ゲームの代表「SLG」の意味と特徴について

ゲームジャンルのひとつ、シミュレーションゲームについて紹介します。

スポンサーリンク

何かをシミュレートできるゲーム

SLGとは?

SLGはシミュレーションゲームの略であり、プレイヤーがすべきことというのは駒を直接操作するのではなく、行動の指示を与えるものとなっています。

例えばアクションやシューティングゲームの場合には、キャラをプレイヤー自身が操作して攻略をすることになりますが、SLGの場合にはキャラに対してどのような行動をするのかというのを指示をして、実際の行動に関してはキャラが自動で行うものとなります。

つまり、戦場で指揮をとる大将のようにゲームの中で仮想的に指示をすることができるものが、SLGとなっているのです。

将棋などはある意味SLGの一種といえるものであり、戦争を駒に例えて仮想的に戦争をシミュレートしているという形になります。

また、SLGというのは必ずしも戦場などをテーマとしているものばかりとは限らず、中には経営であったり地球環境を仮想的にゲームの中で再現しているというものもあり、非常に幅の広いものとなっているのです。

野球やサッカーなどに関してもある意味、それらの競技を仮想的に再現しているといえるので、広い意味で言えばSLGということになります。

しかし、一般的に野球やサッカーを題材としている場合には、選手を直接操作するのではなく自らが監督となって選手を動かすタイプ、あるいは球団を経営するようなものがSLGとして扱われます。

SLGというのは非常に幅が広いものとなっているので、現実的な世界をゲームの中で再現するものもあれば、非現実的なものを仮想的に体験をすることができるものなど幅広く、どれも戦略が重視されるものばかりとなっています。

戦略SLGは王道と呼べるジャンルのひとつ

SLGといえば「大戦略」であったり、「信長の野望」といった戦争を仮想的に再現をしたものが代表的なのとなります。

大戦略は近代の戦争をシミュレートしているものであり、戦闘機や戦車に乗って敵を倒すのではなく、それらのユニットに対して指示を与えて、どのようにして敵を陥落させるのかというのを楽しむゲームとなっており、軍部の大将になることができます。

信長の野望も同様に、こちらは時代が戦国時代となっていて、足軽部隊や騎馬隊など指示して敵を討ち倒し、全国制覇を狙うゲームとなっています。

どちらも指示を出すだけであり、実際の行動は自動的に行われるので、ユニットに設定された数値を元に結果がはじき出されるため、技術というのが求められるものではありません。

そのため、弱小ユニットでも技術があれば相手を討ち倒すことができるということはなく、攻め方が不味ければあっさりと負けてしまったりするのです。

これらのゲームで重要なことは、技術よりも戦略を立てることにあり、相手よりも弱い自軍を率いて、どのようにして相手を攻めれば勝つことをできるのかということを考えるところが面白いところであり、強いユニットを率いているときにはどれだけ被害を最小限に相手をねじ伏せるのかということを考えるのが楽しみどころとなります。

弱いユニットでも攻め方ひとつで勝機が生まれたり、あるいは強いユニットであっても攻め方が不味いとやられてしまうというところが戦略性の高さにつながっていて、やり方ひとつで様々な楽しみ方をすることができるため、戦略SLGはSLGの面白さを存分に引き出したゲームとなっています。

仮想的に経営者になることもできる

経営SLGというのは文字通り、経営をシミュレーションしたものとなり、仮想的に経営者になることができます。

これも戦略SLGと同じぐらいに一般的なものであり、古くから経営をシミュレーションすることができる作品というのは数多く発売されています。

ずばりそのままコンビニの経営をすることができる「ザ・コンビニ」は商品の仕入れやバイトの配置、町内のどこに店舗を建てるのかと言ったことを細く設定して、コンビニの経営をしていくことができます。

「テーマパーク」はこれまた文字通り、テーマパークを経営することができ、アトラクションや屋台などを設置して集客をして利益を上げることが目的となっています。

「ザ・タワー」はビルの経営をすることができ、オフィスや住宅に飲食店や映画館など様々なテナントを設置してビル全体の収益をあげたり、入居者を増やしてビルの経営者気分を味わうことができます。

更に経営者どころではなく、一つの街のトップになることができるものもあり、「シムシティ」は街全体を仮想的に再現をすることができる名作となっています。
商業施設や工業施設を立てたり、道路を引いたり線路を引いたりして街を発展させていきます。
バランスよく配置をしていかないと渋滞が発生したり環境問題が発生したりして、何かひとつに力を入れるとまた別の問題が発生したりと、街を発展させていく難しさを体験することができるゲームです。

このようにSLGというのはありとあらゆるものを仮想的に再現をすることができ、普段は体験をすることができない経営者気分を味わったり、政治家になることができるものも少なくありません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ゲーム, ホビー
-

関連記事

コトブキヤのフィギュアはココがスゴイ!

コトブキヤは1953年に玩具店として設立され、1995年には人気アニメのキャラクターをフィギュア化、その後のフィギュアブームの火付け役となった老舗メーカーです。

プラモデルやフィギュアの塗装に!フィニッシャーズカラーの特徴と使い方

フィニッシャーズカラーは、模型ショップ Automodeli GTの塗料ブランドです。 カーモデル用として販売されていましたが、最近では店頭販売やネット通販でも見かけるようになり、購入する方が増えてい …

いま振り返りたい家庭用ゲーム機の歴史:セガサターン

セガサターンは日本が世界に誇る歴史的なゲーム機といってもいいでしょう。 セガの名前がこれによって、日本だけではなく世界的にも知られるようになったものでもあります。

いま振り返りたい家庭用ゲーム機の歴史:ネオジオ

ネオジオは90年代の格闘ゲーム全盛期を中心に人気を博したゲーム機の1つです。 日本のゲーム機の歴史を語る上で忘れてはいけない、重要な位置づけにある存在です。

いま振り返りたい家庭用ゲーム機の歴史:プレイステーション

プレイステーションは1994年に日本で発売されて以降、世界各国で発売されるようになりました。 据え置き型の家庭用ゲーム機としては、初めて販売台数が1億台を突破したという伝説のゲーム機なのです。

楽天モーションウィジェット