ゴルフ初心者の練習法!ゴルフクラブの打ち方(アプローチ)

ゴルフ初心者がコースに出て最初に戸惑いやすいのが、アプローチです。

ドライバーで飛距離を伸ばす練習をする機会は多いですが、アプローチはコースに出るまで行う機会が少ないです。仮に練習を行える環境があっても、やはり飛距離を伸ばす練習に重点を置いてしまう人が多く見られます。

いくら飛距離を出せるようになっても、アプローチが苦手のままだと、スコアを伸ばすのは困難です。そのため、ゴルフ初心者は意識的にアプローチの練習に取り組まなければなりません。

スポンサーリンク

ゴルフの基本練習|アプローチ

飛距離を意識しすぎていませんか?狙いを定めた練習を!

最初は、短い距離を想定して練習した方が良いです。やはり距離が遠いケースより、近いケースの方が寄せやすいからです。

バケツなどの入れ物を用意して、それを無理なく飛ばせる距離に置いてください。その中に、ノーバウンドで入れることを目標にしてショットを行いましょう。

最初のうちは入らない状態が続くかもしれません。特にこれまで、狙いを定めた練習をしていなかった場合は、難しいと感じるでしょう。

しかし繰り返しているうちに、感覚を掴めることが多いです。これをきっかけにして、狙って打つことを習慣にするのが望ましいです。

長い距離のアプローチを練習したい場合は、バケツなどの入れ物を置けないことも珍しくありません。その場合は、ネットに向けて打つ練習法がおすすめです。

ネットの結び目など何かを目印にして、そこに向けてショットをするのです。この練習のポイントは、ネットはあくまでも通過点ということです。その先にボールが着地することを想像して取り組む必要があります。

ネットに命中させることが目的にならないようにしましょう。

ボールを浮かせるコツを会得しよう!

アプローチでゴルフ初心者によく見られるのは、ボールを浮かせるのに失敗する現象です。

ボールを上手く浮かせられないと、多くの場面で苦労することになります。ゴルフ初心者は、力を入れてショットをすれば、ボールは浮くと勘違いしていることが多いです。

いくら力を入れてもスピードが速くなるだけで、ボールが上方に向かうわけではありません。そのような力任せの練習をしているなら、改善を検討した方が良いでしょう。

イメージとしては、力を入れるのではなく、ボールの背面に傾斜をつけるような感覚で打ち込むと良いです。ボールの上から斜めに打ち下ろすつもりで、前面にプッシュするように打ってみましょう。

その際、スイングのリズムを意識することを忘れてはいけません。肩を大きく回転させるつもりで、ゆったりとしたスイングを心がけると成功しやすくなります。

一方で浮かしたいからといって、すくい上げようとすると失敗しやすくなります。無意識のうちに、そのように打っているゴルフ初心者が多く見られるので注意が必要です。

無理矢理そのような打ち方をすると、ゴルフクラブを傷めることになるでしょう。すくい上げようとせずに、体の重心に意識を集中することがポイントです。

他のショットとは異なり、アプローチの練習では、基本的に体重を移動させないのが望ましいです。寄せたい方向に向けて、わずかに体を傾けるイメージを持つと良いでしょう。

そうすると、トップなども防ぎやすくなるメリットがあります。それでも依然としてアプローチが上手くいかない場合は、ボールとグリップの位置関係を見直しましょう。

芯に当てる練習!正確なコントロールが必要

飛距離を出すショットと違い、アプローチではゴルフクラブを繊細に扱う必要があります。自分の手のように、扱えるようになるのが理想といえます。

そのための練習法として、1本の腕だけでショットを行う方法が効果的です。多くのゴルフ初心者が勘違いしていますが、アプローチにフルスイングは必要ありません。

しかし、ゴルフ初心者はそう言われても力を抜くことが難しいです。そのため、敢えて1本の腕に限定することによって、力を入れにくい状況を作り出します。

どれだけボールを飛ばすのかを最初に決めて、その付近に打ちましょう。1本の腕だけで行うと、ヘッドの重量を強く感じます。その重さを利用することで、力を抜いてショットを行うのです。

芯を外すとボールは狙いどおりに飛びません。しっかり芯に当てることが、この練習法の最大のポイントといえます。

芯に上手く当てられないのもゴルフ初心者に多く見られる悩みです。正確なアプローチを行うには、この悩みを解消する必要があります。

ゴルフクラブをコントロールしやすくするために、普段より短めに持つのがおすすめです。

遠心力が減ってしまいますが、バランスが良くなるので、安定性が増します。そして体の回転を活かして打つことを心がけてください。

アプローチの距離が近いと、回転ではなく、手の振りだけで打とうとしがちです。そうすると手に引っ張られる形でバランスを崩してしまうことが少なくありません。

スタンスを小さくして、テンポよく回転させて打つことが大切です。

適切なスタンスの幅が分からない場合は、握りこぶしの間隔を目安にしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

プロ野球・不滅の記録は?|連続フルイニング出場

プロ野球には、様々な記録が存在します。 近年はデータ収集や、分析の手法が最も発展しているスポーツが野球ということもあり、過去に遡って膨大な数の記録が残っているのが、プロ野球の大きな特徴の1つにもなって …

自分の体だけで登る!ボルダリングとは?

最近人気や話題を集めているものの1つに「ボルダリング」があります。 名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

乗馬の道具はとても買えない…レンタルできる?

乗馬の道具にはさまざまな種類がありますが、大きく分けると2つあります。 馬に使用する道具(馬具(ばぐ)と言います)と、乗馬する人が使用する道具があります。 今回はこの2つについて、見てみましょう。

水泳が上達するための練習メニュー

水泳の上達といっても、初心者の人はクロールで泳げるようになる、痩せたい、学校でいい格好をしたい、記録会で結果を出したいなど、人によって大きく異なります。 つまり、みんなが同じような練習をすれば、それで …

ゴルフスイングの基本をマスター

ゴルフで何よりも重要とされるのが、再現性の高いスイングをマスターすることです。そのためにはかなりの練習量が必要となるでしょう。

楽天モーションウィジェット