銀行事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

銀行事務には、いわゆる窓口での事務、裏方としての事務など、同じ事務では全く意味合いの異なるものが存在します。

銀行事務は、銀行事務でもどの役職、役割を担うかによって、おすすめの資格というのが大きく変化します。

スポンサーリンク

聞き慣れない銀行後方事務の仕事

銀行後方事務は、書類のチェックや入力、経理、出納、書類整理などがメインです。窓口業務のように、接客をする機会はあまりなく、窓口業務を支える裏方の役割が強い役目を担います。

銀行事務を目指す人の中には、窓口での仕事をイメージする人が多いですが、実際にはここの役割を担う人も多くおり、求められるものが違うことが考えられます。

正確性、確実性が求められ、いわば事務処理能力がどれだけ高いかが、問われることになります。

しかも、銀行という性質上、間違いは許されません。1円でも合わなければ、合うまで計算が行われるように、書類のミスは許されず、その不備などを指摘するのも大事な仕事です。

パソコンのスキルなども求められており、書類を素早く正確に作る、そして入力も素早く正確に行うということが求められます。

コツコツとした仕事に長け、それでいて日々の同じような仕事に退屈することなく、続けていけるような人は、こうした銀行事務には向いており、特に銀行後方事務は作業の正確性などが問われる、とても大事な役割であることがわかります。

パソコンの資格はもはや必須

パソコンスキルが問われるのは明らかであり、未経験者であってもパソコンの資格を取得していることで、アドバンテージを得ることが求められます。

そうしたものを持っているということは、それだけ扱いに慣れており、多少ブランクがあっても、作業に慣れればすぐに思い出して仕事をすることができます。

このため、資格を持っておくことで、この人はパソコンの扱いに慣れているというのをイメージさせることが可能です。

表計算ソフトや、文書作成ソフトを使いこなせ、誰かに教えられるレベルであれば、銀行事務の仕事は確実にこなすことができます。

資格を取得するにはある程度の入力スピードが求められ、入力スピードを測定するものもあるため、そうしたものを受けるのもおすすめです。すると、さらにイメージがしやすくなり、処理能力の高さをアピールできます。

ただ、こうした資格はもはや必須であり、多くの人は既に持っていることがあります。

ただ、銀行事務として働いてから、スキルアップとしてやっていくのは必要であり、信頼にもつながっていくことになります。

金融に関する資格も取得しておきたい

窓口業務には、様々なものがあります。口座を作りたい、解約したいというのもあれば、金融商品の提案など様々なことをしなければなりません。

そのため、事務的なスキルよりも、金融的な知識をいかに入れておくかが、大事になっていきます。こ

の場合、金融に関する資格を取得しておくことがおすすめです。簿記などのものも必要ですが、ファイナンシャルプランナーなどのものを、取得しておいた方が魅力的に思われます。

窓口業務の技量を測るものとしては、金融窓口サービス技能検定というものがあります。

金融機関の事務処理、コンサルティング業務など必要な知識を筆記、面接で診断するというものであり、未経験者は3級、実務経験を重ねて2級、1級とあげていきます。

3級を持っているだけでも、相当な強みであり、実際に取得している人は少ないため、より確実なスキルとして多くの金融機関で重宝されます。

ほかにも、金融に関するものをとっておけば、それだけ戦力として思われるため、銀行事務をしたい人は取っておいて損はなく、いったん辞めたとしても、再就職の際にも効果を発揮します。

ビジネスマナーに関する資格も大事

窓口では、ビジネスマナーというものが問われ、いわゆる接遇面が求められます。ビジネスマナー実務検定では、ロールプレイングの中でどのようにすればいいのかなどが、出題されることになります。

こうしたビジネスマナーは、教えられるものではあるものの、できれば身に着けておいてほしいと誰もが思う分野でもあります。

それを、ある程度分かっていれば、専門的な指摘に終始することができます。そうした意味でも、とても重要な部分です。

接遇に関するものも、研修などで教えることにはなりますが、最初から知っていればそれだけの見込みも早く、お客さんに対しても徹底できます。

また、そこのスキルアップをしていけば、お客さんに対する評価も上がり、評判も良くなります。

銀行の場合、地元の人に愛されることが大事であるため、そういうことが分かっている人が窓口業務にいれば、いい結果を生むことになります。

パソコンスキルは当たり前に取得し、できれば金融の専門知識を入れておき、それでいてビジネスマナーに長けていれば言うことは何もありません。

最後に

未経験者であっても、パソコンスキル、金融の知識、ビジネスマナーは会得できますが、これらを最初から学んでいれば、銀行事務に関する熱意も伝わりやすく、志望する銀行にも入りやすくなるため、押さえておきたい部分です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-, ,

関連記事

成長の手助けができる!保育・教育に携わる資格「児童心理司任用資格」

児童心理司とは、主に児童相談所等で心理学の専門的な知識に基づいて、子どもやその保護者の心理判断をし、心理学的見地から援助する職員のことです。

フランス語を通して学ぶ文化と歴史

日本人、特に女性の多くは、きっとフランスという国に憧れを持っているのではありませんか? でも、ただフランスへ憧れたり旅行するだけでは面白くない。 ちょっとしたフランス語を覚えてしまって、フランスの文化 …

美容やファッションに関わる資格:カラーコーディネーター検定試験

色は人の生活に密接に関わっています。 その色が与える心理的効果や組み合わせなどを学べる資格が、カラーコーディネーター検定試験です。

スペイン語を通して学ぶ文化と歴史

グローバル化が叫ばれている現代において、日本語だけ話せればいいと考えてしまうのはもったいないことです。 複数の言語を話すことができる人は、それだけ世界を広げることができます。 語学というのは、人間同士 …

パラリーガルの仕事に就きたい人におすすめの資格

パラリーガルの仕事では、法律関係の業務をアシストすることが、役目となってきますので、それらについての知識は、持っておいたほうが良いでしょう。 また、パラリーガルとしての能力自体を問う試験もあり、そちら …

楽天モーションウィジェット