ゴルフの基本知識:ゴルフの基本ルール「空振り」

ゴルフ初心者がラウンドをしているときに、よくやりがちなミスの一つが「空振り」です。

これは、文字からもわかるように、ボールを打とうとして、スイングをしてもクラブがボールに当たらないことを指しますが、ゴルフでは空振りはストロークをしたとみなされて、1打加算されるのがルールとなっています。

もし、第1打で空振りをしてしまった場合は、次は2打目としてボールを打つことになります。

スポンサーリンク

ゴルフの基礎知識|空振り

スイングの動作が空振りとみなされると1打扱いとなるのがルール

空振りと一緒に取り扱われることが多いのが「素振り」です。

素振りは、ボールを打つ前にスイングを確認することで、こちらは1打扱いとはなりません。

素振りと空振りの違いは、本人にボールを打つ意思があるかどうかですが、この曖昧な違いが、時としてプレイヤー本人と一緒にラウンドしている人の間で見解の相違をうむ場合があります。

例えば、スイングの確認を行った位置がボールからあまりにも近かった場合、本人が素振りだと認識していても、周りで見ているプレイヤーの中に空振りとみなした人がいると、仲間内でラウンドしているときだと、その人との間で言い争いにある可能性があり、大会出場中だと、一緒にコースをまわっている人から競技委員に申し立てられる可能性があります。

プレイヤーは、周りにいる人から異議を申し立てられることのないように、素振りはボールから少し離れた所でおこなうようにしましょう。

また、誰も周りで見ている人がいないからといって、空振りをした分をスコアに加算しないのは不正行為にあたります。

大会でこのような行為を行うと、過少申告とみなされて、失格となってしまうので、絶対に行わないようにしましょう。

スイングを空振りしてしまった後の行動にも注意が必要

ゴルフ初心者は、空振りをした後の行動でも、ルール違反に該当するミスを犯してしまうことがあるので注意が必要です。

例えば、ティーショットを打とうとして空振りをしてしまった後は、ボールがティーの上で静止しているのであれば、そのまま2打目として打てば良いですが、静止していたボールが風圧で動いてしまい、ティーから落ちた場合は、落ちたボールが静止した位置から2打目のプレーをしなければなりません。

もし、ボールを手で拾ってティーに戻してしまうと、ルール違反となり1打罰が科されてしまい、次のプレーは3打目となってしまいます。

一方で、素振りをしているときにボールがティーから落ちた場合はペナルティーは無く、ティーアップからやり直すことができます。

また、空振りをした後に、ティーを調整するのもルール違反となっており、この行為を行ってしまった場合も、3打目として打ち直すことになります。

これも、前述のボールをティーに戻す行為とともに、ゴルフ初心者が犯してしまいやすい違反行為なので、プレー中は十分に注意しましょう。

ティーグラウンド以外の場所で、スイングを空振りしてしまった場合も同様に、ボールが静止するまで待たなければなりません。

静止していない状態でボールを打ってしまうと、ストロークプレーではペナルティーとして、2打加算した上でプレーを続行できますが、マッチプレーではそのホールについては即負けとなります。

一方、スイングの動作の途中で動いてしまったボールを、そのまま打とうとしてクラブが当たらなかった場合は、動いた原因がプレイヤーになければ、罰無しで空振りの1打のみが加算されますが、選手に原因があれば空振りの分とは別に、ペナルティーの1打を加算してそのままプレーしなければなりません。

ハザード区域内での空振りのルールはどのようになっているのか

ゴルフ初心者だと、バンカーや池といったハザードの区域にボールが飛んでいってしまうことがよくあります。

ハザードに入ったときは、ゴルフ初心者であっても、プロゴルファーであっても、バンカーであれば中に入って打ち、池であれば1打罰を受けた上で打ち直すのが一般的ですが、池であっても打って脱出できそうであれば、中からそのまま打つことができます。

しかし、ハザードから脱出するためには、スイングを工夫しなければならず、ゴルフ初心者の多くが苦戦します。

当然、空振りも多発しがちになりますが、ここでも注意しなければならない行動があります。

例えば、ハザードの中でスイングをすると、バンカーだと砂が舞い、池だと水しぶきが上がりますが、空振りをしてしまった後に、砂や水しぶきが舞った場合はルール違反とはなりません。

しかし、素振りをしたときにこれが起こった場合は、ボールを打つ前にクラブが地面や水面に触れたとみなされてしまい、ペナルティーの対象となります。

ハザードの外では、空振りをしたときの行動に対して多くの罰則が設けられていますが、ハザード内では逆に素振りがペナルティーの対象となることがあります。

素振りをするときは、ハザードの外で行うようにしましょう。

また、空振りをしたときのストロークにも注意が必要で、バックスイングで水面や地面にふれてしまっていたら、ストローク前の禁止行為に該当するため、2打罰が科せられてしまいます。

仮にハザードからのショットが3打目だった場合、ホール内で他にペナルティーをうけていないのであれば、次は6打目として打たなければなりません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-,

関連記事

ゴルフの基本知識:ゴルフの基本マナー「事故を防ぐためのマナー」

ゴルフ初心者は、覚えなければならないことがたくさんありますが、その中でも最初に覚えなければならないのが、事故を防ぐためのマナーです。 マナーが悪くて、誰かを不快な目に合わせてしまったというのであれば、 …

地元愛が熱くする!?鹿島アントラーズを応援してます!

鹿島アントラーズは、J1リーグに所属する日本のプロサッカークラブです。日本のサッカーの歴史はまだ浅いですが、鹿島アントラーズは、1992年の日本プロサッカーリーグ発足当初から加盟したクラブです。 その …

女子の間でも人気急上昇!「相撲女子」が増えている!

相撲といえば、江戸時代から続く日本の伝統的なスポーツの一つであり、主にお年寄りを中心に人気があるという印象が強いです。 実際に、テレビの大相撲中継を見てみると、観客の多くは年配の人が多く、着物を着た綺 …

野球の基礎知識:グラウンドと用具について

野球のグラウンドの基礎知識を身につければ更に楽しく 野球を見ているけれども、細かい部分のことがよくわからないという人もいるのではないでしょうか。 打った投げたという部分を見るだけでも、十分に楽しむこと …

オリンピック水泳選手の出場枠はどう決まる?

オリンピックの水泳競技において、出場権利が与えられるのは、1つの国の中で各種目2名までとなっています。

楽天モーションウィジェット