ゲームの代表「ACT」の意味と特徴について

ゲームジャンルのひとつ、アクションゲームについて紹介します。

スポンサーリンク

王道とも言えるジャンル

ACTとは?

最近はRPGにその人気を奪われ気味ではありますが、ACTはゲームの王道とも言えるジャンルです。

キャラクターを操作して技術力でゲーム内の障害を乗り越えていくというのは、自らのスキルを発揮することができるので、思い通りに操作をすることができると非常に楽しいものとなっています。

アクションゲームというと真っ先に思い浮かべられる作品がスーパーマリオブラザーズを代表とするような二次元の作品ですが、これはあくまでもACTのひとつでしかなく、ACTというのは非常に幅の広いものとなっています。

キャラクターを操作するということと、操作の技術力が問われるという部分をおさえていれば、最近人気の格闘ゲームなどもACTの一種とも言えますし、野球などのスポーツに関係するものもACTの一種としてみることができます。

実際にはこれらのものは別の分類分けとされますが、広義の目で見ればこれらもACTの一つということになるのです。

どのような作品にも言えることですが、ある程度の操作技術を求められるものとなっているので、プレイヤーの技術によって先に進めるか否かが変わってくるというのが大きな特徴となっています。

最近の作品の中には、技術が劣る人であっても先に進むことができるような救済措置がとられていることが多く、逆に腕自慢の人はそれに頼らずに先に進めて、誰でも楽しむことができる物が多くあります。

また、最初は簡単で面が進むごとに難易度が増していくという物も多いので、初心者であっても簡単なところから慣れていくことができ、少しずつ上達をしていくことができる作品も少なくありません。

最近は少なくなった二次元ACT

近年はハードの性能も上がり、三次元描写を簡単にすることができるようになったことから、二次元のACTというのは少なくなってきました。

一昔前に主流だった二次元のACTは様々な名作を生み出して、多くのゲーマーたちを熱狂させたジャンルとなっています。

その中でも代表的な存在が「スーパーマリオブラザーズ」であり、この作品があったからこそ、今のゲーム業界が存在していると言っても過言ではないものとなっています。

もちろん、この作品の前にも「パックマン」のような二次元アクションの名作というのはありましたが、一画面の中で完結してしまっていて、広い世界を飛び回るようなことができませんでした。

ところがスーパーマリオブラザーズは、ゲームの世界の中をマリオを操って自由自在に走り回ることができる自由度の高さと適度な難易度が受け、爆発的なヒットを記録することになったのです。

簡単すぎず難しすぎない絶妙な難易度というのは、初心者から上級者まで誰もが楽しむことができるものとなっていて、あらゆるところに隠された隠し要素が探究心をくすぐるものとなっていました。

アイテムを取ることによってパワーアップをするというシステムも初心者を救済するのに役立ち、アイテムを活用するかどうかは自ら選ぶことができるので、より高い難易度を求めたいというプレイヤーに選択権を与えることができるものとなっていました。

このように非常に優れたバランスとシステムがあったことから、発売をしてから瞬く間にその面白さが多くの人に伝わって、二次元ACTの金字塔と言える存在に上り詰めたのです。

時代は三次元ACGに移行することに

それまではハードの性能もあって、三次元のACGというのはほとんど出回ることはありませんでした。

一部、果敢に挑戦をした作品もあり、「ソルスティス」や「ランドストーカー」などは、当時の性能の低いハードでできるだけ三次元の世界を表現しようと様々な工夫が凝らされていました。

それでも本格的に三次元の世界を駆け回るという作品は少なかったのですが、ハードの性能が大きく向上して、ACTも三次元の時代に突入をすることになったのです。

それまでは二次元ACTの代名詞であったスーパーマリオシリーズも三次元化されることになり、NINTENDO64で登場した「スーパーマリオ64」はハードと同時に発売された作品にもかかわらず、非常に高い完成度を持った作品でした。

二次元の世界を駆け回ることができる爽快感をそのまま三次元の世界に移行をした形となっていて、こちらも初心者から上級者まで誰もが楽しむことができる難易度となっていたのです。

初の三次元作品ということで非常に難易度の高い面なども存在をしますが、ゲームをクリアすることだけで言えば初心者でも十分に対応することができるものとなっていて、それに加えてやりこみ要素が非常に深いことから、現代でも高く評価をされる名作となりました。

また、三次元の表現ができるようになったことから、スパイのように敵から見つからずに任務を遂行することを目的とした「メタルギア」や「天誅」と言った新たな作風のゲームも登場をするようになりました。

三次元の時代に移行をしたことでACT自体も大きな進化を遂げて、ゲームの一ジャンルとして現代でも大きな存在感を示すものとなりました。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ゲーム, ホビー
-

関連記事

ボードゲーム「スコットランドヤード東京」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク スコットランドヤード東京はどんなゲーム? スコットランドヤード東京(Scotland Yard Tokyo)は東京を舞台に、逃げる怪盗ミスターXと追いかける刑事たちに分かれて捕物劇を …

SPIRIT DOLLのドールの魅力!お迎え方法は?

中国のドールメーカー、SPIRIT DOLLのドールについて紹介します。

カードゲーム「アップルトゥアップル」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク アップルトゥアップルはどんなゲーム? アップルトゥアップルは言葉のカードゲームです。 勝敗にこだわらず、全員でゲームの過程を楽しむことができます。

トレーディングカードゲーム「ポケモンカードゲーム 」の魅力とは?

ポケモンカードゲームの魅力は、ゲームやアニメに登場するキャラのカードを駆使して対戦するところです。 他にもハマる要素はたくさんありますが、プレイヤーがポケモンを進化させて戦うか、進化しないモンスターを …

少人数からでも使える!東京のおすすめコスプレスタジオ「C-STUDIO」

C-STUDIOは、コスプレイヤーが作ったスタジオで、ワンフロア少人数から定員15名まで撮影ができるコスプレスタジオです。 都営新宿線及び大江戸線の森下駅A6出口から、南東に向かって徒歩約3分で到着す …

楽天モーションウィジェット