グルテンフリーダイエット:十割そばのアレンジレシピ


グルテンフリーダイエット中に麺類が食べたくなったら、十割そばならOKです。

スポンサーリンク

十割そばについて

麦類に含まれるグルテンには、食欲を増す作用があり、また、血糖値を上げやすいという性質があります。
血糖値の上げやすさでは、砂糖に次ぐとされています。

血糖値が上がると、血中にあふれている糖は、脂肪に換えられ蓄えられます。
血糖値が高い状態、即ち血中に糖が過剰な状態というのは、望ましくないからです。

砂糖の害はさまざま指摘されていますが、麦類のグルテンにも、血糖値を急激に上げる性質があることがわかり、その影響が懸念されるようになっています。

そのグルテンを摂らないとなると、パンやパスタ、うどんは諦めることになります。
ラーメンもしかりです。
麺類が好物な場合はつらいところです。

しかし、唯一食べられる麺が、十割そばとなります。
そばは、小麦と混ぜてつくられているものが多く、十割そばはむしろ珍しい存在ですが、グルテンフリーダイエットにはうってつけの食品となりますから、積極的に利用していきたいものです。

そばは、穀類に分類されることが多いものの、たんぱく質が非常に豊富です。
ミネラル類も数多く含まれています。

それに穀類の中で、糖質が少ないほうであるため、小麦のように血糖値の急激な上昇を招くことがありません。

食物繊維を米の8倍も含んでいるため、その点でも血糖値の上昇は抑えられます。

小麦を混ぜたそばでなく、十割そばなら血糖値をさほど気にせず、より安心して食べられます。

グルテンフリーダイエットをして、パンやうどん、パスタの代わりをごはんだけにすると、たんぱく質の摂取量が減ることもあります。
しかし、十割そばならその心配もありません。

米のたんぱく質は6%で、小麦は8%、そばは小麦同様、たんぱく質が8%です。

このように、十割そばは、グルテンフリーにした場合の代用としては、適した食材と言えそうです。

グルテンフリーダイエットのアレンジレシピ

十割そばを食べるなら、かけそば、きつねそば、天ぷらそばなどが定番となります。

そうめんやうどんの代わりに十割そばとするのは簡単でしょう。

ただ、パスタやパン、ラーメンの代わりとなるとなかなかそうはいきませんから、工夫することが必要となります。

パスタやラーメンの代わりに、十割そばが十分使えると感じる人もいるでしょうし、どうもしっくりこないという人もいるでしょう。

味覚と好みの問題ですから、しっくりこないと感じた場合は、他の方法を試してみることです。

パスタやラーメンのソースやスープは、ごはんにかけて食べるようにし、カレーのごはんを十割そばにするという方法もあります。

カレーそば

カレーそばが蕎麦屋の定番となっていることからも明らかなように、カレーとそばはよく合います。

カレーが食卓の定番メニューとなっている家庭も多いでしょうから、カレーと一緒に食べるなら、しょっちゅう食べられそうです。

きちんとだし汁を使ってもいいですし、そっくりごはんの代わりにするだけでも十分食べられます。

カレーはカレーパンやカレーうどんなど、グルテン食品ともよく合いますが、グルテンフリーダイエット中は諦めなくてはなりません。

カレーそばなら、いくらでも食べられますね。

蕎麦屋のメニューを参考にする

十割そばのレシピは、蕎麦屋のメニューすべてが使えるわけですから、数多くあります。

基本的に、夏はそうめんの代わりにできますし、冬はうどんの代わりにできます。

和食の麺類の代わりにするというのが、最も手軽で飽きのこない方法でしょう。

そばには意外に好き嫌いがあり、そば好きが多いとされる東日本でも、皆が大好物というわけでもありません。

そばを好物とする場合は、パスタやラーメンの代わりにも、ごはんの代わりにもできるでしょう。

ただ、それほど好物というわけでもない場合は、和食の麺類であるそうめんやうどんの代わりにすることと、カレーでごはんの代わりにすることが、飽きのこない、継続できる食べ方となりそうです。

あとは、蕎麦屋のメニューにあるようなレシピにするほうが、長続きしやすいでしょう。

ダイエット用でなくても蕎麦は健康におすすめ

そばは、たいへん健康にいい食べ物です。

日本人に古くから親しまれてきて、食の多様化が進んでも、蕎麦屋は常に大繁盛で、ある程度大きな駅ならどこにでもあるほどです。

古来から食べられてきた伝統食が、健康にいい食材だとわかるのは幸運なことです。

グルテンアレルギーがあるように、そばアレルギーの人もいますが、アレルギーを持たない人にとっては、健康にいいことが明らかな食材です。

小麦を精白して粉状にしてから食べる方法は、あいにく糖尿病に結び付くこともあり、影響が懸念されるようになっています。

グルテンの食欲を増す成分も、肥満に悩むことの多い現代人には、不都合なものです。

小麦を混ぜたそばでなく、十割そばであるなら、血糖値の上昇は緩やかなものとなり、タンパク質も多く摂取できます。

また、そばのポリフェノールであるルチンは、毛細血管を強化する働きがあり、老化防止に役立ちます。

積極的に食べていきたいものです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ビューティ, フード
-, ,

関連記事

キノコで菌活しよう!

みなさん、菌活をされていますか? キノコは好き嫌いが分かれがちな食材で、苦手だという方も多いとは思いますが、多くの可能性を秘めたスーパーフードなのです。

肌の潤いを保つビタミンB6は【さんま】で摂ろう!

肌の新陳代謝に欠かせないビタミンB6は、さんまなどの魚に多く含まれています。ビタミンB6は、摂取したタンパク質をアミノ酸に分解し、タンパク質に再合成するのに欠かせないビタミンです。 肌を良い状態に保つ …

花粉症は食べ物で悪化もする!食べると悪化する食べ物「ハム」

暖かい季節が到来する少し前の段階になってくると、鼻水が止まらなくなったり、目が痒くなる、何となく体調が悪いといった症状を訴える人が出てきます。 これらの人の多くが花粉症を発症している状態で、風邪のよう …

甘酒に入れて美味しくアレンジ!【レモンのはちみつ漬け】

甘酒は日本では古来から飲まれており、日本書紀にも甘酒の起源となる飲み物の記述があるほどです。 原材料のお米を発酵させてつくるのですが、お米だけでこんなに甘くなるのと思えるくらい天然の甘さがあり、マクロ …

【いんげん豆】には食物繊維が豊富に含まれている!

いんげん豆は、南北アメリカ大陸の主要作物で、ヨーロッパには、コロンブスの2度目の航海で持ち込まれたとされています。 日本には、江戸時代の前期に、明(みん)からの帰化僧、隠元(いんげん)禅師によって持ち …

楽天モーションウィジェット