グルテンフリーダイエット:フォーのアレンジレシピ


グルテンフリーダイエットでは、ベトナム食材のフォーをレシピに取り入れることは特におすすめです。

素材としてはタンパクな風味になっていますが、逆の意味では他の素材の旨味を吸収しやすい性質になりますから、アレンジ次第で美味しさは無限に広がります。

スポンサーリンク

グルテンフリーダイエットのアレンジレシピ

冷麺

最初に紹介するのは、フォーを基本にして作る冷麺です。

最初に下ごしらえをして、麺をすぐに使える状態に仕上げておきます。

次の段階では、鶏ガラをベースにしてスープを作っていきますが、風味は複雑な状態に仕上げるのが上手に作るためのコツです。

スープには隠し味として魚介系のダシも加えておくと、日本人にも馴染みやすい風味に変化します。

盛り付けの段階では、フォーを深みのある皿に盛り付けて、冷たくしたスープを同時に加えていきます。

具材には蒸した鶏肉と香味野菜を添えれば、フォーを使った冷麺が完成します。

好みで紅ショウガを加えるなどの工夫をしても、風味が素晴らしい状態になりますから、季節に合わせて素材にも変化を与えてみましょう。

市販のスープで煮込む

グルテンフリーのフォーは、忙しいダイエット中でも食べやすいレシピも再現すれば、美味しさも含めて素晴らしい状態で楽しめます。

調理時間を短縮するためには、市販の鍋料理のスープを使うと便利です。

スープを購入しておけば、フォーと具材を合わせて煮込むだけで栄養豊富な鍋料理が完成します。

寒い冬の時期に食べれば、体をポカポカに温めながらダイエットを楽しめることも魅力となります。

スープで煮込むだけで作れるわけですが、最初から濃厚なダシが含まれる状態になっていれば、味を吸着しやすい性質を最大限に活かすことができるわけです。

カレー風味

スパイシーな料理にしたい場合には、グルテンフリーのフォーをカレー風味の麺料理で使ってみてはいかがでしょうか。

この料理は日本のカレーうどんのアレンジになるものですが、グルテンフリーのフォーを主役に使うことで、ダイエット向きの内容に改善することができます。

基本的な作り方はカレーうどんと同じで、最初には麺つゆと一緒に具材を煮込んで、フォーも後から加えていきます。

グルテンフリーの品質にするために、カレー粉だけで風味を整えて、最後にはネギなどの薬味を入れると完成します。

カレー風味のフォーは、スパイスの芳香が魅力的になっていますから、食欲がないときでも食べやすくなります。

豊富なスパイスの中には発汗を促す種類もありますので、ダイエットで新陳代謝を同時に高めたい場合にも作ってみてください。

中華風

フォーを茹でた状態で仕上げておくと、中華料理の春雨のような使い方で楽しめます。

中華料理で炒め物を作る場合には、最後には余計な煮汁が残ることがありますが、片栗粉でとろみを付けて仕上げることがお馴染みです。

もう一つの方法では、水で戻した春雨を加えてスープを染み込ませることがあるわけですが、このレシピをアレンジすれば良いのです。

豚肉とチンゲンサイを香ばしく炒めてからは、オイスターソースなどの調味料を使って味付けをします。

最後にはフォーを加えて肉と野菜のスープを吸わせると、中華風の焼きうどんのような料理が完成します。

この料理はダイエット中にも最適で、オイスターソースの深い旨味で身も心も満足できる内容になっています。

このレシピの応用では、麻婆豆腐にフォーを加えるアレンジをしても、豊穣な旨味が魅力的な料理に仕上げることができます。

沖縄風

グルテンフリーのフォーは、沖縄風の麺料理で使う場合でも素晴らしい実力を発揮する食材です。

沖縄そばの作り方にアレンジを加えて作ると、あっさりとした風味の中にも深い味わいがある美味しさを再現できます。

スープは鶏ガラや魚介系のダシをブレンドして作りますが、澄み切った色合いにするのが上手に作るためのコツです。

具材には豚肉を使ったチャーシューや煮豚を選び、薬味としては紅ショウガとネギを添えると美味しさが際立ちます。

山梨風

もう一つのレシピでは、甘味が豊かなキャベツを具材にして作っていきます。

ダシはカツオをベースにしながらも、昆布も適度に加えて旨味の相乗効果を引き出します。

フォーは最初に茹でてから、冷たい水で洗ってコシを引き出しておきます。

ダシ汁の中ではキャベツと豚肉を一緒に煮ながら、しんなりするまで根気強く待ちます。

次の段階には温めた丼にフォーを入れて、熱々のダシ汁をかければ完成します。

この作り方は、山梨県のうどん料理をアレンジしたものですが、シンプルでありながらも奥の深い美味しさが醸し出されています。

作り方は単純ですが、丹念にダシを取って仕上げれば、本格的な味わいの麺料理に仕上げることができます。

鍋焼きうどん風

フォーのレシピで最後に紹介するのは、鍋焼きうどんの料理法をアレンジしたものです。

このレシピでは土鍋に関西風のダシ汁を入れて、フォーも加えて煮込むことから始めます。

具材には蒲鉾などの練り物を入れて、薬味としてはネギを添えます。

この料理もシンプルですが、最後まで熱々の状態で食べられるために、冬場のダイエットの助けにもなります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ビューティ, フード
-, ,

関連記事

忙しい朝でもお味噌汁があれば大丈夫!お味噌汁のすごい栄養成分!「マグネシウム」

三大栄養素である、炭水化物・脂質・タンパク質は知っていても、マグネシウムとは何だろう? どのような働きをするの? そんな疑問を持つ方は多いのではないでしょうか。

大阪府に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

大阪は、江戸時代の頃から「天下の台所」と呼ばれ、全国各地の食材が一気に集まってきた地域です。 そのため、全国的にもユニークな食文化が発達してきました。 したがって、大阪府へ観光に行けば、現地でしか味わ …

包丁いらずの時短レシピ:手軽にもう一品編

料理を作るときには包丁とまな板を使っていることは多いです。 ですが、包丁いらずの料理を作ることで、気軽にもう一品をテーブルにのせることができます。

基本中の基本をおさらい!卵の美味しい茹でかた!水からゆでて5分で「とろとろ卵」

ゆで卵なんて、お湯にポンといれて待てばいいだけでしょ?なんて軽く考えてはいませんか。 ゆで卵って、実は奥が深いんです。「水から茹でるか、沸騰してから茹でるか」から始まり、とろとろ、半熟、固ゆでなど、出 …

まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐に入れると美味しくなる薬味!【大根おろし】

寒い日には、体が温まるものが食べたくなります。 中でも湯豆腐は、美味しくてヘルシーなので、人気のメニューです。食卓でカセットコンロで温めながら食べるので、冷えた体を温めてくれます。 また、鍋に比べて材 …

楽天モーションウィジェット