ヘルシーなバター「ギー」の健康効果!【脂肪燃焼をサポート】

バターというと、カロリーも高くダイエットには大敵というイメージがありますが、無塩バターから水分とタンパク質を取り除いたGHEE(ギー)は、動物性脂肪の中でも不純物が含まれず、最も純粋な油といわれています。

スポンサーリンク

ギーは、バターなのに痩せると話題

バターから作られるギーは、中鎖脂肪酸が豊富に含まれているのが特徴で、一般的なバターやマーガリンなどに含まれている、長鎖脂肪酸が体内で固まりやすく分解されにくいのに対して、体の中で分解されやすくエネルギーになりやすいという特徴があり、脂肪燃焼効果もあるためダイエットをサポートしてくれます。

また、ギーには、中鎖脂肪酸よりもさらに分解されやすい、酪酸と呼ばれる短鎖脂肪酸も含まれているので、腸内環境を整えて免疫力を向上したり、便秘を改善する効果も期待できます。

さらに、ビタミンAやビタミンEが豊富に含まれていますから、肌を健康に保って、錆び付きを解消する効果もあり、美容のためにも有効な成分といえます。

ココナッツオイルが、美容やダイエットに有効な成分というのは有名ですが、GHEEは、ココナッツオイル同様の中鎖脂肪酸を多く含み、消化を助ける短鎖脂肪酸や、共役リノール酸を多く含んでいますから、アメリカでは今ブームとなっています。

GHEEは、他のオイルやバターと比べると、熱しても活性酸素や有害な物質がでにくく、揚げ物などにも適しています。また、共役リノール酸が多く含まれていますから、蓄積した脂肪を分解して、脂肪を燃焼する働きも期待できます。

脂肪になりにくく、脂肪を分解・燃焼させる働きがあるギーは、注目のヘルシーバターで最高の油といえます。

海外セレブやモデル間で人気のオイル

油というと、体に悪いというイメージがつきものでしたが、バターなのにヘルシーというのがGHEEの特徴です。

最近では、ココナッツオイルに代表されるような、ヘルシーなオイルも人気となっていますが、ギーはそんなヘルシーなオイルの中でも、特に最高のオイルといわれ、海外セレブや有名モデルの間でも注目を集めています。

GHEEは、最近できたものではなく、インドを中心とした地域で古くから使われてきたもので、家庭料理だけではなく、アーユルヴェーダや宗教儀式などでも使われてきました。

原料は牛やヤギ、水牛のミルクで、無塩バターを作ってからじっくりと加熱して溶かしたものを、濾過して不純物を除去したものです。不純物を含んでいませんから、保存しやすく、長期保存や常温保存が可能となっています。

また、なんといっても、GHEEといえばアーユルヴェーダは切っても切り離せません。

アーユルヴェーダは、インドでは5000年以上の歴史を持つ伝承医学で、今ある病気を治療して、病気をよせつけない、健康な心身を作る予防医学の両方を目的とした自然療法です。

そのほかにもGHEEは、宗教的な儀式や結婚式、お葬式などにも用いられ、神聖なオイルとしても珍重されています。

GHEEには、中鎖脂肪酸や短鎖脂肪酸、共役リノール酸、ビタミンA、ビタミンEなどの栄養素が豊富に含まれ、脂肪燃焼や免疫機能アップ、アンチエイジング、消化機能を高める、抗アレルギー作用などさまざまな効果を発揮します。

油というと、体によくないイメージがあり、なるべく油を摂らないようにしている人もいるかもしれませんが、良質なオイルはダイエット効果をあげ、脂肪燃焼をサポートしてくれます。

パワーフードとして注目のギーが持つ効能

GHEEと聞いても、日本ではまだ一般的に知られていませんが、インドではすぐれたオイルとして昔から大切にされてきたオイルです。

味や香りはバターよりも甘みを感じますが、乳製品に対してのアレルギーを起こしにくく、消化機能と免疫力を向上する効能があります。

GHEEには、乳製品特有の成分である酪酸が含まれ、健康な消化活動や排泄活動に役だっています。この酪酸が体内で十分量生成されることで、キラー細胞の生成にもつながります。

キラー細胞は、ウイルス感染細胞やガン細胞などの異物とされる細胞を認識し、破壊する細胞で、これによって健康な免疫力を保つことができます。

また、ダイエットにはオイルの摂取は大敵と思っている女性も少なくありませんが、GHEEには、中鎖脂肪酸や共役リノール酸を多く含んでいますから、脂肪を燃焼してダイエットにも効果的です。

良質な無塩バターが手に入れば、GHEEは自宅でも簡単に作ることができます。

鍋に無塩バターを入れて弱火でバターを溶かし、じわじわと細かい泡がでてきたら、鍋を傾けて鍋底に茶色い沈殿物があり、液体が黄金色になってきたら火からおろして、油こし紙で沈殿物を取り除いたら出来上がりです。

作るのが面倒だという場合には、インターネットでも購入することができます。

GHEEの使い方としては、やけどをしたときに塗れば皮膚の再生が早まり、乾燥肌に塗れば肌をしっとりとさせることができます。

また、炒め物などの料理にも他の油と同じように使うことができ、眠れないときにおでこに塗れば、眠りが深くなるなど、美容やダイエットだけではなく、さまざまな効果があるパワーフードです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

身体を温める野菜【ニラ】

冬にシチューやグラタン、ポトフなど、温かい食事を取ると体はとても温まります。 その逆に、ざるそばや冷やし中華、単純にジュースなどを飲んだりすると体が冷えて、夏にはとてもありがたく感じます。 しかし、こ …

1日漬けるだけ!味噌に漬けると美味しいモノ「牡蠣」

味噌に漬けると美味しいのは牡蠣です。空気も冷えて寒い時期には食べたくなりますし、ふっくらとしていて、ツヤのある見た目は、日本人の食欲をそそります。 ツヤのある状態で膨らみもあるので、生のままでも美味し …

静岡県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

静岡県には、ご当地グルメがたくさんあって、ご当地グルメのために、静岡県を訪れる人も少なくありません。 具体的には何が人気なのか、静岡グルメのオススメを紹介していきます。 とても美味しいご当地グルメの為 …

女性ホルモンを増やす食べ物:ナッツ

女性ホルモンを健全に保つことができる栄養価の高い食べ物の代表格として、ナッツがあります。

身体を冷やす野菜を温める野菜に変える方法【発酵させる】

普段何気なく食べている野菜ですが、実は体を冷やす野菜と温める野菜があります。 もともと体を冷やすと言われている野菜を、温める野菜に変えてしまうほど、発酵パワーは侮れないものがあります。 スポンサーリン …

楽天モーションウィジェット