ゴルフ初心者の練習法!ゴルフクラブの打ち方(パター)

ゴルフでパターを上達させたいなら、まっすぐボールを打てるようになる必要があります。

スポンサーリンク

脱、初心者!パターの練習方法

曲がるのを防ぎたい!まっすぐ打つ練習が重要

パターで、ボールが曲がってしまうゴルフ初心者は、アドレスが安定していない可能性が高いです。アドレスに安定感を持たせたいなら、上半身を意識しすぎないことが大切です。

上半身に気を使いすぎていると、腕を振った時に体の芯がぶれてしまいます。それを避けるには上半身ではなく、下半身に意識を集中した方が良いでしょう。

構えて前に傾いた時に、体の内部の筋肉がどのような状態になっているのかを確認してください。もし筋肉への負担が大きいと感じたら、筋力をつけられるような練習が必要になります。

筋肉に力を入れた状態を保ちながら、アドレスからストロークまでを反復して行いましょう。

ストロークを直線状に行えるようになると、ボールは直進するようになります。しかし、いくら反復練習を行っても、直線状にならないケースも珍しくありません。

その場合は、片手で打つ練習をするのがおすすめです。最初はいつも通り両手で練習してください。その状態から、まず右手を離して、左手だけで同じように打ってみます。それで何度か打ったら、次は右手だけで打つのです。

最初は、両手で打つとき以上に曲がってしまうでしょう。しかしずっと練習していると、片手でもボールが直線状に近い軌道を描けるようになります。

そうなると、両手で打ったときも安定しやすくなるのです。その状態になったら、力を入れたり抜いたりして、ボールの進み具合を確認します。

力と進み具合の関係を把握できると、カップを狙う精度を高められます。

カップの位置やパットの芯を意識しよう!

ゴルフ初心者の場合は、フォームにばかり気を取られがちです。いくらフォームが良くても、打つ方向が正しくなければ、カップにインさせられません。

しっかりカップの位置を見定めて、ボールを打つ練習を行いましょう。またゴルフ初心者がフォームを整えるときは、パターも体の一部として考えることが大切です。体の芯と、パターの芯のバランスを考える練習法を取り入れると良いです。

ゴルフ初心者は、パターの芯がどこにあるのか分からないケースも少なくありません。その場合は、パターのフェースに目印を付けておくと分かりやすいです。

芯を外側から挟む形で、両端に立体的な目印を付けておくのがおすすめです。そうすれば、目印にボールが当たった場合に、違和感を感じられます。上手く目印の間のフェースに、ボールが当たるように練習を繰り返しましょう。

グリーン以外でも効率よく練習したいなら、パターマットを使用するのも一つの手です。パターマットには、さまざまな種類があります。

庭を自由に使えるなら、カップだけを設置するタイプでも良いでしょう。とにかく打つ回数を増やしたいなら、ボールが自動で戻ってくるタイプを選ぶと良いです。

パターにも、理想とされる打ち方があります。しかし実際には、プロであっても、打ち方には個人差が見られます。そのため、自分に合った打ち方を見つけることが大きな目標になります。

そのため、少しでもリアルな環境で練習をするために、パターマットを購入する人は少なくありません。基本的なグリップの握り方などをマスターしたら、パターマットを使用して、いろいろな打ち方を試しましょう。

体に覚えさせる練習!距離感の把握が大切

距離感を正確に把握できる練習法も、ゴルフ初心者には欠かせません。

距離を正しく把握したいなら、経験を積むのが一番です。横から見ているだけでは、距離感を把握しにくいです。正面からカップを見た場合と、横から見た場合とでは、距離が違って感じられることが少なくありません。

グリーンやパターマットで試すのが効果的ですが、それ以外の場所でも練習することは可能です。

ボールが通る軌道上に、距離が分かるマークを付けてください。たとえば2mや5mなど、最初は短めの距離を記入したマークが良いでしょう。そして最初は、一番短い距離のマークを目指して打つ練習を行います。

マークを外しても同じ距離に打てるようになったら、次のマークを目指して打ってみましょう。上手くいかない場合は、前のマークをもう一度設置して感覚を掴み直します。

マークを使用して一定の効果が見られたら、もっと距離感を把握するために、違う練習を行うのがおすすめです。

たとえば目隠しをする練習法では、体に距離感を覚えさせられます。打ったときの感触だけで、カップに届くかどうかを判断してください。

また、オーバーした距離なども予想します。それらが終わったら、目隠しを外して答え合わせを行います。最初は全く違う結果になり、落胆することもあるでしょう。

特に慣れるまでは、強く打ったつもりでもショートの状態になっていることが多いです。目隠しをしていることによって、自然と力をセーブしてしまうためです。

この練習を繰り返し、体で距離感を感じられる打ち方をマスターすると、パターの腕が格段に上がることを期待できます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

地元愛が熱くする!?セレッソ大阪を応援してます!

セレッソ大阪が発足したのは、1993年のことです。 発動機メーカーであるヤンマーディーゼルのサッカー部を母体としていて、1994年のジャパンフットボールリーグで優勝したことによって、1995年からのJ …

サッカーの基本ルール : コーナーキック

コーナーキックをはじめとして、フリーキックやスローイン、ゴールキックなど、サッカーにはボールを止めた状態からプレーを再開させるセットプレーがあります。 そして、基本的にどのセットプレーであったとしても …

水泳前の食事はOK?

「運動の前に食事をしないほうがいい」という話をよく聞きます。 確かにたくさん食べた後に運動をすると、気持ち悪くなってしまうことがあります。

JリーグのJ1とJ2の入れ替えの仕組みはどうなっている?

2017年のJリーグが開幕して、各チームがそれぞれの目標に向かって、毎試合熱い戦いを繰り広げています。 リーグ戦も終盤になると、優勝争いが白熱すると同時に、J1の下位チームの降格争いも激しい争いを毎年 …

サッカーの基本ルール : スローイン

フリーキックやコーナーキックなど、サッカーにはボールを止めた状態からプレーを再開できる、セットプレーがいくつか存在します。 また、こういったセットプレーを上手に行うことができれば、得点にも結びつきやす …

楽天モーションウィジェット