グルテンフリーで食べていい食品:もちのレシピ


最近、グルテンフリーダイエットという言葉をよく耳にしますよね。

ハリウッドセレブの間で人気に火が付き、日本の有名芸能人も実践しているということでじわじわと浸透しつつあります。

スポンサーリンク

グルテンフリーダイエットとは?

そもそもグルテンフリーダイエットとは一体どんなものなのでしょうか。

パンやパスタ、ピザ、ラーメンが好きで日常的に食べている方は多いと思いますが、これらに共通して使われている小麦にはグルテンというたんぱく質がたっぷり含まれています。

このグルテンを断つ、つまり小麦製品を食べないようにするダイエット法がグルテンフリーダイエットです。

グルテンフリーダイエットは、ダイエット効果だけでなく健康増進にも役立ちます。

パンやパスタなど小麦製品が主食の海外のアスリートは、グルテンフリーの食事を摂るようにしたところ、体が絞れて動きのキレが増し、高いパフォーマンスができるようになったと言います。

グルテンフリーダイエットでは小麦製品を食べることができませんが、逆に言えば小麦を使ったものでなければ食べて良いという訳です。
(もちろんダイエット中なので、グルテンフリーの食材であっても量はほどほどに)

「もち」もグルテンフリーなので食べても大丈夫です。

もちは高カロリーでダイエットの敵というイメージが強いですが、お腹に溜まりやすく、満腹感が長く持続するので上手に使えばダイエットをサポートしてくれます。

お餅を使ったレシピ

もちを使ったレシピをいくつかご紹介します。

ねばトロッ!納豆餅

1・器に納豆と付属のタレ、醤油、小口切りにしたネギを入れ、よく混ぜておきます。
2・もちを焼いて1に入れ、からめて完成です。

北海道・宮城・山形などの地域でよく食べられている納豆餅。
納豆の粘りともちがよく絡んでその味と食感がたまりません。

好みで付属のからしを入れたり、砂糖や大根おろし、おろし生姜を加えるなどバリエーションの多さも魅力です。
納豆と一緒に食べることで満腹感が増し、さらに納豆のたんぱく質が急激な血糖値の上昇を抑えてくれるので、ダイエットには持ってこいの食べ方なのです。

ゴロゴロ具だくさん餅巾着

1・鍋に出汁を作り、しょう油などで味を調えて加熱しておきます。
2・油揚げは1/2に切り、袋状にしておきます。
3・切り餅を1/4、お好みのきのこを油揚げに入るサイズに切り、もやしを洗っておきます。
4・油揚げを開き、切り餅、きのこ、もやしを入れ、最後にうずらの卵を落とします。
5・うずらの卵が流れ出ないよう油揚げの口をしっかりつまようじで閉じ、口を上にして出汁の鍋に入れます。餅がやわらかくなるまで煮て完成です。

これも、もちと一緒に食べると血糖値の上昇を抑えてくれるたんぱく質と食物繊維がたっぷりです。
具だくさんなので少ないもちでも満腹感が得られます。
もやしときのこがお通じの改善をサポートしてくれます。
味わい深い出汁で煮たもちはほっとするおいしさです。

チーズ磯辺餅

1・餅を焼き、海苔を巻いて餅とチーズの間に溶けるチーズを挟みます。
2・しょう油をつけてアツアツのうちに食べましょう。

チーズなんか使ったらダイエット向きじゃなくなるのでは?と思われるかもしれませんが、チーズでボリュームが出るので少量でもお腹いっぱいに感じ、食べる量を抑えることができます。
海苔にはミネラルが豊富に含まれている上に、意外かもしれませんが食物繊維も多いです。
このため、もちと組み合わせるのに良い食材の一つです。
チーズと一緒に大葉を巻きこむとまた違った味わいになって面白いですよ。
料理が苦手な方でも絶対に失敗しないお手軽レシピです。

ボリューム満点鶏おこわ

1・研いだ米、干しシイタケとその戻し汁、酒、しょう油、顆粒だしを入れます。
2・米の分量だけ水を入れます。
3・一口大に切った鶏肉と小さく切った餅を入れます。
4・炊飯器のスイッチをオン。炊けたらよく混ぜて、完成です。

小さく切ったもちを入れることにより、うるち米でもモチモチ感を出すことができ、食べごたえのあるおこわになります。
お通じに良いごぼうやミネラルたっぷりのひじきを入れて炊くのもおすすめです。

サッパリみぞれ餅

1・餅を焼いておきます。
2・麺つゆの濃度を水で調整しておき(大根おろしを入れるので濃い目に)、大根おろしを加えます。
3・1に2をかけ、刻み海苔をかけて完成です。

これも不器用な方でも失敗しないお手軽レシピですね。
大根おろしは胃の調子を整えてくれますし、血糖値の上昇をゆるやかにしてくれます。
柚子の搾り汁や皮を加えるとワンランク上の味わいに。
サッパリして食べやすいので食べ過ぎには注意です!

餅お粥

1・餅を小さく切ります。
2・餅とご飯、水を鍋に入れ、火にかけます。焦げないよう注意しましょう。
3・時々かき混ぜ、溶けた餅とご飯がよく混ざるようにします。餅が溶けたら完成です。

普通のお粥は消化が良い分、お腹がすきやすいと感じる方もいるでしょう。
そんな方におすすめなのが餅お粥です。腹持ちがぐっと良くなって満足度も上がります。
比較的短時間で食感の良いとろとろお粥になります。
梅干しやたらこなど、普通のお粥のように食べてくださいね。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ビューティ, フード
-, ,

関連記事

1日漬けるだけ!味噌に漬けると美味しいモノ「カマンベールチーズ」

年齢と共にお肌にうるおいがなくなってきたとか、基礎代謝が落ちて、体が思うように動かなくなってきたと感じる方、特に女性は、ホルモンバランスの関係もあり、男性よりも衰えを感じてしまうでしょう。 だからとい …

下ごしらえで変わる!漬け込むだけでお肉を柔らかくなるもの:キノコ

下ごしらえで変わるという個性を活かして、漬け込むだけでお肉が柔らかくなるもの、それはキノコです。きのこが、お肉を柔らかくすることを知ったら、早速肉料理に取り入れてみましょう。 スーパーで安売りをしてい …

肌の潤いを保つビタミンB6は【バナナ】で摂ろう!

バナナは甘いから太りそうと想われがちですが、果物の甘みは果糖によるもので、カロリー自体は高くありません。 寧ろ、ビタミンB6をはじめ、豊富な栄養素を含んでおり、高い美容効果が期待できます。 万能フルー …

甘酒に入れて美味しくアレンジ!【オレンジの皮】

日本が誇る発酵食品の甘酒ですが、どうもあの独特の味や香りが苦手だという人も当然ながらいます。 どんなにすばらしい効果のあるものでも、食品である以上おいしく食べられなければ、きちんと体に必要な栄養が届か …

ビタミン溶け込むホットジュースはどんな効果があるの?【ホットリンゴジュース】

栄養が溶け込むホットジュースは、どんな効果があるのか、そんな疑問は、健康と向かい合う上で、良い考え方です。 ホットリンゴジュースにも、ビタミンはたっぷり、おまけに食物繊維もたっぷりです。

楽天モーションウィジェット