銀行事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

銀行事務は、女性に人気の高い職業で、派遣でもよく募集がかけられています。

仕事内容は、普通の一般事務よりは多岐にわたりますが、未経験でも比較的就きやすい職業ですし、銀行という職場ですので、落ち着いて働くことができるでしょう。

スポンサーリンク

パソコンスキルは必須です

窓口の受付や案内、口座開設、電話対応やデータ入力、融資やローン、投資信託や外貨に関する、業務全般を行うことが銀行事務の主な仕事内容となります。

銀行によって様々ですが、それ以外の仕事を任されることもあるでしょう。専門的な側面もありますが、慣れてしまえばそこまで難しい職業ではないことも事実です。

ただし、直接お金が絡む職業ですので、ミスなく慎重にこなしていくことが、重要となります。銀行事務にも、書類作成や経費精算、ファイリングなどがありますので、パソコンのスキルは必須で、事務処理能力も求められます。

未経験でも働くことはできますが、専門性もあるため、金融関係の就業経験がある人を、優遇している場合もあります。

特に、データ入力ではかなりの正確さを求められますので、数字に強い人のほうが向いていると言えるでしょう。

少しでも計算や数字が苦手な人は、お金が絡むということもあり、ミスをすると大変なことになりますので、銀行事務は避けたほうが無難です。

また、基本的にはコツコツとした、地道な作業が好きな人に向いている仕事といえます。

未経験でも求められる人物像

銀行事務は、窓口業務もありますので、お客様に対して明るく接客をしていくことも必要です。

印象の良い接客をするために、最低限のビジネスマナーや言葉遣いは必要ですし、お客様だけではなく、社内の人とのコミュニケーションも円滑に進めたほうが、効率よく仕事がこなせますので、高いコミュニケーション能力も求められます。

正社員ですと、残業がある場合もありますが、派遣ですと勤務時間も融通がききますので、ライフワークとのバランスもとりやすいと考えられます。

全くの未経験ですと、金融商品や各種サービスを理解し覚えていくのは大変ですが、理解を深めていくことで、スキルアップにも繋がりますので、少しずつ慣れていくことがポイントです。

お客様への柔軟な対応ができ、注意深く几帳面で細やかな気配りができる人が望ましいです。大変神経を使う仕事でもありますが、銀行事務は窓口や書類仕事が主なので、力仕事がほとんどないのがメリットと言えるでしょう。

未経験だと、後方から補助のスタートになりますが、月の終わりや月初めは大変忙しいと言われています。

経験者の方が有利ではあります

金融関係の仕事の経験がなくても、金融に関する知識やそれにかかわる各種資格を持っておくと、有利に働きます。

経験のある人の方が、断然有利となりますが、資格を取得しておくことで仕事の幅は広がりますので、事前に、あるいは働きながらでも勉強しておくといいでしょう。

知識が蓄えられると、経験にも活かしやすいのでおすすめとなります。また待遇面では、経験者と未経験でお給料が異なる場合があります。もちろん銀行にもよりますが、やはり経験者の方が、時給は若干高くなります。

銀行事務は、金銭を扱うという点で資質も必要となり、向き不向きはあると考えられますが、数字が得意で物事をきちんと進めたい人にはかなり向いています。

銀行事務とひとえに言っても、信金などもありますし、支店によっての特色もありますので、どこも全く同じというわけではありません。

そして、いきなり難しい仕事から始めるわけではなく、最初は専門性の低い仕事から任される可能性が高いです。派遣やパートであれば、色々な働きかたが選択できますので、ゆっくり覚えていきましょう。

身につくスキルと将来性

銀行事務によって得られるスキルは、パソコンの他、事務処理能力やコミュニケーション能力がつきますが、知識を高めれば将来的には、さまざまな金融機関で働くことが可能となります。

より専門性の高いファイナンシャルプランナーや、信託銀行事務といった就職も可能ですので、銀行で身についた知識やスキルは、キャリアアップにつなげることができます。

さらに、留学経験があったり語学力を身につけることができたら、外資系の金融機関で就職することも可能です。

外資系も専門性が高く大変ですが、待遇はいいので、語学力があればチャレンジしてみましょう。

見識を広められる、チャンスができます。

各種銀行はまた金融機関で働いた経験を持つことにより、一旦出産などで離れていても、時短勤務のパートなどで社会復帰がしやすくなりますし、経験者ということで重宝される場合がありますので、一度就業したら、そこでしっかり知識とスキルを高めるようにしておきましょう。

経済情勢は、常に把握しておくことをおすすめしますので、経済に興味がある人も向いているでしょう。

最後に

銀行事務は、金銭を扱うので経験者の方が優遇されやすいですが、未経験でも数字が得意で、几帳面な人は資質があるので向いていると言えます。

スキルアップをすれば将来性もあり、信託銀行や外資系で働くこともできますので、チャンスを広げていきましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-, ,

関連記事

専門職には欠かせない!技術系の資格「酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者」

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者は、法律(労働安全衛生法)で酸素濃度が低くなるような場所(タンク内や窒素などの不活性ガスが充満した所など)、または酸欠の可能性と共に硫化水素中毒の恐れもある場所(下水道 …

がっかり?役に立たない資格

何かを行う際に専門的な知識あるいは能力が必要となる場合、それを取り扱う事の出来る人間を有資格者と言います。 資格には様々な分類がありますが、最も分かりやすい分類として2つあります。 1つは、国家資格で …

健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:健康運動実践指導者

2006年には65歳以上の高齢者が20%を超え、いよいよ高齢化社会に突入しました。 少子高齢化に伴い、今後も高齢者は増える傾向にあり、健康増進のために何かしようという気運が高まっています。 そんな中で …

センスを活かそう!生活に関する資格「インテリアデザイナー」

インテリアデザイナーが関わるのは、住宅だけではありません。オフィスや自動車の中など、様々なところのインテリアを設計してレイアウトします。 インテリアは広い意味で言えば、室内装飾だけではなく、建物の空間 …

学生の時に目指したい資格:管理栄養士

将来、管理栄養士を目指すのであれば、学生の頃に栄養士の資格を取得しておくのがベストです。

楽天モーションウィジェット