ブラウンベースのファーストールコーデ

ブラウンのファー

スポンサーリンク

何にでも合わせやすいブラウンファーストール

冬のコーデに欠かせない、というより、冬ならではのコーデとしてはファーがありますね。
ファーは冬場専用の特別なアイテムで、おしゃれのポイントにもなってきます。

このファーを手軽に取り入れるためには、ファーストールというアイテムをファッションに取り入れるという方法がありますね。
エレガントな印象のアイテムなので、レディなコーディネートに向いています。

特にブラウンベースのファーコーデのやり方を紹介しましょう。

ファーストールの選び方

ブラウンファーストールの選び方というと、色々なタイプがあります。

代表的なのはやはりドレスと合わせるような幅広いタイプで、ストールというだけのことはあってかなり幅広でボリューム感も出てくるというアイテムです。
このタイプの場合、コーディネートは少々限られてきますが、カジュアルアイテムをちょっとゴージャスに見せるために着る、というのも方法になります。

また、ファーストールの場合はショート丈もあればロング丈もあります。
これは巻きつけてマフラーのように使うこともできるストールですね。

ショート丈はタートルネックのように首元だけを隠し、縦のラインを強調させスリムに見せることができます。
ロング丈の場合は垂らしてIラインを見せるということもできますね。

どちらがいいかということは人によって違いますが、コーディネートでどう着こなしたいか、ということを想定すると自然と答えが出てくるのではないでしょうか。

そして、形が独特なものはそれ一つで十分主張するアイテムになります。
形が独特なタイプの場合、他のアイテムはあまり主張しないシンプルなもので統一するという方法がベターでしょう。
上手に取り入れるためには、あえてファーメインのコーディネートを選んでください。

また、一色で統一されているタイプ、グラデーションや柄が入っているタイプなど、いろいろな種類があります。
統一されている色の場合はシンプルですが、グラデーションの場合は少々巻き方に気を使い、グラデーションを表に出しましょう。
柄が入っているタイプも同様に柄を出したほうが可愛く見せることができます。
細かい模様なら、一色のみのタイプとほぼ同じような感覚で構いません。

ブラウンファーストールのコーディネート

合わせたいコーディネートとしては、ブラウンベースのファーならではの方法があります。

基本的にブラウンはなんにでも合う色となっていますので、そこまで合わせるアイテムに困ることはないでしょう。
ホワイトにもブラックにも合いますし、色々なカラーにマッチします。
このため、ブラウンのファーは出番も多く、色々なシーンで使うことができます。
グレーなどのモノトーンカラーにも良く、また色のあるアウターにも合わせることができて、かなり色々なコーディネートがあります。

実は同系色のブラウンと合わせても可愛いのがファーストールのメリットです。
トップスと同化しがちなところでもあえて違う印象を与えるなんてこともできますよ。
全く同じ色でもいいのですが、微妙に違うくらいの色合いならば避けたほうが無難かもしれませんね。
着こなしとしてはどちらかといえば上品に見えるアイテムなので、その点は気をつけておきましょう。

品よく見せる場合はあえて短めのものやボリューム感がないものを首元に巻くというのも方法です。
防寒にもなりますし、また首元にボリュームを出してよりレディライクに見せることもできますよ。

長めならマフラーのようにしてもいいですね。
ブラウンカラーの場合はちょっと同化しやすいタイプがありますので、トップスがベージュ系なら合うかどうかを選びましょう。

ファーストールの付け方

基本的な付け方としては、首元に巻くというのがファーストールの着こなし方になります。
この巻き方ですが、様々な方法があります。

金具がついている場合は、その金具を使うと一番かわいいというデザインになるように計算されているので、それがおすすめです。
シンプルな取り入れ方法ですが、最もかんたんに着こなせる方法ですね。
結婚式などに着ていけるようなアイテムの場合、肩が出ないような長めの大きめファーもあるでしょう。

一方、金具などがなく、そのままグルグルと巻きつけるだけのシンプルなタイプもあります。
この場合はエディター巻きやマフラー巻きのように、いろいろな巻き方を工夫することで少々与える印象を変える事ができるというアイテムです。
ボリューム感や長さ、与える印象を調整できて、いろいろなファッションシーンに向いています。
もちろん金具つきのものでもあえてそれを無視してぐるぐる巻くのも方法でしょう。

ちょっとおしゃれなパーティーなどにつけていく場合、ピン留めするのも方法です。
ブローチなどで留めるという方法で、巻いた上からさらにピン留めすることでキラキラ感を出し、ゴージャスに見せることができます。
ただでさえボリューム感のあるアイテムなので、その上からブローチをつけるとますます上質感が増します。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

オンもオフも活躍!チェスターコートの着こなし方

新しいアウターを買おうと思っても、どれを選べばよいのか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。 手元に何か1つコートを置いておきたいと考えるなら、チェスターコートがおすすめです。 スポンサーリンク 何 …

肌寒い日に持ち歩きたい羽織もの「ジャケット」

肌寒い時期でも、肌を露出した装いが必要になるときがあります。 例えば結婚式のように、ドレスを着る際には肩を出したドレスが多い為、肌寒い時期でも肩を出した装いをする必要がありますが、そのような場合には、 …

シルバーシューズのおすすめコーデ

ファッションアイテムとしてぜひ取り入れたいのがシルバーアイテムです。 その名の通り銀色のアイテムのことで、その中でも特に取り入れやすいのが靴です。 スポンサーリンク いつものコーデにプラスしておしゃれ …

洋服選びに迷う事がなくなる基本のアイテム!「クラシックな白のシャツ」

白シャツと言うと、着る人を選ばず、どんな場面にも通用する洋服の定番アイテムです。誰でも一枚は持っている事でしょう。 しかし、白シャツにこだわりがある人は、意外と少ないかもしれませんね。当たり前のように …

春一番!雨の日も風の日も乱れないヘアスタイル:崩れにくさNo1のフィッシュボーン

雨の日の湿気で髪がまとまらなかったり、うねってもう最悪なんていう時は、まとめ髪で可愛く過ごしたいですね。 でも可愛いヘアスタイルが上手くできない、簡単にステキに見せるにはどうすればいいの?という不器用 …

楽天モーションウィジェット