ゴルフクラブでスライス改善|クラウンから

ゴルフ初心者にとって、打った球がなぜか右に曲がってしまういわゆる「スライス」は、誰しもが通る悩みです。

特に飛距離を出したいときに、右へ右へと引っ張られていませんか。

スライス改善には、どういった方法があるのか順に見ていきましょう。

スポンサーリンク

スライスを直す!|クラウンから

ゴルフ初心者に共通の悩み「スライス」

そもそも、ゴルフ初心者には、なぜスライスが多いのでしょうか。理由は色々考えられますが、まずはスイングそのものが、きちんとできていないということがあげられます。

ボールの弾道を早く見たい、しっかりと見届けたいという気持ちが無意識に強く、ついボールが飛び出すと同時に目で追ってしまう。

そもそも、スイングの基本が抑えられていない場合、左肩が早く開いてしまいます。そうすると軸がぶれ、ボールに真横からフェースが当たらず、やや斜め右上からインパクトしてしまい、左方向へ飛び出した後右方向へ曲がります。

スイングの軸がぶれないように下半身の強化とともに、左肩が開かないよう頭を残すようにしましょう。

また、力み過ぎてグリップを強く握っていると、スライスしやすくなります。スライスしたくないと思えば思うほど、曲がってしまうのはこのためです。

インパクトの瞬間までは、力まないように注意しましょう。力いっぱい握ると、腕や肩がまわらず、十分なスイングができなくなります。

また、ヘッドスピードが早くなれば早くなるほど、ボールに回転がかかりやすく、コントロールが難しくなります。

飛ばしたい気持ちから、ついつい力んでしまうのですが、こういうときにこそ力を抜いて基本に忠実に振り切りましょう。

次に、ドライバーについてみていきましょう。

クラブを代えればスライスは克服できる?

弘法筆を選ばずとは言いますが、初心者はクラブを選びましょう。

ゴルフクラブには、初心者向け~上級者向けがあり、どんなに評判が良いクラブでも、自分の技能に合っていなければ宝の持ち腐れです。

段階に応じて持ちかえていきましょう。ただ、ゴルフ初心者のスライス改善には、クラウンから見えるフェース角に注意を払う必要があります。

ドライバーのヘッド部分は、ボールが直接当たる部分をフェース、底面をソール、先端部分をトウ、シャフトに近い部分をヒール、構えた時に見えている上部をクラウンと言います。

フェース部分を見た時、初心者はフックフェースから始めるのが一般的です。というのも、ゴルフ初心者のスライスは、ごく当たり前のこと。スイングが安定しないため、真っすぐ飛ばないのです。

また、若いころにやっていたからと、中級者向けにかえていたクラブからまた持ち出したりすると、症状がひどくなっていることがあります。

これは、年齢を重ねたことによって筋力が衰えているからです。若いころのイメージでスイングしても、実際には初心者と同じ状態です。クラブ一つでずいぶん変わってきますので、見栄を張る必要はありません。

自分に合った道具を使うことも、紳士のスポーツたるゴルフでは当たり前のことです。

ですから、クラブを構えた時に、クラウンから見えるフェース角に注目してみてください。フェース角が少し左を向いているのがフックフェースです。

最初から左を向いているので、インパクト時にフェースが開きにくく、スライスしにくいという利点があります。選ぶ際には「フック○度」や「+○度」となっているものを選びましょう。

構えた時とインパクト時のフェース角に注意

さあスライス改善のためのクラブも手に入れ、スイングも十分練習し、いざコースへ!と張り切ったものの、やっぱりスライスの病は収まらず、がっかりした経験はありませんか。

まじめに練習をしている方に限って、スライスが治りにくいというのも、またゴルフ初心者によくあることなんです。

アドレス時にきちんとクラウンから見るフェース角に注意し、打ち終わった後も下半身を踏ん張って頭を残しているのに、ボールはスルスルと曲がっていく。

実は、インパクトの際にフェース角が開いてしまっている場合が多いのです。自分が確認しているクラウンはアドレス時、つまり止まった状態です。

その時にはきちんとソールが地面と平行になっているのですが、ゴルフ初心者はそのままの状態で振り上げられず、スイングの際にはアドレス時と違った角度でインパクト。

こういったことを防ぐために、振りぬいたそのままのグリップのまま、もう一度先ほどのアドレスをしてみてください。しっかり握っていたはずなのに、クラウンが別の位置に見えたり、ソールが斜めになっていませんか。

練習場で、とにかくボール数を稼ごうとあっという間に何球も打つ人がいますが、ゴルフ初心者はスイング後のチェックもしっかりしていきましょう。案外ボールを打った後のことをおろそかにしている人が多く、差が付きます。

ゴルフ初心者は、手首の返しが十分できず、アドレス時だけ何とか正しいグリップを保っているのですが、いざスイングが始まると「肩を回す」「左足は軸にして」などあれこれ気になってしまい、手首の角度が乱れてしまいます。

アドレス時と同じ状態でスイングができるよう、手首の強化もしていきましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

世界水泳選手権とは?見どころは?

世界水泳選手権は、1973年に第1回が行われ、決まった周期で行われず、2年から5年に1回という不定期な間隔で開催されてきました。 日本で初めて開催された2001年から、2年おきに開催されることが決まり …

初心者にぴったりなゲレンデはどこ?

ゲレンデデビューの初心者がスキー場を選ぶ際は、どこのスキー場やゲレンデが良いのか分からないですよね。 今回は初心者の方にぴったりなゲレンデの選び方を紹介します。

乗馬をするには服装はどうすればいいの?

憧れのセレブスポーツ、乗馬。 普段の生活では、なかなか見慣れないスポーツですので、いざ自分が乗馬を始めてみようとなったら、まず心配になるのが「どんな服装を準備すればよいのか」ではないでしょうか。 テレ …

初心者のための登山入門編!登山の計画を立てる

登山をする場合、事前に登山計画書を提出することが求められています。 登山計画書は警察に提出し、家族にもそのことが通知されます。

水泳の基礎知識:4つの泳ぎ方 ~ クロール ~

水泳を始めて、泳ぎ方をマスターする際に最初に覚えるのがクロールです。 クロールの泳ぎ方が、平泳ぎや背泳ぎ、バタフライの他のものにも通じるものがあるため、まずはクロールを習得することが、次の泳ぎ方をマス …

楽天モーションウィジェット