銀行事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

銀行事務は、女性に人気の高い職業で、派遣でもよく募集がかけられています。

仕事内容は、普通の一般事務よりは多岐にわたりますが、未経験でも比較的就きやすい職業ですし、銀行という職場ですので、落ち着いて働くことができるでしょう。

スポンサーリンク

パソコンスキルは必須です

窓口の受付や案内、口座開設、電話対応やデータ入力、融資やローン、投資信託や外貨に関する、業務全般を行うことが銀行事務の主な仕事内容となります。

銀行によって様々ですが、それ以外の仕事を任されることもあるでしょう。専門的な側面もありますが、慣れてしまえばそこまで難しい職業ではないことも事実です。

ただし、直接お金が絡む職業ですので、ミスなく慎重にこなしていくことが、重要となります。銀行事務にも、書類作成や経費精算、ファイリングなどがありますので、パソコンのスキルは必須で、事務処理能力も求められます。

未経験でも働くことはできますが、専門性もあるため、金融関係の就業経験がある人を、優遇している場合もあります。

特に、データ入力ではかなりの正確さを求められますので、数字に強い人のほうが向いていると言えるでしょう。

少しでも計算や数字が苦手な人は、お金が絡むということもあり、ミスをすると大変なことになりますので、銀行事務は避けたほうが無難です。

また、基本的にはコツコツとした、地道な作業が好きな人に向いている仕事といえます。

未経験でも求められる人物像

銀行事務は、窓口業務もありますので、お客様に対して明るく接客をしていくことも必要です。

印象の良い接客をするために、最低限のビジネスマナーや言葉遣いは必要ですし、お客様だけではなく、社内の人とのコミュニケーションも円滑に進めたほうが、効率よく仕事がこなせますので、高いコミュニケーション能力も求められます。

正社員ですと、残業がある場合もありますが、派遣ですと勤務時間も融通がききますので、ライフワークとのバランスもとりやすいと考えられます。

全くの未経験ですと、金融商品や各種サービスを理解し覚えていくのは大変ですが、理解を深めていくことで、スキルアップにも繋がりますので、少しずつ慣れていくことがポイントです。

お客様への柔軟な対応ができ、注意深く几帳面で細やかな気配りができる人が望ましいです。大変神経を使う仕事でもありますが、銀行事務は窓口や書類仕事が主なので、力仕事がほとんどないのがメリットと言えるでしょう。

未経験だと、後方から補助のスタートになりますが、月の終わりや月初めは大変忙しいと言われています。

経験者の方が有利ではあります

金融関係の仕事の経験がなくても、金融に関する知識やそれにかかわる各種資格を持っておくと、有利に働きます。

経験のある人の方が、断然有利となりますが、資格を取得しておくことで仕事の幅は広がりますので、事前に、あるいは働きながらでも勉強しておくといいでしょう。

知識が蓄えられると、経験にも活かしやすいのでおすすめとなります。また待遇面では、経験者と未経験でお給料が異なる場合があります。もちろん銀行にもよりますが、やはり経験者の方が、時給は若干高くなります。

銀行事務は、金銭を扱うという点で資質も必要となり、向き不向きはあると考えられますが、数字が得意で物事をきちんと進めたい人にはかなり向いています。

銀行事務とひとえに言っても、信金などもありますし、支店によっての特色もありますので、どこも全く同じというわけではありません。

そして、いきなり難しい仕事から始めるわけではなく、最初は専門性の低い仕事から任される可能性が高いです。派遣やパートであれば、色々な働きかたが選択できますので、ゆっくり覚えていきましょう。

身につくスキルと将来性

銀行事務によって得られるスキルは、パソコンの他、事務処理能力やコミュニケーション能力がつきますが、知識を高めれば将来的には、さまざまな金融機関で働くことが可能となります。

より専門性の高いファイナンシャルプランナーや、信託銀行事務といった就職も可能ですので、銀行で身についた知識やスキルは、キャリアアップにつなげることができます。

さらに、留学経験があったり語学力を身につけることができたら、外資系の金融機関で就職することも可能です。

外資系も専門性が高く大変ですが、待遇はいいので、語学力があればチャレンジしてみましょう。

見識を広められる、チャンスができます。

各種銀行はまた金融機関で働いた経験を持つことにより、一旦出産などで離れていても、時短勤務のパートなどで社会復帰がしやすくなりますし、経験者ということで重宝される場合がありますので、一度就業したら、そこでしっかり知識とスキルを高めるようにしておきましょう。

経済情勢は、常に把握しておくことをおすすめしますので、経済に興味がある人も向いているでしょう。

最後に

銀行事務は、金銭を扱うので経験者の方が優遇されやすいですが、未経験でも数字が得意で、几帳面な人は資質があるので向いていると言えます。

スキルアップをすれば将来性もあり、信託銀行や外資系で働くこともできますので、チャンスを広げていきましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-, ,

関連記事

クリエイティブなセンスを活かす!ゲームに関する資格「画像処理エンジニア検定」

今は、事務系や技術系、研究関係の仕事をする際にパソコンは必須の道具です。 業務では、文書の作成や表計算などの簡単な作業だけでなく、イラストの作成したり写真などの画像を加工したり、音声や動画を編集するケ …

就活で持っていたい資格「秘書検定」のアピールできるポイント

就活を始めるときには、みな不安を抱えているものです。 これまで社会人として働いた経験がある人も少ないですし、社会の中で必要とされるマナーを、きちんと身に付けているかというと疑問に感じる方もいるでしょう …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:機関当直3級海技士(機関)

海技資格には船舶の部位によって、いろいろな資格があります。 主だったものでは船長・航海士に必要な海技士(航海)と、機関長・機関士に必要な海技士(機関)とがあります。 それぞれ1~6級のランクに分かれて …

今から目指す!将来性のある資格3選

資格の取得を考えるなら、将来性と安定性のある収入が実現する資格を選ぶことが肝心です。 現在は資格の数が膨大に増えているので、これから取得を目指すとしても、どれを選べば良いか悩みがちです。 ただ、将来性 …

傷ついた人を癒す!心理・メンタルケアの検定資格:メンタルヘルス・マネジメント検定試験

この世に資格は数あれど、心の健康に関するものは、決して多くはありません。 それが医学生以外も受験できるものとなると、なおさらです。 しかしながら、今は鬱病の増加などにより社会的にも意識が高まっています …

楽天モーションウィジェット