知っておきたい通夜・葬式の参列マナー:数珠の由来と持ち方

数珠は、葬儀の時には忘れずに持参するのがマナー。社会人になる前、あるいは一人暮らしをする前には、必ず自分用の物を用意しておいて、すぐに使えるようにしておきたいものです。

さらに、恥ずかしくない使い方を、身に付けておきましょう。

スポンサーリンク

数珠は葬儀の時には忘れずに持参

数珠は、参列するのが通夜であっても葬式であっても、絶対に忘れずに持って行くべき物のひとつです。念珠という呼び方をする人も、多いです。

ひとり暮らしを始めたばかりの社会人の方で、葬儀に参列した経験が多くない方の場合は、わりと忘れてしまいやすいのが、この念珠です。

その日になって、慌てて購入するのは簡単ではない物ですので、必ず準備しておきましょう。

では、念珠がなぜ大切なのかをご理解いただくために、由来をご説明します。念仏を唱えてくださる僧侶は、この念珠を使うことによって、念仏を何回唱えたかわかるようにしていると言われます。

確かに、僧侶が「南無阿弥陀仏」とか「南無妙法蓮華経」とかを繰り返している時には、玉を1つずつ触っている様子を見ることができるかもしれません。

数珠という言葉に「数」という文字があります。つまり、この数を数える時に、わからなくならないように使うのも、役割のひとつなのです。

さらに、長い数珠の場合、108珠連なっています。これは除夜の鐘と同じ、人間の煩悩の数です。この108珠それぞれが、その煩悩の仏様です。この仏様が、私たちの煩悩を引き受けてもくれます。

ちなみに、念珠には108珠の物だけではなく、もっと珠の数の少ない物も何種類かあります。108珠の念珠は両手用ですが、片手用の物は全ての宗派で利用できますので便利です。

自分だけの大切な数珠の選び方

念珠を持っていない方は、なるべく用意をしておくようにしましょう。時々、念珠などは何も行事がない時に購入してはいけないという方も、いるかもしれません。年配の方などは、変に思う方もいないとは言えません。

誰か亡くなる時に、購入したらよいと言われることもあるかもしれません。しかし、長く使うものですから、自分の気に入ったものを、タイミングをみて購入しておいた方が良いです。

葬儀場でも念珠を販売していることが多いのですが、種類が少ない場合が多いです。さらに、葬儀場で売っている物は割高かもしれません。

それであれば、通販などで、自分で好きな時に、気に入った石の念珠を購入したほうがよいです。

木製の珠、美しい透明な水晶の珠、格式が高そうな紫水晶の珠、かわいい薄いピンク色のヒスイの珠など、種類が豊富です。今ですと、パワーストーンの意味を自分で調べて、それで念珠を選ぶ方も多いです。

念珠はとても美しく、そして、お守りにもなるものです。オーダーメイドも可能なショップもあります。ですから、是非、時間のある時に自分だけの念珠を購入して準備をしておくことをおすすめします。

座っている時と立ち歩く時の数珠の持ち方

自分のお気に入りの念珠を準備しましたら、いざという時に恥ずかしくないマナーは身に付けておきましょう。このマナーは、特に難しいものではありません。

もし、その場で間違った使い方をしてしまったとしても、葬儀の場ですので、あまり気がつかれていないことも多いかもしれません。慌てないようにしましょう。

まず、座っている時は、左手首にかけておきましょう。右利きであっても、左利きであっても、座っている時には数珠は自分の左手首にかけておきましょう。

次に焼香をする時など、立ち歩く時には、念珠の房の部分を下に垂れるようにして、左手で持ちます。108珠あるような長い念珠の場合は二重にして持ち歩きましょう。

左手に持つのが、マナーです。左手が仏様の清らかな世界、右が私たちの世界を意味するからです。

焼香する時には、108珠の長い念珠は両手の中指に念珠をかけ、手を合わせて拝みます。短い念珠の場合は、親指と、他の4本の指の間に念珠をかけ、親指で念珠を抑え、両手を合わせて拝みます。

一連の短い念珠のほうが、少し使い方が簡単かもしれません。席を離れる場合は、その場に念珠を置いて行ったりしないようにしましょう。

念珠は、お守りだと考えましょう。お守りであれば、トイレに行くからといって、座布団やテーブルの上に自分の念珠を置いたまま、その場を離れたりはしないはずです。

自分のポケットやバッグに、念珠をしまいましょう。

数珠のお手入れの仕方

念珠は頻繁に使うものではありませんが、使った後はきちんとお手入れをしておきましょう。汚れたまま何年も放置していしまうことになると、高価な物なのにもったいないです。

念珠は、お守りにもなるのですから、是非、キレイにして保管しましょう。念珠のお手入れ方法は、使い終わったら乾いたやわらかい布でやさしく拭き取りしょう。

自分の手から出た汗や、汚れをゆっくりとキレイに拭き取ってあげる必要があります。葬儀の時に、何か食べたり飲んだりした場合は、結構、手が汚れていて、その関係で数珠も汚れてしまっている場合があります。

油汚れがないか、確かめながら拭くとよいです。そして、保管する時には、房に癖がつかないように、念珠袋などに保管しておくと、いざ使う時に、キレイな状態で使えます。

なお、この時、防虫剤も一緒に入れておくとよいでしょう。急に念珠を使うことになった場合、はやめに念珠の状態を一度チェックするとよいです。

房に癖がついていれば、しばらくかけておくだけで、癖がとれることが多いです。結構癖がついていると、見た目がよくないので、気をつけたらよいです。

最後に

特に若いうちは、念珠を使うような機会が多くのない人が多いので、突然使うことになると慌ててしまうことがあるでしょう。

大人として、最低限のマナーを覚え、慌てることのないようにしましょう。

そして、もしも、失敗してもあまり気にしないようにしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

  • Title

    […]one of our visitors recently encouraged the following website[…]

  • Title

    […]although web-sites we backlink to below are considerably not connected to ours, we feel they may be really really worth a go via, so have a look[…]

  • -->

    関連記事

    結婚指輪の人気デザインについて:ベセル

    結婚指輪には宝石やリング等様々なタイプが存在しており、より自分の理想の結婚指輪を用意するのであれば、デザインに関する知識を知っておかなければなりません。

    いまさら聞けない年金入門|国民年金の付加年金制度とは

    国民年金には、付加年金と言う制度があるのをご存知ですか。 400円と言うわずかな掛け金であるのは確かですが、これを加えて納付することで、意外にも2年で元が取れてしまうと言う魅力ある制度ですので、詳しく …

    部屋探しはいつから始めればいい?狙い目の時期はある?

    新生活をスタートさせる生活環境の変わり目は大体3月から4月と言われ、その時期がピークと言われていますが、2月や3月から部屋探しをしても場所によっては間に合わないことがあります。 いつから部屋探しをする …

    いまさら聞けない年金入門|年金受給額の計算方法

    一般に年金といえば、将来リタイア後の生活を支えるために支払われるものを想像する人がほとんどです。 これは正確には、老齢年金といわれるもので、複数の制度に加入したことがあれば、それぞれ各制度から支払われ …

    余計なものを持たない豊かな暮らし。シンプルライフのすすめ

    最近は生活を縮小し、コンパクトに生きる「シンプルライフ」を目指している人が多いです。 シンプルライフは「自分に必要最低限のもので生活をする暮らし」です。 少し前に断捨離も流行りましたね。 そんな少ない …

    楽天モーションウィジェット