ドイツのコーヒーを楽しもう


世界中で愛されるコーヒーは国によってどんな飲み方をしているのでしょうか。

ドイツは世界の国別によってコーヒー消費量を調査した結果、消費量が世界第3位というコーヒーをよく飲む国柄と言えます。

スポンサーリンク

ドイツのコーヒー

コーヒーの歴史は深く、ドイツのハンブルクではすでに19世紀末からココアやコーヒー、香料などの世界で最大貿易港としてその名を知られているほどでした。

ドイツのコーヒーの歴史では、まず挽いたコーヒー豆を煮出すところからはじまり、その上澄み部分だけをを飲むトルココーヒー式の飲み方から、次第に布で濾す方法に変化しました。

日本でも家庭で簡単にカフェのようなコーヒーをいただくことができると人気の家電コーヒーマシンですが、ドイツでは一般家庭の多くの方がコーヒーマシンを持っています。

調べによると、家庭の約90パーセントが所有しているほどです。

リューデス・ハイマー・カフェ

ドイツのカフェなどで提供されるコーヒーに「リューデス・ハイマー・カフェ」という飲み物があります。

この名はフランクフルトにある町リューデスハイムの名物コーヒーからきています。

リューデス・ハイマー・カフェはコーヒーにラム酒が加えられているのが特徴です。

また、そのラム酒を入れたコーヒーの上から、たっぷりと生クリームがのせられています。

ラム酒と甘い生クリームの組み合わせが抜群のコーヒーは、お家でも簡単に作ることができます。

最初に砂糖にラム酒を染み込ませます。このラム酒を染み込ませた砂糖をカップに入れ、火をつけるのがポイントです。

ラム酒を染み込ませた砂糖に火をつけることで、アルコールを飛ばすのです。

アルコールを飛ばしたあとにコーヒーを入れます。

最後にその上から生クリームをたっぷりとかければ完成です。

ラム酒を使用しますが、火をつけてアルコールを飛ばしているので、お酒が苦手の方でも問題なく楽しむことができ、ラム酒の良い香りと生クリームの甘さが合わさり贅沢な時間を家にいながら過ごすことができます。

いつものコーヒーの飲み方に飽きてきた方にも最適です。

カフェ・シュナップス

アルコールを楽しみたい方に最適なドイツのコーヒーに「カフェ・シュナップス」という飲み物があります。

シュナップスはドイツ語で、強い酒や火の酒という意味になります。

果物やハーブ、穀物などから作られている果実酒で、アルコール度数は40パーセント前後です。

ドイツではリンゴやプラム、洋ナシやサクランボなどのブランデーのすべてをシュナップスと呼びます。

コーヒーに果実酒を入れて楽しむホットコーヒーで、ぜひ至福のひと時を味わってみてください。

ドイツのアイスコーヒー

ちなみに、アイスコーヒーは世界でも日本特有の飲み物だと知っていたでしょうか?

世界でのアイスコーヒーの普及は低く、日本が誇る飲み方ですので、海外に旅をする方は知っておくと注文の際に便利です。

では、ドイツでアイスコーヒーを頼むと、どんなものが出てくるのでしょう。

ドイツのアイスコーヒー、それは冷たいコーヒーではなく、アイスクリームが乗せられたものが提供されます。

ドイツのアイスコーヒーをお家で作るには以下の材料を準備します。

まずアイスクリームです。アイスクリームはグラスに2すくい程度しか入れないのでたくさん用意しなくても大丈夫です。

チョコレートも刻むトッピングとして使う程度なので少量で十分です。

ホイップクリームも1すくいです。

冷たい珈琲は1カップです。

ドイツのアイスコーヒーの作り方

グラスにアイスクリームを2すくい入れます。そこに冷えたコーヒーをそそぎます。

上から1すくいのホイップクリームをのせてください。

最後に刻んだ少量のチョコレートを散りばめたら完成です。

デザート感覚が強い魅力的なスイーツに大変身です。

パフェ気分で頂くことができ、甘さの物足りないメニューに飽きたらぜひトライしてみる価値ありです。

ドイツはコーヒー好き

ドイツでは大半の人が朝起きた時の目を覚ます飲み物としてコーヒーを愛飲しています。

また、おやつタイムにも欠かすことができない存在です。

ドイツのおやつはコーヒーを飲むことと表現されるほどです。

さらに、自分の好きなようにコーヒーを楽しむのもドイツ流です。

日本ではブラックが苦手だとお子様って感じで見られてしまいがちですが、ドイツではそうではありません。

ブラックもよし、ミルクを入れたり、砂糖をたっぷりと入れたりと好きなように楽しむのです。

イタリアは世界でもエスプレッソなど珈琲が有名ですが、ドイツと近いことから、イタリアの美味しい珈琲豆もドイツでは買うことができます。

ビール大国のイメージが強いドイツですが、実は大のコーヒー好きだというのが事実です。

最後に

多様な飲み方が世界でなされていても、コーヒータイムに家族や友人、会社の人たちと会話をし、リラックスした時間を過ごしたり、ベットから出て目を覚ますなどは世界共通です。

お家でぜひいつもの飲み方をかえてドイツの気分を味わい、これまで以上に楽しいリラックスタイムを過ごすのに役立ててください。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-, , , ,

関連記事

【唐辛子】は脂肪燃焼を促進する力がある!

唐辛子は、ナス科トウガラシ属の香辛料です。カレーやエスニック、中華料理、パスタなど、世界中の料理に用いられています。 唐辛子は、中南米原産で紀元前5000年頃には、食用にされていたといわれます。 メキ …

包丁いらずの時短レシピ:お米料理編

すぐにご飯を食べたい時、お米を使った料理があれば主食と副菜をひとまとめにできるので、時短レシピにもなりますね。

忙しい朝でもお味噌汁があれば大丈夫!お味噌汁のすごい栄養成分!「マグネシウム」

三大栄養素である、炭水化物・脂質・タンパク質は知っていても、マグネシウムとは何だろう? どのような働きをするの? そんな疑問を持つ方は多いのではないでしょうか。

ホームパーティーに最適なおもてなしメニュー:ピンチョスのレシピ

ピンチョスはもともとスペイン料理の前菜として知られていて、オリーブや卵焼きを一口大にして楊枝に刺したり、小さく切ったパンの上にいろいろな食材を飾ったりしてテーブルに出す「おつまみ」的な存在です。

トマト鍋に入れると一層美味しくなる具材:カマンベールチーズ

トマト鍋の具材として、カマンベールチーズを加えてあげると、より一層濃厚で、とろけるような味わいを楽しむことができます。 そんなみんなが大好きカマンベールチーズは、栄養豊富です。カルシウムやタンパク質な …

楽天モーションウィジェット