ゴルフ初心者の練習法!ゴルフクラブの振り方(スイング)

ゴルフとは、言うまでもなくゴルフクラブをしっかり握って、ボールにミートさせるスポーツです。

一見、基本的で何のコツもないような動作ですが、実はこの握るという動きこそが、ゴルフ初心者にとって非常に重要となるのです。

スポンサーリンク

ゴルフの練習方法|スイング

上手なスイングの基本はグリップから

グリップは自分の腕とクラブを繋げる連結点としての役割を果たし、身体の動きをダイレクトにボールまで伝えてくれるため、グリップの良し悪しが飛距離やスコアに直結すると言っても過言ではありません。

ゴルフ初心者は上手にボールにミートさせられなかったり、狙った場所にボールが飛んでいかないというケースが多いのですが、そういたった人は、実はグリップが上手にできていないことが原因になっていることが多いのです。

ゴルフ初心者が思い通りのスイングを身に着けるためにも、まずは正しいグリップをマスターすることから始めましょう。

正しいグリップとは、両手がまるで一つの手になって、クラブと一体化しているような状態を指します。両手がこのように安定することで、スイングのブレがなくなり、ボールが綺麗なコースを描くことができるのです。

具体的に言うと、左手の甲と右手の掌が同じ方向を向くように握り、さらに両手の指が平行となるように調整しましょう。実際にグリップする際には、右手と左手を少しずらすことになりますが、その際にできるだけ全ての指が平行になるように意識しましょう。

降ろした状態では、平行になっているか分かり辛いので、調整する間だけ、胸の位置などに上げたり、鏡を見ながら調整するのもおすすめです。

ただ、グリップに力が入りすぎると、スムーズなスイングができないため、平行を意識するあまり力を入れ過ぎないように注意も必要です。

両方の足をしっかり固定する練習法

ゴルフ初心者で、グリップが上手にできるようになったら、次はいよいよスイングを安定させる練習法を実践していきましょう。

スイングは飛距離を出したり、狙った場所にボールを飛ばすために非常に需要な役割を果たすので、スイングの上達なくして、ゴルフの上達はあり得ません。なかなかスコアが伸びないと悩んでいるゴルフ初心者は、スイングを見直すことも大切です。

スイングは、動きの軸となる背骨と首の付け根の位置を、ある程度固定しておき、身体だけをうまく回転させることが重要となります。この感覚を身体に覚えこませる練習法としては、両足の間にボールなどを挟んで固定すると効果的です。

まずボールとクラブの位置を調整したら、両足をしっかり揃えて立ちます。ここで、ボールなどをスイングの邪魔にならないように挟みましょう。その後は、実際にボールを打つ時のように前傾姿勢を作り、上体のみを捻るイメージで、ゆっくりとクラブを振り上げます。

一連の動作の中で、足に挟んだボールができるだけ動かないように、常に意識しておくことが大切です。

最初からフルスイングするのは難しいので、低いティーアップから始めると良いでしょう。また、ボールとクラブの位置を調整する際には、膝を軽く曲げ、動きの衝撃やブレをそこで吸収できるようにしておくのもポイントです。

このように、両足と下半身を安定させてスイングすることで、軸のブレを抑えてしっかりボールにクラブをミートさせられるようになります。

両足を安定させる感覚を掴めたら、ボールを少しづつ取り外して練習を重ねていくようにしましょう。

脇の下にタオルを挟んで固定する練習法

綺麗なスイングを身につけるためには、身体の回転と腕の動きを一体化させることも大切です。身体の回転と腕がバラバラに動いてしまっては、せっかく回転から生まれたエネルギーを、クラブに伝えることができす、ミートさせられなかったり飛距離を伸ばせなくなってしまいます。

身体と腕を一体化させるためには、両方の脇をしっかり引き締めて動かすことがポイントです。脇を密着させると、腕と身体が密着するということになり、一体感を持って動かすことができるのです。

どうしても動くと、脇が離れてしまうという場合は、両脇の下にそれぞれタオルなどを挟んで、落とさないように動かしてみましょう。やってみると意外と難しいのですが、どんなにスイングしても、タオルを落とさず動けるようになれば、腕と身体を一体化させることに成功したと言えます。

この練習法なら、実際にクラブを握らず、素振りだけでも十分に感覚を掴むことができます。家の中でも気軽に行えるので、積極的にチャレンジしてみましょう。

注意点としては、タオルを落とさないように意識するあまり、両脇に力を入れ過ぎてしまう事です。

あまり力が入ってしまうと、スムーズなスイングができず、思うように力が入らなかったり、狙った位置にクラブが来ないこともあるので、適度に力を抜いておくことも大切です。

また、脇を締めるとどうしても肘まで身体にくっ付いてしまいがちですが、肘はあくまでも下向きになるように注意しておきましょう。

このような練習法を重ねることで、より一体感のある安定したスイングが可能になります。上達するためには練習あるのみなので、家の中でもどんどん練習してみてください。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

King of swimmer レジェンドを打ち立てた選手 : カレン・ジョーンズ

水泳界には、多くの偉業を達成した選手がいます。 1大会で7個の金メダルを獲得したマークスピッツ選手、2000年代に世界記録を次々と塗り替えたイアンソープ選手、そして歴代最多の金メダルを獲得したマイケル …

ゴルフ上達のための練習方法を見直す

ゴルフを経験したことがある方も多いと思われますが、多くの人は100を切れずにもがいている事でしょう。また、シングルプレイヤーと言われる上級者の人たちはかなりの少数派となります。上級者の多くは、毎日のよ …

山の食事|レトルト食品

アウトドアは、若い人から高齢の人まで楽しめるスポーツの一つになります。 野外の自然、空気を味わうと心身が健康になり、ストレスが解消されます。アウトドアの種別も多く、専門店ではいろんな用品が販売されてい …

地元愛が熱くする!?浦和レッズを応援してます!

浦和レッズのニックネームで親しまれている、浦和レッドダイヤモンズは、日本で空前のサッカーブームが沸き起こる1992年のJリーグ開幕から参戦を続けている名門クラブで、鮮やかな赤いユニフォームで戦う選手た …

フィギュアスケートのルール:男子シングルのフリースケーティング

フィギュアスケートには、ショートプログラムとフリースケーティングがあります。

楽天モーションウィジェット