ネイビーカラーのファーストールコーデ

ネイビーのファー

スポンサーリンク

最近多いファーストールは、動物の毛皮(リアル、フェイク共に)を使ったストールサイズ(大判)のものが人気です。
リアルファーは特に人気があり、長くて華やかなフォックスファーは特に人気があります。
個体差によって若干色合いや風合いが異なることで、他にはない唯一のファーストールということも人気の理由です。

ファーストールをよく目にするシーンとしてはやはり結婚式でしょう。
肩を出すワンピースに合わせることで、首元にボリューム感が出るので、体の線も細く見えます。
もちろん、保温性も高いので、機能性も抜群です。
ただ、結婚式だけのために使うのはとってももったいないんです!
普段でも取り入れることができます。

ネイビーは差し色におすすめ

冬はブラックのアイテムが多くなりがちで、そこに差し色を持ってくる人もいますが、なかなか上手く差し色を入れるのは難しいものです。

そこでオススメなのが、ネイビーカラー。
ブラックよりも少し優しい印象のネイビーは、個性的な雰囲気も演出できて、ワンランク上のオシャレとして取り入れる人も多く、人気があります。
ニットやパンツでもネイビーのアイテムを持っている人は多いと思います。

例えばネイビーのニットを着て、さらにネイビーのストールファーはあまり上手い取り入れ方ではないのでは…と思われるかもしれませんが、ニットとファーストールは素材や質感が全くことなるので、問題ありません。

この時、ファーの機能として保温性がありますので、ニットは首元が詰まっていたりハイネックのものではなく、少しデコルテが出るくらいの首元が開いたものがいいでしょう。
冬の時期は、外気温と室内の気温の差が大きく、室内では少し首元が開いているニットのほうが、女性らしさも出ますし、ファーも役に立ちます。

そして、少し薄手のコートしか持っていないという女性にもファーストールはオススメです。
秋や春ではベージュカラーのトレンチコートなどが多く、冬はブラック・グレー・ネイビーが多くなります。
そして、あまり厚手でゴワゴワしたコートは着づらいく動きも制限されますし、脱いだ時にもかさばるので、真冬でも薄手のコートを着ている女性も多いのではないでしょうか。

インナーに暖かいものを着ている人も多いと思いますが、結構無防備になっているのが首元です。
首元には太い血管が通っているので、首が冷たい冷気で冷やされると、冷たい血液が一気に体中に運ばれて、あっという間に体が冷えてしまいます。
そのため、ファーストールは女性にとっては強い味方でもあるのです。

結婚式の際にノースリーブのワンピースにファーストールを取り入れているように、あまりゴワゴワしないコートの上にファーストールを合わせることで、首元にボリューム感が出るので、すっきりとした印象が演出できます。

ネイビーファーストールのコーディネート

ファーストールには、ロングサイズのものもあり、ショートパンツにロングブーツを合わせたコーディネートに取り入れることで、よりスタイリッシュでオシャレな印象になります。

大判サイズのものは、ゴージャスな雰囲気が演出できますので、女子会の時などにジーンズとサラッと合わせて参加すると、他の人よりも目を引くオシャレスタイルになること間違いなしです。

大判サイズではなくマフラーのように細く長いものは、二重巻きをすることで、同じく首元にボリューム感が出るので小顔効果も期待でき、少し可愛らしい印象になりますので、デートの際にはぜひ試してもらいたいコーデです!

ワンランク上のコーディネートのポイントは、素材が違うものをシンプルに取り入れることでもあります。

ファーといえばやはりゴージャスなイメージですので、そこにジーンズや革ジャンといった少し男性っぽくハードなものやラフなものを合わせることで、ワンランク上のコーディネートになります。

首元にボリュームが出るので、肩からかける大きめのバッグではなく、出来るだけ小さめのクラッチバッグなどを持つことで、よりオシャレを演出することができます。

ロングヘアーの人は、ゆるいアップスタイルを取り入れることで、あまり気合が入り過ぎていない印象になり、ファーが馴染むスタイルになります。
ショートヘアの人は、耳元に大きめのピアスを取り入れると、首元と一緒にピアスが目に入るので、よりオシャレな印象が与えられます。

そして、寒い時期以外にも取り入れられるのがファーストールのいいところです。
コートを着るには暖かいけれど、ちょっと肌寒い時間帯もあるような日には、ファーを肩や首に巻かずに肩からサラッとかけるだけで、見ている人にとっても暑苦しさもなくオシャレで、もちろん機能もあります。

ファーをきちんと保管することも大切です。
外からホコリの入りにくい洋服ダンスの中に衣類は必ずハンガーにかけて保管しますが、その際前後にかけてある他の衣類に押されないように十分に間隔を取るといいですね。
せっかく素敵なアイテムとして取り入れても毛皮が押しつぶされて毛並みにクセがついてしまうと台無しですので、大切に保管することが大切です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

流行の花柄トップス、おすすめコーディネート

今年流行している刺繍の花柄アイテムは、ヴィンテージ感のあるレトロファッションを、楽しむ事ができます。 小花、大きい花柄、色々なデザインがありますので、パンツやスカートとのバランスをみて選んでいきましょ …

シルバーバッグのおすすめコーデ

シルバーと言うと皆さんはどんな印象をうけるでしょうか? 華やかだけれど、少し派手なアイテムだと思っている方もいるかもしれません。 シルバーの鞄は10代の子が似合うのでは?なんて考えている大人の方もいる …

美人度がUPするアイテムの使い方!~靴~

女性は、靴で美人度を上げることが可能です。 まず、男性より靴の種類が多いですから、選びがいがあり、センスを発揮しやすいです。 また、たびたび映画などの作品に、メインアイテムとして取りあつかわれるほど、 …

お呼ばれに着ていくとい上品な印象になるドレスカラー【マスタード】

ドレスを選ぶとき、せっかくなら「人と被りたくない!」と思うもの。 せっかくのドレスを買っても、ピンクやパステルブルーだと、かなりカラーがかぶってしまう可能性が高いです。ある程度個性があり、なおかつ上品 …

流行の花柄ボトムス、おすすめコーディネート

花柄のボトムスは、派手になりそうで敬遠している方も多いかもしれませんが、合わせ方次第では、簡単におしゃれになれる万能アイテムです。 今季の流行でもありますので、持っていない方は、ぜひこの機会にチャレン …

楽天モーションウィジェット