将来仕事にできそうな趣味:風水

今や、非常に一般的となった「風水」は、個人がおまじない感覚で行うのはもちろんのこと、企業がゲン担ぎの域を超越して用いることも少なくありません。

風水が実際にどの程度の効力を発揮してくれるのかを科学的に証明することはできないまでも、実際に「効果があった」と感じる人が大勢いることが、このような風水人気の要因といえます。

スポンサーリンク

風水を仕事にするためにはセルフプロデュースが大切

もし、将来的に風水に関する仕事をしていこうと思うのであれば、まずは「人脈作り」が必要です。

風水師になる為には、特別な修行を積まなければいけないということはなく、専門的な資格を必要とする訳でもありません。

完全な自称で構わないので、「今日から私は風水師として将来的に仕事をしていきます」と宣言してしまえば、その時点からなることができます。

とはいえ、職業として始めてもやることがなければ収入が得られません。

収入を得るためには、誰かを占って報酬をもらうことが基本になるので、まずは「占いたい人を募集する」ことになります。

今、この手の情報はインターネットを利用して収集されるため、自身のWEBサイトをオープンするなどの方法で広くアピールしていきます。

しっかりとアピールするためには、「真実味のあるWEBサイト(コンテンツ)」が必要不可欠である為、多くの時間をかけてでもしっかりとしたコンテンツを作成することが重要です。

もし、適当なコンテンツを作ってしまうと、一見して信憑性がないと感じる人が増えてしまい、結果的に顧客獲得の足かせとなってしまう可能性があります。

そうなると、将来的な生活どころの話ではなくなります。

将来設計をしっかりとしておかないとダメ

風水師としての仕事をするうえで、しっかりとしたセルフプロデュースの手段を持つことが大切であるとともに、できる限り堅実かつ具体的な将来設計をすることも必要です。

いわゆる「占い師」などと同じで、風水師としての仕事は「相手の心のすきまを埋める作業」に近いものがあります。

風水を用いることで様々なアドバイスが可能になりますが、そのアドバイスがすべて的確に的を射ている訳ではありません。

むしろ、根本的な部分は「大衆に共通する要因」を指摘することになるため、高い技術を身に付けなければ長期的に活動することは困難です。

マジシャンの場合、明らかにタネがあることは周知の事実ですが、それを分かっていてもタネを見破ることができないクオリティにで視線にさらすことが技量に直結します。

誰もがタネを理解しているマジックでありながら、その瞬間を誰も見抜くことができないような単純なマジックが出来る人ほど、長く人気を維持し続けることができます。

占いや風水というジャンルは、明確な「何か」を見せて商売する訳ではありません。

抽象的なものを「話術で具象化」することによって信憑性を持たせ、相手が欲するアドバイス(結果)を提供することが存在価値です。

誰が占ったところで基本的な結果は共通していて、それをそのまま相手に伝えたとすれば、まったく同じ結果になってしまいます。

それでは何の面白みも見いだせないので顧客が支持するわけもなく、人気を得ることもなく廃業となってしまうリスクが高まります。

そうならないためにも、できるだけ具体的なプランを持って行動していくことが大切です。

心理学を学んでおくと実力に反映しやすい

すでに紹介した通り、風水師の仕事は「どれ程うまく相手の必要としている結果をアドバイスすることができるか」の一言に尽きます。

そもそも、風水で占った結果は同じものになる訳ですから、基本的にだれが見ても結果に違いは出ません。

しかし、そのひとつひとつのファクターをどのように認識、理解していくのかは、人によってまったく違います。

例えば、ある部屋の隅に金色の置物があったとして、「金色は金運アップに効果があります」などというアドバイスをしても、持ち主はすでに知っている場合が多くなります。

しかし、金運アップの金色はどの方向に置くとより効果が高いのかということを説明してあげると、「さすがはプロ」という風な評価につながる可能性が高くなります。

更に、細かな組み合わせによって効力がアップするもの、また効力が下がってしまうものを指摘し、その改善方法を的確に指示することが必要です。

その際、どうあってもありきたりなアドバイスしかできないような状況に陥ってしまった時に、心理学に関する知識や技術を学んでおくと、余計なリスクを回避することができます。

当たり前と思えるようなことであっても、伝える方法を工夫すると衝撃的な事実の様に感じられることもあります。

正に青天の霹靂といえるほどの印象を与えることができれば、それが評判に繋がっていきます。

心理学は決して難しいものでは無く、無意識に多くの人が実践していることを具体的に表現しているだけです。

もちろん、非常に高度なテクニックもありますが、そういったテクニックを的確に駆使していくと、風水師としての評判を高めるために役立ちます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-趣味
-

関連記事

宴会で盛り上がる!定番のカードマジックで人気者になろう

宴会を盛り上げて人気者になりたいと思った時に芸事はかかせませんが、いきなり芸を身につけるのは難しいと思う方もいるでしょう。 しかし、簡単に身につけることができる芸というのもあります。 それが、マジック …

ダンスで楽しむ世界!「社交ダンス」を通して学べる文化と歴史

日本では、社交ダンスや競技ダンスに興味を持つ人が増えています。 社交ダンスは、「ソシアルダンス」とも「ボールルームダンス」とも呼ばれます。

家にいるのが楽しくなるインドア派の趣味:ミニチュア集め

インドア派の趣味のひとつとして、ミニチュアの収集というものがあります。 ミニチュアと言っても数多くのジャンルが存在します。 自動車模型であったり鉄道模型であったり、ドールハウスや家具の模型もそうですし …

婚活中におすすめ!鉄道が趣味だと出会いが広がる

鉄道を趣味とする人は近年増えていますが、今までの傾向であれば男性に多く、女性は少数派でした。 しかし、女性の中でも鉄道を趣味とする人は増えています。 婚活中でも始めることができ、意外な出会いも期待する …

手軽に始められる趣味、図画工作は実は極めると奥深い!

小学校や中学校時代に、授業のなかで図画工作を行ったことを覚えている方もおられるでしょう。 それから年月が経ち、いつの間にかその存在すらあやふやになっていることも多いかもしれません。 最近ではその図画工 …

楽天モーションウィジェット