ドイツ語を通して学ぶ文化と歴史

ドイツの国旗
ドイツ語は外国語の中でも比較的馴染みやすい言語で、大学の第二外国語として講義を受けたことがある人も多いはずです。

世界的には約1億3千万人の人に話されていて、ヨーロッパでは母国語とする人の割合が最も多いポピュラーな言語です。

ドイツ全土とオーストリア、スイスの大部分、リヒテンシュタインでは公用語として使われていて、ルクセンブルクやオランダなどでも学校で習うので話せる人が多く、ポーランドやチェコなど東欧諸国でも意外と理解できる人が多いので、ヨーロッパを旅行するときはドイツ語ができればはるかに多くの文化や歴史に触れることができます。

スポンサーリンク

ドイツの文化や歴史に触れてみよう

ドイツと言えば、美しい城や宮殿、教会などの歴史的な観光名所がたくさんあり、同時にゲーテやシラー、ヘッセなどの作家やニーチェなどの哲学者、ベートーヴェン、バッハ、ヘンデルなど音楽家など文化の面でも魅力的な国です。

ドイツ語を勉強すると、お気に入りのドイツ文学を原書で読んだり、ドイツ語の歌曲の意味が理解できたり、城や教会の名前を訳すことができて観光地への理解が深まったりして、自分の好きなことをより一層楽しめます。

身近にあるドイツ語

身近なところでは、パン屋さんで売っているドイツパンの名前が理解できるようになったり、リュックサック、ダックスフント、バウムクーヘン、ゲレンデなど、普段何気なく使っている単語が実はドイツ語だったことを知って、日本にも文化が流入しているのがわかります。

特に医学の分野ではドイツから入ってきた言葉をそのまま使った単語が多くて、ガーゼやアレルギー、コラーゲン、カフェインなどもドイツ語です。

このように意外と普段の生活でも使われている言葉がたくさんあるので、初めて勉強を始めるときもあまり抵抗なく単語を覚えられるメリットがあります。

文学や音楽がさらに楽しめる

世界の名作を読んだり、クラシック音楽が好きな人は、ドイツ語を勉強すると理解が深まって何倍も楽しめるようになります。

子供のころ、誰でも一度は読んだことがある「赤ずきんちゃん」などの童話もドイツの文化で、「メルヘン」という単語もドイツ語です。

子供向けの本なら、勉強を始めたばかりの初心者でもすらすら読めるのでやる気が出て、現地の子供たちも読んでいる独特のおとぎ話の世界に浸ることができます。

音楽の授業でいつか習ったことがあるシューベルトの歌曲「野バラ」や年末になると必ず流れているベートーヴェンの第九交響曲の「歓喜の歌」の歌詞も分かるようになり、今まで以上に興味深く思えるようになります。

ヨーロッパ方面の旅行に役立つ

旅行好きで、よくヨーロッパ方面に行くなら、文化と歴史に触れるためにはドイツ語は必須といっても過言ではありません。

中世の頃からドイツはヨーロッパの大部分を支配していて、至る所に当時の形跡が見られるので、東欧の国を旅していてもドイツ風の名前があったり、ドイツっぽい建物を見つけたりすることがよくあります。

現地の言葉ができなくて英語も通じないので困っていたら、なぜかドイツ語が通じるというケースも少なくないので、コミュニケーションのために勉強しておくのもおすすめです。

もちろんドイツを旅するなら言葉が理解できると何倍も楽しめるので、現地でコンサートやイベントに行ったり、サッカーの試合を観戦したり、レストランで地元のビールを注文したり、土地の人々と交流するためには初級レベルでもいいのである程度語学の知識を身につけておきましょう。

お隣の国スイスやオーストリアに行く時も同様で、現地の訛りや独特のアクセントを耳にするのも楽しくて、旅がもっと楽しくなります。

フランスやイタリアの一部でもドイツ語を話す地域があるのでいろいろな場面で役に立ちます。

外国語と言えば英語しかないと思っていて、ヨーロッパを旅行するときも英語ができれば十分だと考える人もいますが、せっかく出かけるならその国の言葉ができたほうが本当の文化や歴史に触れられて奥の深い体験ができます。

ドイツ語を学ぶことで世界が広がる

ドイツ語は文法の規則がはっきりしていて例外がほとんどないので、一度覚えてしまえばそれほど難しくはありません。

発音のルールも日本語と少し似た響きなので比較的聴き取りやすく、慣れてしまえば耳に心地よく感じるくらいです。

多くの文学者や詩人、哲学者などを輩出している国なので、ドイツ語で本が読めると読書の楽しみが一気に広がります。

ベンツやポルシェ、BMWなどドイツの車が好きな人、日本人選手も活躍しているドイツサッカーに興味がある人、ビールやワイン、ソーセージなど食事についてもっと知りたい人、クラシック音楽やテクノのファン、世界史が好きで特に西ヨーロッパ史を勉強したい人はドイツ語を通じて趣味や研究の分野をもっと深く追求できます。

最後に

英語やフランス語に比べると言語人口は少なめですが、ヨーロッパ内ではトップを誇り、文化や歴史と大きな関わりのある言葉です。
学んでおけばいろいろな新しい発見があるので、ドイツ語の世界を切り開いてみましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 学習・勉強
-, ,

関連記事

車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:運行管理者

安全輸送の責任者として自動車運転事業者の選任を受けた者として、運行管理者があります。 運行管理者は、事業用自動車の安全運航を管理するスペシャリストであり、国土交通大臣指定試験機関が行う試験に合格した者 …

外国語を学ぶ資格:実用英語技能検定(英検)

語学系の資格の中で、英語の総合力を証明できるのが実用英語技能検定です。

仕事に役立つ英語の資格:実用英語技能検定(英検)

英検という言葉は一度はどこかで目にしたり、耳にしたりしたことのある言葉ではないでしょうか。 学校で進められて受験をした経験がある人も多いのではないでしょうか。 英検はそれだけ規模の大きい検定試験と言え …

介護福祉士になるには?気になる年収は?

現在の日本は世界でも例を見ないほどに急激な高齢化が進み、超高齢化社会として知られています。 しかも核家族化が進んだことで昔のように子どもや孫などと一緒に暮らしている人ばかりではなくなり、一人暮らしの高 …

将来的に独立ができる国家資格「司法書士」

司法書士とは、司法書士法に基づく国家資格で、個人や企業など、他人からの依頼を受けて登記事務や供託事務、裁判事務を行う人の事をいいます。

楽天モーションウィジェット