝を前に出して移動します。

後ろに下がる時も、手で体を持ち上げて移動するようにします。

最後に

仏式葬では、参列者全員がお焼香に参加します。焼香は僧侶・遺族にお辞儀をしてから香を焚き、再び礼をしてから自分の席に戻るという非常にシンプルな儀式ですが、当日に慌てて恥をかかないようにするために、事前に練習しておくようにしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

街コンはどんなもの?利用方法や出会いまでの流れなど

近年、さまざまな土地で、街コンが開催されています。 社会人になってから、なかなか出会いがないという人も多いですが、街コンに参加することで、恋人候補に出会えるだけでなく、友達を作ったり、新たな人脈作りに …

料理の腕が上がる!あると便利なキッチン家電 : 炊飯器

毎日食べるお米のために、欠かせないのが炊飯器です。 意外と知られていないことなのですが、歴史は古く昔から馴染み深い製品なのです。そして進化の速度にも目覚ましいものがあります。

いまさら聞けない年金入門|公的年金制度のしくみについて

年金記録の消失などが、ニュースで問題になったことや、少子高齢化などを背景に、老後の生活に影響を与える年金に対して、不安を感じている人が多いのではないでしょうか。 公的年金には、いくつかの仕組みや制度が …

フリマアプリ「ブクマ!」の特徴や使い方

フリマアプリの中でも、「ブクマ!」は本を販売するのに特化しているという特徴があり、スマートフォンから出品することができます。 自分の売りたい価格で売ることができますので、専門業者の買取よりも、高い値段 …

クレジットカード「セディナカード」の特徴やおすすめポイント

セディナカードは、信販会社のセディナから発行されている一般向けのカードで、初めてカードを持つ方でも利用しやすい特徴を備えています。 セディナでは、多くの種類のクレジットカードを発行していますが、どのカ …

楽天モーションウィジェット