スライス対策|スライスの原因は?

ゴルフ初心者というのは、どうしてもスライスよりの球を打ってしまいがちで、真っすぐ飛んでいかずに悩んでいるという人は多いものです。

誰でも最初から上手くいくわけではないのですが、ゴルフというスポーツは、気をつけていなければスライスしやすい競技だということを理解すると、修正をしやすくなります。

スポンサーリンク

スライスを直す!|スライスの原因

原因をはっきりさせるところから始める

大事なことは、なぜスライスをするのかということを、はっきりさせることであり、原因がはっきりしないのに直そうと思っても、上手くいくものではありません。

数多く打つごとに、少しずつ癖を掴んで修正をすることができるということもないわけではありませんが、やはり一度原因をはっきりしてから、それを修正しようとしたほうが、ずっと直しやすいものとなっているので、まずは原因をはっきりさせることがポイントとなります。

そして、忘れてはならないことが、スライスの原因というのは必ずしも一つとは限らず、複合的な要素によって曲がっていってしまうということもあるので、これが原因だと決めつけるのでなく、できるだけ多くの視点から原因を突き止めるようにすることが、大切なことになります。

何かひとつの原因だけに決めつけてしまうと、他にも原因があるのにそれを見落としてしまって、スライスが改善されないということがありますから、ゴルフ初心者は、スライスの原因となることにはどのような物があるのかということを覚えるところから始めると、修正をしやすくなります。

どのような原因があるのか知っておけば、ひとつずつ悪そうな部分を修正していくことができるので、スライス癖も直しやすくなるのです。

フェースが開いていることが大きな原因に

ゴルフ初心者がスライスを打ってしまう原因として多いのが、フェースが開いてしまっているというものがあります。

本人は真っ直ぐにして当てているつもりだけれども、実際に当たる瞬間にはフェースが開いていて、その結果として球が右方向に流れてしまうということは非常に多いのです。

それではなぜフェースが開いてしまうのかというと、これにもいくつかの原因がありますが、ひとつはグリップが悪いというものと、スタンスが悪いというものがあります。

握り方が悪いだけで、当たる瞬間にフェースが開いてしまうことになりますし、スタンスが悪いだけでも同様に、球は流れていってしまいやすいものなので、まずは基本的なこのような部分を見直すようにしてみると良いでしょう。

しかし、なかなかこれだけで改善をされるということは、それほど多いものではないので、最初からフェースを左向けにして構えてみるという方法もあります。

最初から閉じ気味にしておけば、多少開いたところでちょうどいい角度となるため、球はまっすぐと飛んで行くということになるのです。

この方法は、根本的に解決をしているわけではありませんから、ゴルフ初心者の応急処置的なものであり、しっかりとまっすぐ飛ばしたいというのであれば、根本的に悪い部分を見直して、修正をすることが大切です。

ただし、このような打ち方というのは、将来上達をして逆にフックを打ちたいと言った場面で、役に立つものとなっているので、決して無駄になるわけではありませんから、悪い部分を模索しながら一時的に修正をするというのには、役立つ方法となっています。

ゴルフ初心者がやってしまいがちなミス

スライスの原因としては、フェースを開いてしまうことがまず大きな理由となるのですが、開いてしまう理由は、グリップやスタンス以外にもあり、特にゴルフ初心者が陥りやすいミスというものがあります。

ひとつは力みすぎているというものがあり、変なところに力が入ると、体も開き気味になってしまって、球は右に流れて行ってしまうことになります。

力みすぎと同じように、大振りをしようとする、速く振ろうとするというものもあります。遠くに飛ばそうという意識が働くとどうしても大振りになってしまい、そうなると、体は開き気味になってしまいます。

速く振ろうとした場合にも同様で、余計な力が入りやすく体が開いて、球は右に流れていくことになります。

それでは、当てに行く意識があれば良いのかというと、それもまたスライスをしてしまう原因の一つになり、当てよう当てようと意識をすると、今度は手足が縮こまって理想的なスイングをすることができませんから、これもやはりスライスの原因になってしまうことがあるのです。

最後に

ゴルフは、力一杯振ればいいというわけではありませんが、かといってただ当てに行くようなことをすればいいという単純なものでもありません。

力みすぎても力が抜けすぎても駄目で、スムーズに振り抜くことが大切です。

綺麗なスイングをすることができれば、自然と球はまっすぐ飛んで行くことになるので、力みすぎず、力を抜きすぎず、綺麗なスイングをすることを心がけてみると良いでしょう。

スライスは、フェースの向きやスイングの軌道に問題があるので、これらの部分をひとつひとつ注意して修正をしていけば、球を真っ直ぐ飛ばすことができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-,

関連記事

野球の基礎知識:グラウンドと用具について

野球のグラウンドの基礎知識を身につければ更に楽しく 野球を見ているけれども、細かい部分のことがよくわからないという人もいるのではないでしょうか。 打った投げたという部分を見るだけでも、十分に楽しむこと …

地元愛が熱くする!?ベガルタ仙台を応援してます!

ベガルタ仙台の本拠地は、宮城県の仙台市です。 1988年に創設された東北電力サッカー部が前身となり、1999年にJ1リーグに加盟しました。

フィギュアスケートのジャンプの種類は6種類|トゥループ

フィギュアスケートでは、6種類のジャンプがあります。 アクセル、ルッツ、フリップ、ループ、サルコウ、そしてトゥループです。 難しい順に書いてあり、トゥループは、1番簡単なジャンプだということがわかるで …

ゴルフの基本知識:ゴルフの基本ルール「空振り」

ゴルフ初心者がラウンドをしているときに、よくやりがちなミスの一つが「空振り」です。 これは、文字からもわかるように、ボールを打とうとして、スイングをしてもクラブがボールに当たらないことを指しますが、ゴ …

アクセス良好!長野県のおすすめスキー場3選

スキーは特に荷物の多いスポーツなので、スキーを楽しむにはゲレンデへのアクセスや宿泊施設へのアクセスが非常に重要になってきます。 今回は長野県でおすすめのスキー場を紹介します。

楽天モーションウィジェット