ゴルフの基本知識:ゴルフの基本ルール「グリーン上でマークをしないでボールを拾う」

ゴルフにおいて、グリーン上というのは非常に繊細な場所です。

それまでパワーを主としてプレーしてきた人であっても、グリーン上では慎重にならざるを得ませんし、それだけ精神を研ぎ澄ますことが必要になります。

ゴルフ初心者の場合は、そこまでの精神状態になることはあまりないかもしれませんが、グリーン上には、他の場所よりもさらに細かいいろいろなルールがあるということは、理解しておく必要があるでしょう。

スポンサーリンク

ゴルフの基礎知識|グリーン

ゴルフ初心者のためのグリーン上のルール

ゴルフ初心者は、テレビのプロの真似をしがちでしょうが、見よう見まねでプロのやっていることをやると、マナー違反になったり、よく似た行動をしたとしても、実はそんなことをするとルール違反ということもあるのです。

例えば、プロの多くはグリーン上で腰を落としたり、クラブを垂直に支えてみたりしています。これはラインや芝目を読んだり、あるいは単に心を落ち着けようとしている行為なのですが、心を落ち着けるのはともかくとして、ラインや芝目を読むのに、ゴルフ初心者がプロと同じようなことを延々としても、あまり意味はありません。スムーズにプレーすることも重要なのです。

ゴルフ初心者にとっても常識に近いようなことでしょうが、パターで芝を叩いたり、ならすなどといったことはやってはいけません。もちろんパターではなく、他のクラブであっても、あるいは手であっても同じことです。

そして、コース上のほかの場所とは異なって、グリーン上ではルールとして、マークしてボールを拾い上げるということが認められています。これはどういうものか、そしてどのようなルールがあるのかをこれから説明していきましょう。

グリーン上ではマークしてボールを拾う

テレビ中継などでもおなじみの光景かもしれませんが、グリーン上にボールが乗った場合に、何かコインのような小さなものをボールのそばに置いたうえで、自分のボールを取り上げているプレイヤーをよく見かけます。

見かけますというか、普通に皆そのようにしています。これはマークという行為であり、ルール上も定められた行為ですが、別にこのようにマークして、ボールを取り上げないといけないわけでは決してありません。

要は、グリーン上では慎重になり、精神を研ぎ澄ます必要があるために、自分のボールをパッティングする際に、他の人のボールが視野に入ることで気が散ることを防ぐためのものです。

ですから、別にマークすることは必須ではないものの、他のプレイヤーの視線に入るなど、プレーの妨げになりそうなときはマークしてボールを拾い上げるべきですし、もし自分のプレーの邪魔になる位置に他のプレイヤーのボールがあるときには、マークしてボールを拾い上げるように要請することができます。

マークをする理由は考えれば明らかでしょうが、要は自分のボールのあった位置が分からなくなってしまうことを避けるためです。いわば目印です。マークのために使うものは、別に何でも構いません。

多くは、小さめのコイン程度の大きさで、地面に固定しやすくするために短い足のついた、扁平なコマのような形をしたものが多いです。材質や色にも特に制限はありませんし、ゴルフ用品店やゴルフ場では、多種多様のマーカーが売られています。

別に他人とたまたま同じものになっても全く問題はありません。要は目印であり、場所が分かる限りは何でもよいのです。

もしもマークせずに、ボールを拾うと

ゴルフ初心者であっても分かることでしょうが、もしもマークをせずにボールを拾い上げてしまうと、普通に考えて自分のボールがどこにあったのか分からなくなってしまいます。

微妙な芝や地面の形などで覚えていられるといっても、ちょっと難しいでしょう。

ということで、ルール上も、マークせずにボールを拾い上げることはペナルティとして明確に記載されています。1打罰になります。

ゴルフ初心者は、グリーン上ではボールを拾い上げることができるということだけ知っていたりして、ついついうっかりとマークせずにボールを拾い上げてしまうこともあるかもしれませんが、これは単なるマナー違反ではなく、ルール違反となりますから注意しましょう。

ちなみに、他のプレイヤーのボールが、自分のプレーの邪魔になるときには、そのボールをマークして拾い上げてもらうことができると述べましたが、あくまでそのプレイヤーにやってもらう必要があります。

いくら邪魔になるからといっても、自分で勝手に他人のボールを拾い上げるのはルール違反です。

また、もしかすると相手によってはボールを拾い上げて欲しいと要請しにくい人がいるかもしれません。職場の上司であったり、接待ゴルフなどで取引先とプレーするような場合です。

相手が気を利かせて自主的に取り上げるべきなのですが、もちろんそのままプレーしても別に違反にはなりません。

ただし、自分のパットしたボールが万一他のプレイヤーのボールに当たってしまった場合は、当てられた相手ではなく、パットした自分のほうが2打罰のペナルティとなってしまいますから注意しましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

水泳の基礎知識:水泳用品 ~ セーム ~

水泳をしている人を見ると、何やらカラフルで小さい布を持っていることがあります。 これは「セーム」と言って、水泳用品としては定番の便利なアイテムです。

ストレス解消や気晴らしに最適!ジョギングの魅力と効果

運動をして汗を流すことは気持ちの良いことです。 ジョギングにハマる人に意外と多いのが、それまで本格的に運動をしたことがなかったり、むしろ体を動かすことが苦手、というタイプです。 運動が気持ち良いという …

フィギュアスケートのルール:ショートとフリープログラムの違いについて

テレビでも、見たことがある人が多いかもしれないフィギュアスケートには、ショートとフリーの2つがあります。 もともとは、コンパルソリーがありました。 氷の上に描かれた図形の通りに滑るというものです。これ …

フィギュアスケートのルール:男子シングルのショートプログラム

フィギュアスケート、男子シングルのショートプログラムには様々な規定があります。 フリーとは違い、規定にそった技の要素を必ず入れなければなりません。

男子スケーターはイケメンばかり!イケメンスケーターTOP10

かつては女子にばかり話題をさらわれていた男子フィギュアスケートですが、今やその人気は互角、いやそれ以上といっても過言ではないほどの盛り上がりを見せています。 男子フィギュアスケートに若く才能ある日本人 …

楽天モーションウィジェット