ゴルフ初心者の練習法!ゴルフクラブの握り方(グリップ)

ゴルフ初心者がゴルフの練習をするときには、握り方すなわちグリップを覚えるところから始めることが大切です。

レベルに合わせて、様々なグリップを試すのは悪いものではありませんが、ゴルフ初心者は、最初に正しい握り方を理解しておかなければ、いくら練習をしても意味がなくなってしまいますから、練習法を覚える前に、グリップを覚える必要があるのです。

スポンサーリンク

初心者の練習方法!|グリップ

ゴルフ初心者は握り方を覚えるところから

グリップには、大きく分けて三種類の方法があり、それぞれに長所と短所があるので、それを理解した上で、どの握り方にするのかを決めると上達しやすくなります。

どのようなグリップが良いのかというのは、人それぞれ変わってくるので、一概に言えるものではありませんが、基本を抑えておくというのは、重要な事になるので覚えておいて損はありません。

一番しっくりと来る方法を選ぶのも良いですし、多くの人が選択をしているグリップを選択すれば、練習法などを選ぶときにも役立ちますから、どれも同じぐらいの感じというのであれば、他の人とあわせて見るというのでも良いでしょう。

たかがグリップとゴルフ初心者は思ってしまいがちですが、握り方が少し違うだけで、打球の行方というのは大きく変わってくるものですし、おかしな握りをしていれば、どれだけ優れた練習法を取り入れていても、意味がなくなってしまうので、グリップというのは非常に重要なものになってきます。

ただ握ればいいだけと思うかもしれませんが、クラブの握り方というのは、少し特殊なものとなっているので、握り方を覚えるところが上達の第一歩となるのです。

3つのグリップさえ抑えておけば、ゴルフ初心者もすぐに上達をすることができます。

万人に向いているインターロッキング

グリップの中で、最も万人向けとされる握り方のひとつが、インターロッキングとよばれるものです。

これは、右打ちの場合には、左手の人差し指と右手の小指を絡めるようにして握る方法であり、利点としては、右手の力を使いやすく、スイングもコントロールしやすいため、非力な人でも振りやすい打ちやすい握り方となっています。

欠点としては、指と指を絡めているので、その分こすれることになってしまい、皮が剥けてしまったり、マメができやすいというものがあります。

特にゴルフ初心者の場合には、その傾向が顕著になりやすいものなのですが、慣れてくると平気ですし、痛かったり豆ができるというのは、スイングに問題があったり、変なところに力が入っているからという証明でもあるので、問題点をはっきりさせやすいという利点があります。

力がなくても振りやすいということで、女性や非力な人であったり、高齢者向きの握りということになりますが、スライスを解消しやすい握りでもあるので、男性であっても有効的なグリップとなっています。

初めての場合には、指を絡ませるということに対して違和感を持つかもしれませんが、グリップの基本となるものだけに、ここから慣れていったほうが後の上達も早くなるといえます。

もちろん、この握り方に拘る必要はありませんから、インターロッキングはいまいち合わないという人であったり、他の握り方のほうがしっくり来るという場合には、そちらを選んでも問題はないので、基本的なグリップのひとつだということを理解した上で、相性が合わないのであれば、他の方法を試してみるというのが一番です。

他の基本となる二種類の握り方について

インターロッキングは、万人向けで誰もが扱いやすい握り方のひとつですが、プロで最も多い握り方がオーバーラッピングです。

これはインターロッキングと大きく握り方が変わるわけではありませんが、違いというのは、小指を絡ませるのではなく、人差し指を小指にかぶせるように握る持ち方となります。

右打ちの場合には、右手に力が入りすぎることを防ぐことができるので、左手主導のスイングとなって、その結果として飛距離が出やすいという利点があります。

その一方で、右手の力が使いづらいという欠点があるので、女性や非力な人の場合には逆に飛距離が落ちてしまうこともありますし、コントロールが難しくなってしまうこともあるので、インターロッキングと両方試してみて、打ちやすい方を選んで練習をするのが良いでしょう。

最後に初心者が一番最初に自然と思いつく握り方として、テンフィンガーと呼ばれるものがあり、これは別名ベースボールとも呼ばれます。

その名前の通り、野球のバットを握るように持つ握り方なので、ゴルフ初心者は最初にこの握り方をしがちですが、この握り方はゴルフという競技を考えると、少し特殊な方法となるので、あまりゴルフ初心者に向いている握り方ではありません。

力が入れやすいので、非力な人でも振りやすく力がある人は飛ばしやすいのですが、制御が難しいという欠点があり、一見すると、ゴルフ初心者向けに思われますが、逆に扱いが難しい握り方となっています。

ただし、絶対にゴルフ初心者には向かないかというとそうでもなく、個人にとってあっているかどうかが問題なので、一番打ちやすいと感じるのであれば、テンフィンガーでも問題はありません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-,

関連記事

ゴルフ初心者の練習法!ゴルフクラブの振り方(スイング)

ゴルフとは、言うまでもなくゴルフクラブをしっかり握って、ボールにミートさせるスポーツです。 一見、基本的で何のコツもないような動作ですが、実はこの握るという動きこそが、ゴルフ初心者にとって非常に重要と …

ゴルフ上達のための練習方法を見直す

ゴルフを経験したことがある方も多いと思われますが、多くの人は100を切れずにもがいている事でしょう。また、シングルプレイヤーと言われる上級者の人たちはかなりの少数派となります。上級者の多くは、毎日のよ …

初めの一歩!ジョギング初心者の心構え

新しいことを始める場合、気持ちだけで続けるのと、計画的に取り組むのとでは、心構えや継続に差があらわれます。 これは走ること全般、所謂ランニングにも当てはまるので、ジョギング初心者は心構えを学ぶ必要があ …

ゴルフクラブでスライス改善|フェースから

ゴルフで、よく見られる悩みの1つとして挙げられるのが、スライスです。 右打ちの方の場合、ボールを打ち出した後に、大きく右に曲がってしまう球筋がスライスです。

プロ野球・不滅の記録は?|シーズン最多投球回

プロ野球の長い歴史の中で、今なお破られることがない記録というのは、多数ありますが、シーズン最多投球回というのも、そのひとつとなります。 どのようなスポーツでも言えることですが、創世記の頃というのは、選 …

楽天モーションウィジェット