何回見ても笑える!漫才が得意な芸人と代表のネタ

お笑い芸人の真骨頂はやはりその漫才にあります。
一時期はネタ見せ番組が流行したほど漫才は定期的にブームを起こしています。

今見ても面白いお笑い芸人さんのネタを振り返ってみました。
やっぱりいつみても面白いものばかりです

スポンサーリンク

おすすめのお笑い芸人とそのネタを紹介

笑い飯「奈良県立歴史民俗博物館」

お笑いが好きな方なら笑い飯の名前は何度も聞いていることでしょう。

それまで関西ローカルで活躍していた彼らを一気に全国区にしたのは2002年のM-1グランプリです。
「どっちもボケをやりたかったので、仕方なく現在の形に落ち着いた」という新スタイル「Wボケ」が会場で大うけし、無名の彼らに目線が注がれました。

代表ネタである「奈良県立歴史民俗博物館」は初登場の翌年2003年の作品です。

小学校の思い出として「博物館とかよく行ったな」という話から回想し、博物館でのふたりの行動ボケが披露されるのですが、まずその際の「しゃべる人形」がバカ受けしました。
無表情でありながら、何故か「シルクロード」を口ずさむシュールな姿。それを交互に行い、どんどんボケを積んでいきます。
そして最後は「J文式土器」などの意味不明な単語まで出てくる始末。

笑い飯は他にも2009年のM-1で「鳥人」というネタをやって大ヒットしました。
しかしやはりインパクトが強かったのは「奈良県立歴史民俗博物館」でしょう。
M-1のDVDに収録されていますので必見です。

M-1 グランプリ the BEST 2001~2003 [DVD]

アンタッチャブル「息子の万引き」

漫才よりも体を張ったスタント芸人だったアンタッチャブルですが、M-1には2003年と2004年に出場しています。
実はこの頃は山崎さんがくりぃむしちゅー有田さんの付き人兼放送作家になろうと考えていたりした不遇の時代でもありました。

代表作の「息子の万引き」は、2004年のM-1決勝戦で出したネタです。
山崎さん扮する父親が、CDを万引きした息子を怒るという典型的な漫才でしたが、このお父さんがおかしい!ものすごくボケのお父さんなのです。

非常に印象に残っているフレーズとして、
山崎父「なんだこのモーなんとか、っていうのは」
柴田息子「モーニング娘だよ!」
山崎父「なんでこんなもんあるんだ!」
柴田息子「万引きしたんだよ!」
山崎父「なんだと!?こんなんじゃ、お前の未来はWOW WOW WOW WOWだよ!」
柴田息子「むちゃくちゃ知っているんじゃねえかよ!」
というやり取りが劇的に面白かったです。

このあとさらに山崎さんが「モーニング娘だかモリさんちの娘だか知らんけれど」という絶妙なボケを入れてそれもまた面白いです。
ツッコミの柴田さんは審査員からツッコミの上手さを褒められていました。
こちらもM-1のDVDに収録されています。

M-1 グランプリ the BEST 2004~2006 [DVD]

バイきんぐ「自動車教習所」

M-1がなくなったあと、キングオブコントというお笑いグランプリが開催されるようになりました。
そこで敗者復活から一気に優勝までこぎつけたのがバイきんぐです。

実はこのふたり、実際に出会ったところも「自動車教習所」という運命的なネタです。
「伊集院光のでぃーぶいでぃー」というDVDでは、まだ売れていないふたりが「今度のキングオブコントでこのネタやります」と伊集院光に対してネタ披露していました。
その際、伊集院光は「バカ受けかすごい滑りかどちらかだと思う」とコメントしています。
結果的にはそれまでのキングオブコントでの最高点をたたき出すことになりました。

内容は、西村扮する教習所の生徒が、小峠扮する生徒を見つけ何やら親しげな様子を見せるところから始まります。
小峠には見覚えがないのですが、西村はずっと前から小峠を知っていたようになれなれしく、次第に懐かしい話やトラブルについて話初めます。

次第に明らかになる西村のおかしい言動と、それに困り果て混乱する小峠のやりとりが最高に笑えます。
最後に西村の正体が明らかになるのも見ものです。
キングオブコントもしくはバイきんぐのDVDに収録されています。

キングオブコント2012 [DVD]

爆笑問題「年末時事ネタ」

爆笑問題は必ず年末にタイタンという所属事務所のライブで、今年を総括したネタを行います。

実際、司会業や番組が増えて現在は漫才をする機会がないほど忙しいふたりですが、この年末ネタだけは絶対に欠かしたことがありません。
そしてこのネタはその一年の総括となりますので、長いです。
一本のネタに1時間はかかります。

爆笑問題のおふたりも年々体がしんどくなっているようですが、このときつらいのは実は観客や視聴者も一緒です。
もう全部笑いっぱなしになり、終わるころにはこちらも息が上がっています。

ちなみにこの漫才はテレビ番組「検索ちゃん」でも恒例行事となっています。
こちらは少し短めの20分バージョンで放送されることが多いです。
最近のこの年末ネタはチケット入手がかなり困難なので、最近はテレビのほうを見る人も多いのだとか。

ここでの最高ネタは今回は2017年6月21日に発売が決定した「2017年度版 爆笑問題のツーショット」をおすすめします。
こちらには2016年度の年末ネタが収録されています。
直近の出来事が一番時事ネタで「あったあった」と笑えます。
ここでハマったら過去作品まで一気に見返していくとさらに面白いです。

2017年度版 漫才 爆笑問題のツーショット [DVD]

最後に

現在はお笑い芸人さんのネタもDVDやYoutubeなどで見やすくなりました。
芸人さんはやはり基本はお喋りとネタだということがよくわかります。
気になる芸人さんがいたらすぐにDVDコーナーに直行してみましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-エンタメ, テレビ・動画
-

関連記事

著名人や偉人の半生を描いたオススメの伝記映画3選

映画はフィクションだけではなく、実際の人物を基にした作品もあります。 その中でもおすすめの3作品を紹介します。

実写化が話題になった「寄生獣」の評判は?

人気の漫画「寄生獣」が、アニメ化に続き実写化もされて、染谷将太さんが主演を務めることで話題になりました。 これをきっかけに、原作に興味を持った人も出てきて盛り上がり、CGの出来栄えが良かったことからも …

人間の感情が覗き見できる?おすすめヒューマンドラマ漫画3選

挫折や困難を乗り越え、人々の心の交流を描いた漫画作品を紹介します。

電子書籍サイト「Handyコミック」の特徴とおすすめポイント

Handyコミックはスマートフォンとタブレットに特化したサービスです。 パソコンではなく、AndroidかiOS搭載のスマートフォンやタブレットで書籍が読めます。

最高の一本と評判の映画「タイタニック」の魅力

作品、主題歌、演者すべてが有名となるきっかけとなった映画「タイタニック」は、何年経ってもその人気が衰えることを知らず、不朽の名作の1つとして、世界から認められています。 これは、実在の物語をもとにして …

楽天モーションウィジェット