ゴルフ初心者の練習法!ゴルフクラブの構え方(アドレス)

ゴルフのスイングの8割は、アドレスとグリップで決まると言われるほど重要なものです。

理想的なスイングを行うためには、正しいアドレスの取り方を覚えなければなりません。ゴルフ初心者のショットに多く見受けられる、ダフリ、トップ、シャンクなどのミスショットの多くは、不安定なアドレスが原因と言っても過言ではありません。

それほど、アドレスはスイングの良し悪しに影響を及ぼすのです。

スポンサーリンク

ゴルフの練習方法|アドレス

ゴルフ初心者ほどアドレスの重要性を知ってほしい

プロゴルファーとアマチュアゴルファー(特にゴルフ初心者)の決定的な違いは、理想的なアドレスの再現性にあります。

ゴルフは、アドレスやスイングなど、動作の再現性がとても大事なスポーツです。いかに確率よく、正確なアドレスをとることができるかにつきます。

ゴルフ初心者は、日によってアドレスにバラツキがあり、結果スイング軌道が狂ってしまい、ミスショットにつながるということになります。

どのスポーツにも言えることなのですが、基本動作の反復練習が最も大切だと言われています。

一流の選手ほど、基本を大切にします。基本を徹底的に体にしみこませてから、自分にあった形にアレンジしながら理想形を追求しています。

基本動作の練習は、面白いものではありません。ゴルフ初心者ほど、すぐに球を打ちたがり、コースにも出たがったりします。その方が、気分爽快になる気持ちはわかりますが、思うような結果がでず、挫折感を味わう結果になってしまいます。

基本をおろそかにしていると、思うように上達してくれません。「急(せ)いては事を仕損じる」「練習は嘘をつかない」「継続は力なり」といわるように、コツコツと積み重ねていく方が、良い結果が得られるということを肝に銘じて練習してください。

基本的なアドレスのポイントを押さえよう

それでは、基本ともいえる、ミドルアイアンでのアドレスの取り方の練習法を紹介します。

まずボールの後方に立ち、ターゲットを確認してから、ターゲットとボールを結ぶ線上に、目印を見つけます(ボールに最も近いところ)。

それからスタンスを取り、胸の前の位置でグリップを完成させてから、真っ直ぐ立った姿勢の状態から、股関節を意識(重要なポイント)するようにして、お辞儀をするように腰から上体を折っていきます。

前傾角度は、約30度(重要なポイント)です。それから、背筋を伸ばし胸を張りながら、アゴを引くようにしてください。

最後に、足の親指側に体重がかかるように意識して、ヒザを軽く曲げます。

次に、両足を肩幅ぐらいに開いて、両ワキを軽く締めるようにしてスタンスをきめます。この時に、肩、ヒザ、足の親指を結ぶ線が一直線になっていれば理想的です。

アドレスをした時の両手の位置は、グリップが左股関節を指す位置にあり、体とグリップの間に、こぶし2~3個の空間があるのが理想的です。

体重配分は、理想では右6:左4ですが、意識し過ぎると右足に体重が乗りすぎてしまいますので、基本的には均等のイメージを持っておきましょう。

次に、クラブのフェース面が開いたり、被ったりしないように注意して、目印に対して直角になるようにセットします。

この時、ハンドファーストになっていればOKです。両足、両肩は、目印とボールを結んだ線と平行になるようにします。

この時に、気をつけることがあります。ゴルフ初心者の多くが、目標地点を見過ぎたり、ワッグル(スイングに入る前の予備動作)をしているうちに、無意識に右を向いてしまうということです。

目標地点を意識し過ぎないようにして、最初のアドレスを信じてスイングすることを心がけましょう。

アドレスにおいて、ボールはどの位置に置くべき?

ゴルフ初心者にとって、悩ましい問題があります。それは、ボールをスタンスのどの位置にするかということです。

ここでは、多くのプロゴルファーやゴルフスクールが推奨する、ゴルフ初心者でも理解しやすい最もスタンダードと言われる理論を紹介します。

ドライバーはスイングの最下点を過ぎたところがインパクトゾーンになりますので、スタンスは肩幅より少し広めにとり、ボールの位置は左足かかと線上にくるようにセットします。

クラブを握る時は、右手の方が左手より下に来るわけですから、右肩のほうが左肩よりも下がり、背骨も右に少し傾く形の方が自然であり理想的です。

ここで、アドレスを確認する簡単な練習法を紹介します。

アドレスをとったら、クラブを両肩にあて両手をクロスさせて当てます。この時、シャフトの左側が高く、頭の位置はスタンスの中央より少しだけ右に傾いているのが理想的な形です。

次に、アイアンの場合です。

アイアンは、ボールの先にスイングの最下点が来ますので、ボールは中央にある方がスムーズにハンドファーストのインパクトが出来ます。

よく、ドライバーはアッパーブロー、アイアンはダウンブローで打ちなさいといわれますが、正しいアドレスさえ出来ていれば、意識しないでも理想的なスイングになっています。

結局は、どの理論もいかに効率良く、正確にハンドファーストのスイングが出来るかということを追求したものなのです。

そして、すべての理論は正しいアドレスの上に成り立っていると言っても過言ではありません。

最後に

ゴルフ初心者の方も、いろいろな理論の練習法を試してみて、自身のフィーリングやフォームに合ったものを見つけてください。

いろいろと挑戦する事で、よりゴルフの奥深さを知り、ますますゴルフが楽しくなりますよ。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

護身術やダイエットにも!合気道で学ぶ武道の世界

日本には、様々な武道があります。 武道というのは、古武道から発展したものです。 相手を制圧する技術に加えて、人格を磨いて完成を目指すものです。 武道の理念については、時代や組織などにより異なるものの、 …

ゴルフスイングの基本をマスター

ゴルフで何よりも重要とされるのが、再現性の高いスイングをマスターすることです。そのためにはかなりの練習量が必要となるでしょう。

ゴルフ初心者の練習法!ゴルフクラブの打ち方(アプローチ)

ゴルフ初心者がコースに出て最初に戸惑いやすいのが、アプローチです。 ドライバーで飛距離を伸ばす練習をする機会は多いですが、アプローチはコースに出るまで行う機会が少ないです。仮に練習を行える環境があって …

大相撲の基礎知識:競技方法

テレビなどで大相撲を見る機会があっても、競技方法やルールをよく知らずに見ている方もいるのではないでしょうか。 大相撲を伝統芸能と見る向きもありますが、基本的にはスポーツであり、競技方法もルールもしっか …

ゴルフクラブでスライス改善|シャフトから

ゴルフは、プレイヤーの技術の良し悪しがスコアに直結するスポーツですが、ゴルフ初心者は、慣れや経験がないため、ボールが狙った通りの軌道を描かないことが多いです。 最初からきちんと、スクールなどに通って、 …

楽天モーションウィジェット