グルテンフリーダイエットで食べていい食品:粟のレシピ

粟
グルテンフリーダイエットで食べられる食材は、思いのほかいろいろありますし、粟もそのひとつになります。

スポンサーリンク

粟を使ったグルテンフリーレシピ

栗粥

白米とのヘルシーなお粥にしてもいいでしょう。

粟と白米を洗い3時間水に浸してから、圧力鍋に入れた、水と砂糖を入れたら、20分加熱をします。

蓋を開けてから、今度は弱火で煮込み完成です。

野菜類を入れることで、ビタミンやミネラルの栄養も加わりますので、かぼちゃやにんじんに玉ねぎや長ネギなど、好みで入れて煮込んでも美味しくいただくことができます。

粟ぜんざい

粟ぜんざいならグルテンフリーでもおやつとして味わうことができます。

大きめのボウルに粟を入れて、水を入れて洗い水切りをしておきます。

粟と水と塩を厚手の鍋に入れて、強火で加熱をします。

中身が煮立ってきたら弱火の火力にして、10分間煮込んだあとで、蓋をしたままで15分ほど蒸らします。

好みの器に盛り付けて、鍋やレンジで加熱をした粒あんを添えて出来上がりです。

粟の加熱時には鍋にくっつきやすくなりますので、ヘラでかきませながら、ゆったりと炊き上げていきます。

栗の栄養素について

日本では白米を主食で食べていますが、白米よりもずっと前から栽培されていたのが粟という穀物です。

白米は栄養を削り取っているので、カロリーだけがあるたべものですが、それに引き換え粟の食材は、ミネラルやタンパク質が豊富です。

実は現代の料理にもよくあう穀物であり、何よりもその秘めている栄養価の高さは、もっと日本人が注目をしたいところでもあります。

白米よりも脂質やタンパク質が多いため、医療が弱い人にも向いている穀物です。

意外にも鉄分が法でありますので、普段から貧血気味の人にも嬉しい食材です。

鉄分が多いために粟の穀物は、肌荒れに悩む人にも効果を期待できる食べ物です。

白米と比較をしてみても、カリウムは3倍、マグネシウムは5倍、食物繊維は粟の方が7倍も多く含まれるという実力を持っています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-,

関連記事

肌にいいビタミンCは【ピーマン】で摂ろう!

肌にいいビタミンCは、ほのかな苦みもおいしい、ピーマンでたっぷりと摂ることができます。 新鮮な状態を食べるのが、最もビタミンなどの栄養を取り入れやすいため、千切りでサラダにいれたり、野菜炒めにしたりし …

簡単スイーツ♪【ババロア】の作り方!

つるっとした食感が特徴のババロアですが、なんだか作るのは難しそうという声をよく耳にします。 確かに自宅で作るスイーツというよりは、ケーキ屋さんで買ってきたり、コース料理のデザートで出てきたりするものと …

自宅で作れるチャーハンに入れて美味しくなるもの:ラード

毎日の主食であるご飯を、もっとおいしく食べる工夫として、お店だけでなく各自宅でも普及しているのがチャーハンです。

ホームパーティーに最適なおもてなしメニュー:カナッペのレシピ

気も合う仲間と集まってワインやビールを味わうホームパーティーは、子供のいるママたちやファミリーにも人気です。 ゲストも料理を持ち寄ってホストの負担を減らすこともありますが、それでもホストはおもてなしの …

2017年注目のスーパーフード:大麦

キヌアやチアシードなど、スーパーフードと呼ばれる食材が最近では美容や健康に良いとされスーパーなどでも見かけるようになりました。 そんなスーパーフードが2017年に流行るとされている食材に大麦があげられ …

楽天モーションウィジェット