プラモデルやフィギュアの塗装に!ガイアカラーの特徴と使い方

ガイアカラーはガイアノーツ社が販売する溶剤系アクリル合成樹脂塗料です。

乾燥が早く、優れた光沢で知られているラッカー系塗料で、筆塗装だけでなく、エアーブラシ塗装の原料としても利用されています。

スポンサーリンク

アニメ・ゲーム作品の専用カラーもあるガイアカラー

ガイアカラーには、素早く乾燥する、光沢がある、隠蔽力が高いという高性能な特徴を備えており、模型業界では最も多く利用されています。

その理由が塗膜の厚さでしょう。
ちょっとした衝撃程度では表面塗装が、剥がれたりハゲたりしないため、重宝されています。

乾燥までの時間が少ないので、重ね塗りをする作業も効率的に行なえますし、発色が良いため何度も重ね塗りをして乾燥させるという根気のいる手間のかかる作業を省けます。

ガイアカラーは、エアーブラシ塗装にも適した塗料です。
一般的には筆を使って塗装されることが多いですが、ガイアカラーはエアーブラシ塗装にも対応しており、販売されている専用うすめ液と希釈することで簡単に塗装できます。

プラスティック性のプラモデルだけでなく、模型やフィギュアに対応する他、特定の作品に対応したカラー塗料が用意されています。
例えば、セガの人気ゲーム電脳戦機バーチャロンに登場した模型用カラー、装甲騎兵ボトムズカラー、太陽の牙ダグラム、劇場版エヴァンゲリオン、ハイスクール・フリート、新世紀GPXサイバーフォーミュラ、蒼き鋼のアルペジオ・アルス・ノヴァなどの専用カラーが揃っているので、関連するプラモデルや模型、フィギュアなどに最適でしょう。

筆もエアブラシにも対応したガイアカラー塗料の使い方

まず塗料と筆(エアブラシ)、調整スティックやスポイト、塗料皿、キッチンペーパー、パレット、専用うすめ液、マスク、手袋などを用意します。

塗料容器のキャップを開けて、調整スティックで適量をすくい上げ塗料皿に載せ、キャップを閉めます。

希釈の割合ですが、筆塗りの場合であれば塗料1:0.5うすめ液を基本としていますが、最もやりやすい希釈率で行っても構いません。

ガイアカラーは原液でも塗装できますが、粘着性が強いと感じたときはうすめ液を付け足してやると良いでしょう。

乾燥は非常に早くなっており、一筆塗るとすぐに乾燥するので、作業効率を大きく向上させることができます。

ガイアカラーを最もきれいに塗装できるのがエアブラシでしょう。

エアブラシ本体や作業中に塗料などが飛び散るため、専用の作業ブースが必要になりますが、筆塗りと比べると通常カラーからメタリック、クリア塗装まで非常に美しく仕上げることができます。

エアブラシは塗装経験者向けだと感じる方もおられますが、筆塗りのほうが高い経験を有するため、初心者におすすめの方法です。

ガイアカラーをエラブラシで使用する際の希釈率は、塗料1:2~3うすめ液となっています。

この希釈率はあくまでおすすめのものなので、必要に応じて希釈率を変更しして塗装してもかまいません。

エアブラシを使って塗装する際には、マスクをして換気の良いところで行いましょう。

複雑で細かい場所に塗装する場合はマスキングテープや切り分けるためのデザインカッターなどを用意しておくと便利です。

ガイアカラーの高性能なうすめ液を効果的に使おう

ガイアカラーシリーズには専用のうすめ液として、T-01 ガイアカラー用薄め液、T-06 ブラシマスター、T-07 モデレイト、T-09 メタリックマスターがあります。

基本となるのがT-01 ガイアカラー用薄め液で、筆塗りやエアーブラシ用の希釈液として利用するほか、エアブラシの洗浄に使います。

T-06 ブラシマスターは、T-01 ガイアカラー用薄め液にリターダー効果(乾燥を遅くする効果)を蒸したうすめ液で、湿気の多い夏場や雨天の日に利用されています。
湿度のある条件下でエアーブラシをつかって塗装すると、透明が白く濁る白化現象(かぶり)が発生することがありますが、意図的に乾燥を遅らせることで全体を均一化させ、凹凸を減らせます。

T-07 モデレイトには、ラッカー系塗料に含まれている有機溶剤の臭いを消すための香料が含まれているので、特にエアーブラシ塗装作業で生じる臭いの拡散を抑制する効果を期待できます。

T-09 メタリックマスターは、ガイアカラーが独自に考案したアルミの粒子を主な成分としたうすめ液です。
非常に小さなアルミ粒子を塗装することで、美しいメタリックカラーを表現できるようになりました。
エアーブラシを使って塗装するのに向いており、希釈するさいにはすうめ液を気持ち多めにし、エアーブラシの圧力を弱めに設定して作業すると、メカニカルな表面を再現できます。

高性能なガイアカラーの塗料やうすめ液について触れてきました。
乾燥の速さ、発色性、丈夫な塗膜、隠蔽力の高さ、カラーリングの豊富さに加えて、多彩な薄め液を活用することで緻密な作業をサポートします。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フィギュア, ホビー
-

関連記事

よみうりランド開催のコスプレイベント!おすすめの撮影スポットは?

東京都稲城市にある「よみうりランド」では、不定期にコスプレ入場可能のイベントを開いてくれています。 このよみうりランドのイベントが、コスプレイヤーの間では「なかなか使い勝手がいい」「もっと早くに利用す …

日車夢工房の鉄道模型の魅力と特色

日車夢工房は、鉄道模型ファンなら知ってる方も多くいる老舗です。 こちらのメーカーの特色は、新幹線を制作している日本車両という有名なメーカーが、運営を行って鉄道の製品グッツの販売や、様々な鉄道に関する企 …

30~40代男性が懐かしの食玩!ビックリマンチョコの魅力

現在30~40代の人にとって、懐かしくもいまだに輝きを失わずに存在感を発揮しているのが、ロッテのビックリマンチョコでしょう。

フリマアプリ「チケット流通センター」の特徴や使い方

スマートフォンなどで利用できるフリマアプリのひとつに、チケット流通センターがあります。 様々な商品を幅広く取り扱っているのではなく、ライブやイベントなどのチケットのみを、個人間売買できるようになってい …

ワールド工芸の鉄道模型の魅力と特色

ワールド工芸は、主に鉄道模型の製造や販売を行っている日本のメーカーです。

楽天モーションウィジェット