庭がなくてもできる!ガーデニングの魅力と始め方

ガーデニング

趣味としてガーデニングを楽しむ人が増えています。

女性をはじめ、男性にも趣味とする人は珍しくないですし、また幅広い世代から楽しまれているのです。

スポンサーリンク

ガーデニングにハマる人が増加中

ガーデニングの魅力としては、自分で植物を育てることの楽しさを感じられることでしょう。
植物を育てる作業は地道ながらも、日々の成長を実感できるのは毎日の楽しみになります。

きちんと管理をしてあげないと枯れてしまいますので手間がかかるものの、逞しく育ってキレイな花が咲いた時には純粋な喜びを感じられるはずです。

季節を花で感じられる喜びもあります。
その時々によって様々な植物を育てることができますが、時季によって開く花もあり、四季も堪能することができるのです。
植物によって季節を報せてもらえるのは粋なことですし、俗世を忘れた贅沢な瞬間を感じられます。

家庭菜園もできる

家庭菜園で実用性のある趣味にできるのも魅力のひとつです。

ガーデニングは花を育てて楽しんだり、美しい庭にデザインできるなどのメリットもあるのですが、家庭菜園ですと食べられる楽しさも加わります。
実をつけてくれるのも喜びのひとつであり、美味しく味わって堪能することができます。

そして何よりも、自分で育てたことによる安心感があるのも家庭菜園の良いところでしょう。
巷では無農薬で安全な野菜が人気だったりしますが、自分で安心して食べられる野菜や植物を育てることができます。

ですから、子供に安全な食事を食べさせてあげたいなどの理由で家庭菜園をはじめるケースもありますし、非常に実用的な趣味と言えます。

庭がないとやっぱり楽しめない?

ガーデニングや家庭菜園は基本的にスペースが必要ですから、主に一軒家で行われていることが多いです。

そのため、庭がない家やマンション住まいだったりすると、そもそものスペースがないために諦めてしまう人もいるのではないでしょうか。

しかし、ベランダやバルコニーさえあればトライすることもできるのです。
その際にはプランターと呼ばれる容器や鉢を使って行うことになりますが、実際に庭がないところでもガーデニングや家庭菜園をやっているケースは多いです。

あまり広いスペースは用意できないかもしれませんが、それでも棚やベランダの壁を上手く使うなどして立体的にスペースを活用することもできます。

また、むしろあまり広くない方がちょうど良かったりもします。
あまり広くやってしまうと管理が大変ですし、慣れていないと手間によって嫌になってしまう可能性も否定できません。

楽しめないようでは元も子もなく、また狭い方が工夫のし甲斐や本当に必要なものだけに集中して育てられるというメリットもあります。

ベランダやバルコニーで行う際の注意点

まず耐荷重の問題があり、ベランダなどにも重量制限があるのです。

あれもこれも、という具合にいろいろ置いてしまうと、結構な重量になってしまいます。

建物の老朽化などによって、時には大きな事故に繋がる可能性もゼロではありませんので、あまり無理なやり方にならないように注意が必要です。

他にも、壁の外側に鉢を吊るすなども良くありません。

下に通り道がなかったりするのならまだしも、歩道があるところの上に吊るすのは危険です。

マンションの場合ですと禁止行為になっている可能性もありますから、そういった点も確認しながら行うことが大切です。

実践する際のポイントをチェックしておこう

基本的な流れとしては、まず必要な道具の準備から行うようにしましょう。
花などの苗やプランター、鉢、元肥、追肥、軍手、スコップなどなど、まずはこういった道具がなければ始まりません。

ホームセンターや園芸店などで売られていますし、100円ショップでもちょっとした道具も扱っていることが増えていますので、リーズナブルに準備をすることができます。

続いて、植え込みを行っていきます。
プランターや鉢などを利用する場合は簡単に移動ができるために良いのですが、庭に植える場合は配置決めをきちんと考えてから行うようにしましょう。
見栄えも大事かと思われますので、植物ごとの特徴を把握してデザインを考えて植えていくのがポイントです。

植えた後の管理としては植物にもよりますが、タイミングを見計って枝を増やすために摘芯を行っていきます。
成長を促すためにも欠かせない作業であり、放置しておくと上手く育ってくれないこともありますので忘れずに行うようにしましょう。

もちろん水やり作業も必要です。
タイミングとしては土が乾いている時や、プランター・鉢を持ち上げてみて軽くなっている時です。

プランターなどの狭い環境で育てている場合、まだ水分が多く残っている状態で水をあげてしまうと根腐れを起こすこともありますので、そのあたりの見極めを誤らないように要注意です。

無事に成長してくれればキレイな花や実などをつけてくれるはずですから、自然の力と自らの努力の結晶として存分に楽しみましょう。

なお、花の場合はしぼんできた時に花がら摘みや切り戻しというカット作業をしないと、次にキレイに咲かなくなる恐れがありますので、愛で終えた後にはやっておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-

関連記事

お金がかからないコスパ良しの趣味:モデルルーム見学

実際に家を建てる計画が無くても、モデルルームの見学に行くことは可能で、なおかつお土産などをもらえたりなど、お金がかからずコスパが良いだけではなく、プラスになることも多いでしょう。

G-TuneのBTOパソコンの特徴や評判は?

G-Tuneは、BTOパソコンを販売するマウスコンピュータのゲーミングPCのブランドです。 ちなみに、一般用途向けPCはmouse、クリエータ向けPCはDAIVとして販売されています。 マウスコンピュ …

フリマアプリ「オタマート」の特徴や使い方

フリマアプリのオタマートは、アニメグッズを中心に販売されているのが一番の特徴的ですが、登録や出品方法などは他のフリマアプリと変わらず、大変利用がしやすいです。 アニメに興味を持っている人のユーザーが、 …

結構変わってるマニアックな趣味:コスプレ

最近は市民権を得るようになってきたものの、マニアックな趣味といえばコスプレがあります。 誰もが気軽に楽しむことができる趣味の一つになりつつあります。

身体を動かしてリフレッシュできる趣味:自転車

身体を動かすにはもってこいなのが自転車です。 ジムでも自転車が人気となっていることを見れば、自転車がいかに人気のあるものかということが分かります。

楽天モーションウィジェット