グルテンフリーダイエットで食べていい食品:粟のレシピ

粟
グルテンフリーダイエットで食べられる食材は、思いのほかいろいろありますし、粟もそのひとつになります。

スポンサーリンク

粟を使ったグルテンフリーレシピ

栗粥

白米とのヘルシーなお粥にしてもいいでしょう。

粟と白米を洗い3時間水に浸してから、圧力鍋に入れた、水と砂糖を入れたら、20分加熱をします。

蓋を開けてから、今度は弱火で煮込み完成です。

野菜類を入れることで、ビタミンやミネラルの栄養も加わりますので、かぼちゃやにんじんに玉ねぎや長ネギなど、好みで入れて煮込んでも美味しくいただくことができます。

粟ぜんざい

粟ぜんざいならグルテンフリーでもおやつとして味わうことができます。

大きめのボウルに粟を入れて、水を入れて洗い水切りをしておきます。

粟と水と塩を厚手の鍋に入れて、強火で加熱をします。

中身が煮立ってきたら弱火の火力にして、10分間煮込んだあとで、蓋をしたままで15分ほど蒸らします。

好みの器に盛り付けて、鍋やレンジで加熱をした粒あんを添えて出来上がりです。

粟の加熱時には鍋にくっつきやすくなりますので、ヘラでかきませながら、ゆったりと炊き上げていきます。

栗の栄養素について

日本では白米を主食で食べていますが、白米よりもずっと前から栽培されていたのが粟という穀物です。

白米は栄養を削り取っているので、カロリーだけがあるたべものですが、それに引き換え粟の食材は、ミネラルやタンパク質が豊富です。

実は現代の料理にもよくあう穀物であり、何よりもその秘めている栄養価の高さは、もっと日本人が注目をしたいところでもあります。

白米よりも脂質やタンパク質が多いため、医療が弱い人にも向いている穀物です。

意外にも鉄分が法でありますので、普段から貧血気味の人にも嬉しい食材です。

鉄分が多いために粟の穀物は、肌荒れに悩む人にも効果を期待できる食べ物です。

白米と比較をしてみても、カリウムは3倍、マグネシウムは5倍、食物繊維は粟の方が7倍も多く含まれるという実力を持っています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-,

関連記事

まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐に入れると美味しくなる薬味!【タラ】

まだまだ寒い日に食べたい、湯豆腐に入れると美味しくなる薬味、それはタラです。 吐く息も白い季節には、日本人であればなんといっても、心も体も温まる食べ物です。湯豆腐は、あっさりとした美味しさと温かさで、 …

トマト鍋に入れると一層美味しくなる具材:シーフード

冷暖房のきいた会社の中にいると、季節の移り変わりは感じにくいものですが、会社から一歩外に出れば、その変化は一瞬にして感じることが出来るでしょう。 寒い季節になってくると、昼間だとしても、寒さに体を震わ …

お味噌汁を毎日飲むとこんな健康効果が!【胃がん予防】

今は、健康によいと欧米からも期待されているお味噌汁ですが、がん予防にも効果があると研究結果から出ています。

美味しくて健康にも◎紹興酒の効果

スポンサーリンク 健康にもおすすめな紹興酒 紹興酒の効果 食欲が落ちてしまいスタミナ不足に陥りやすい時に飲むと食欲増進効果があります。 人間にはスタミナが必要であり、食事をきちんと食べることが大事です …

採りやすい山菜「つくし」の美味しい調理法

採りやすい山菜として代表的なものが、「つくし」です。採ったけれど、どんな調理法があるのか知らない方もいらっしゃるものです。 春ならではの美味しさを、家庭で気軽に味わってみるのにも簡単に出来ます。ぜひ、 …

楽天モーションウィジェット