ランドデビューまでに準備しておきたいゴルフ用品|トップス&ボトムス

ゴルフ初心者がゴルフウエアを選ぶときには、何を着てもよいというわけでもありません。

ゴルフは、マナーを重んじるスポーツです。ウエアにも、おおまかな決まりがあります。

動きやすい服装なら何でも良いだろうと思って、ジャージの上下やTシャツにデニムのボトムスは絶対にNGです。

スポンサーリンク

ラウンドデビューに必要なアイテム|トップス&ボトムス

ゴルフ初心者がトップス&ボトムスを選ぶ場合に気を付けること

トップス&ボトムスにも、ドレスコードがあります。男女共通の決まりとしては、トップスは襟付きのものを着用しなければなりません。冬は、タートルネックでも可能です。

しかし、ドレスコードに厳しいゴルフ場は、ハイネックの襟の高さまで決まっているところもありますので、心配な場合は、ある程度長いものを着用しておけば大丈夫です。

夏は、半袖のポロシャツの下から日焼け防止のためにインナーを着用したり、ゴルフのパフォーマンス向上のためのインナーが、見えるように着用している人が多く見受けられます。

一般的なゴルフ場では問題ありませんが、ドレスコードが厳しいコースでは、下着とみなされて脱ぐように言われる場合がありますので、そのようなコースに出向く場合は、薄手の長袖のトップスを着る方が無難です。

ボトムスは、基本的にデニムや半ズボン以外なら大丈夫です。しかし、膝上位の長さのものを履く場合は、ハイソックスを着用しなければなりません。

暑いからといって、スニーカーソックスのように短いものを着用することはNGです。

女性は、スカートを着用したいと思う人も多いかと思いますが、あまりにも短すぎるものはNGです。また、スカートを着用する場合は、アンダーパンツを着用しなければなりません。

ゴルフ用品店で売られているスカートには、アンダーパンツが付いているものですが、アパレルメーカーのものを着用する場合は、アンダーパンツの代わりに、レギンスを重ね履きすればスポーティーな印象を与えることができます。

トップス&ボトムスはどこで購入するの?

ゴルフ初心者が、トップス&ボトムスを購入する場合は、ゴルフ用品店で購入すれば間違いないです。

専門店に行けば、トップス&ボトムスだけでなく、帽子やベルトなどのアイテム一式を揃えることができます。しかし、ゴルフ初心者にとっては敷居が高く感じるものです。

ゴルフ用品店に入りにくいと感じる場合は、スポーツ用品全般を扱っている専門店を覗いてみましょう。ゴルフ用品店よりも、リーズナブルな価格で売られていることが多いです。

ゴルフウエアは高価なものですので、少しでも安く手に入れたいものです。

実は、高価なイメージのゴルフ用品店でも、頻繁にセールを開催しています。

ゴルフウエアにも多少の流行りのデザインはありますが、アパレルメーカーのように、毎年のように流行が変わるということはありませんので、片落ちのものでも全く問題なく着用できます。自分が気に入ったデザインのものを見つけたら、迷わず手に入れましょう。

また、店舗で気に入ったデザインのトップス&ボトムスを見つけたとしても、欲しいサイズや色が品切れの場合があります。そのような場合は、ネット通販をチェックしてみましょう。

Yahoo!ショッピングや楽天市場などで、メジャーなゴルフ用品店はインターネット店を出店しています。店舗に行く前に、サイトでゆっくり選んでみるのも良いですし、サイトで気に入ったものを見つけたら、店舗で試着して購入すれば失敗がありません。

また、店舗で品切れだった商品が、通販では在庫がある場合があります。通販は、送料がかかりますが、定価で購入するよりは格段に安く購入することができます。

他人と被りたくなければ、アパレルメーカーのものを

ゴルフ初心者の中には、トップス&ボトムスは、ゴルフ用品店で購入したものでなければならないと思っている人もいるものですが、決してそのような決まりはありません。

基本的なドレスコードを守っていれば、アパレルメーカーの服でも全く問題ありません。ゴルフ場に行くのが年に数回のレベルであれば、高価なゴルフウエアを揃えるのはかえってもったいないものです。

プチプラで揃えたものでも構いませんし、自分が気に入っているブランドで、ドレスコードに見合ったものであれば全く問題はありません。

むしろ、普段着でも着回しできるものの方が、無駄遣いすることなく安く揃えることができます。

また、ゴルフ用品店には決まったメーカーのものが売られていますので、コースで他人と被る可能性がおおいにあります。全く気にならないという人でも、自分と同じ服を着た人とバッタリ会ってしまうと、何となく気恥ずかしく感じるものでしょう。

他人と被ることを避けたいという人は、あえてアパレルメーカーのもので、揃えて自分なりにおしゃれを楽しむ方が良いと思います。

また、かえってその方が決められたドレスコードの中で、おしゃれの幅が広がるものです。

さらに、夏はラウンドを終えてから、お風呂に入って汗を流して着替えて帰るという人が多いですが、冬場は特に、近場のゴルフ場に行った時には、お風呂に入らずにウエアのまま帰るという人もいます。

ゴルフウエアを着たまま出掛けることを何とも思わないという人もいるものですが、抵抗を感じる人もいるでしょう。

プレー後にお風呂に入らずに帰る場合でも、アパレルメーカーのものを身に付けていれば、帰りに寄り道することがあっても周りに浮くこともありません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

都会の喧騒から離れて…ナイタースキーの魅力

スキー好きの人であれば、毎週でもスキー場に通い、思い切り滑りたいと思っているはずです。 山の斜面を一気に滑り降りるのは気持ちいいものですし、風になったような気持になることもできます。 どんどん上達をし …

初心者のためのヨガ入門:基本のポーズ

ヨガを初めてみたいけれど、難しそうだし、体が柔らかく出来ないんでしょ?と興味を持っているのに始められない方が多いですが、実際に体の硬い方も多いですし、無理にポーズを取ることはありません。 また、大事に …

ランドデビューまでに準備しておきたいゴルフ用品|帽子・サンバイザー

ゴルフ場へデビューするときに必要なゴルフ用品を、全部揃えてあるかどうか自信はありますか?

ゴルフの基本知識:ゴルフの基本ルール「ウォーターハザード」

ウォーターハザードは、コースの中にある池や川などを指す場所であり、ゴルフ初心者には「池ポチャ」という言葉が耳なじみのある言葉です。

おすすめのヨガ教室の特徴は?

昔から人気のあるヨガですが、ここ最近、更に人気が出てきていますが、教室選びに迷う方も多いかもしれません。そんなオススメなヨガ教室の特徴を纏めてみました。

楽天モーションウィジェット