スライス対策|グリップとアドレスを見直す

ゴルフ初心者に限った話ではありませんが、ゴルフをしていると、スライスに悩まされるということは少なくありません。

本当のゴルフ初心者の場合には、打った瞬間に打球が右方向に飛んでいき、更にそれがどんどん右方向に流れていくという光景は決して珍しくありません。

ある程度上達をしてくると、少しずつ前の方向に飛ばすことができるようになってきますが、それでもやはり打球が右方向に流れていくという光景はよくあるものです。

スポンサーリンク

スライスを直す!|グリップとアドレスを見直す

ゴルフ初心者がスライスに悩んだときには

右に流れるのであれば、左方向に向けて打てば丁度いい位置におさまるということにはなりますが、このような対症療法的な矯正の仕方というのは、将来のことを考えるとあまりいいものとはいえません。

特にゴルフ初心者の場合には、変な癖がついてしまうだけということになりかねず、スライス癖が直っているわけではありませんから、実際にコースを回るようになった時に、対処しきれないということもあるので、根本的な部分から直していくことは大切なことにあります。

スライスを直すためには、原因をはっきりさせることが重要となるわけですが、スライスをしてしまう原因として多いのが、グリップとアドレスの関係であることが多いので、ゴルフ初心者はその点を見直してみるのが良いでしょう。

必ずしも、スライスの原因がこのふたつとは限りませんが、このふたつの部分が大きな原因となっていることが多いだけに、スライス癖を治すために、最初に見直す部分としては優先順位の高いところとなっていますから、握り方におかしな部分がないか、構え方に変なところがないかということを注意してみるのが、スライスを直す近道となります。

グリップを見直すところから始めてみる

ゴルフ初心者がスライスを連発してしまうときには、グリップが悪いということは少なくありません。

握り方など、一番最初に覚えたので間違いがないはずだと思っている人もいるかもしれませんが、基本的な握り方があっていても、それが少しずれているだけで、打球は右方向に飛んでいってしまうものです。

ほんの僅かなずれであったとしても、インパクトの瞬間にはフェースが大きく開くことになってしまい、打球は右方向に飛んで行くことになります。

ほんの僅かなずれが、打球に大きな影響を与えるので、まさか握り方が悪いとは思いにくかったりするのですが、実は大事な部分となるので、スライスがひどいときには、握り方に注意をしてみるのが、最初に確認すべきところとなります。

それではどのような握り方が、スライスを誘発しやすいのかというと、左手が打ち出す方向に向かって捻れた状態となり、これをウィークグリップと呼び、スライスになりやすい握り方となっています。

意識せずに、打ち出す方向に捻れているようであれば、意識的に真っ直ぐにする、あるいは逆方向に捻ることによって、打球の方向を矯正することができます。

あまり逆方向にすると、今度はフックを打つようになってしまうので、加減が大事となりますが、握り方ひとつで打球の方向が大きく変わってくることもあるので、試してみる価値は十分にあると言えます。

ちょっとしたことで打球の行方は大きく変わってきますから、どうしても右に打球が飛んで行くというときには、今一度握り方を見直してみて、そもそもスライスしやすい握りになっているのではないか、確認をしてみることが大切です。

構え方を見直してみることも大事

スライスが出てしまう原因として、グリップに並んで多いのが、そもそもアドレスが悪いというものがあります。

最初の構え方が悪いので、スイングも開き気味になってしまって、打球は右方向へということになるため、構えを見直してみるというのも、打球の方向を矯正するのに効果的なものとなります。

スライスになりやすいか前方として、背骨の傾きがないというものがあり、ほぼ垂直の状態で構えているというゴルフ初心者は非常に多く見受けられます。

次に、右肩の位置と左肩の位置が、水平になっているというものがあります。

なぜ水平が駄目なのかというと、ゴルフの場合には右打ちだと左手が上に来て、右手が下に来るわけですから、自然な構えとなれば右肩が少し下がらなければ不自然になってしまいます。

ところが初心者の場合には、自然な構えからあえて不自然な形に持っていってしまいがちで、結果としてフェースが開きやすくなってしまい、打球は右方向に飛んで行くということになるのです。

右肩の位置を自然な状態にして、すぐにスライスが改善されるほど簡単なものではありませんが、意識をしてみることによって、フェースの開きをおさえることができるようになり、打球はまっすぐと飛びやすくなるので、ゴルフ初心者はこのような部分に注意をして打ってみると良いでしょう。

最後に

最初の内は、問題点がわかっていてもなかなか上手く行かずに、もどかしい思いをしてしまうかもしれませんが、原因がはっきりとわかっていれば、それを修正することによって、スライスも直しやすいので、握り方とか前方という基本の部分を一度振り返って、何処かに問題がないかを分析するのが、スライス癖を直す近道となります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, , ,

関連記事

King of swimmer レジェンドを打ち立てた選手 : エリック・ムサンバニ

2000年のシドニーオリンピックは、イアンソープさんの活躍などで大いに盛り上がりましたが、そんな中、100メートル自由形に登場したある選手の泳ぎに、世界中の人が注目し、拍手を送りました。 その選手はエ …

フィギュアスケートのジャンプの種類は6種類|サルコウ

冬季のスポーツとして思い浮かぶ競技に、フィギュアスケートがあります。 とても華麗で美しく、難しいジャンプをいくつもこなすその演技には、多くの方が魅了されてきた事でしょう。 そこで、フィギュアスケートの …

甲子園を目指して!高校野球に年齢制限はある?

  毎年8月の夏の風物詩として、野球ファンにとって待ち遠しい大会が、16歳から18歳の野球部に属する高校生が、たった一つの頂点を目指す夏の甲子園です。 夏の甲子園は、各都道府県から1校ずつと、北海道と …

ゴルフをする女性が増加傾向

ゴルフに対するイメージとして少なくないのが、中年の男性が中心にやっているスポーツというものではないでしょうか。確かに中年男性のゴルフ人口は多く、打ちっぱなしやゴルフショップなどにはおじさんの姿がよく見 …

フィギュアスケート採点方法は?技術点について

フィギュアスケートの競技会は、世界各地でおこなわれていて、出場選手の演技については、その時点での採点方式によって、採点されるのが普通です。 特に、オリンピック出場権に関わる大会の採点方法は、厳密に決ま …

楽天モーションウィジェット