ゴルフクラブでスライス改善|ヘッドから

ゴルフ初心者にとって、スライスの悩みは誰もが経験する、ゴルフの洗礼のようなものです。

スポンサーリンク

スライスを直す!|ヘッドアップ

ゴルフ初心者に起こりやすいスライスとは

スライスとは、打ったボールが右方向へ曲がってしまい、本来狙っていた場所に飛んでいかないことを言います。

狙いとは違った場所へ飛んで行ってしまうため、当然スコアは伸びませんし、一緒にラウンドしている人に見られてしまえば、自分がゴルフ初心者だということがすぐ分かってしまうので、恥ずかしさもあります。

最近は、若い女性などにもゴルフ人気が高まっているので、インターネットや雑誌などで、様々なスライス改善についての情報を目にすることができます。

ただ、情報だけではなかなか実践してみても、スライス改善させることができないという人も多いのではないでしょうか。

それもそのはずで、スライスが起きてしまう原因というのは、人それぞれ違っているのです。その原因に合った、改善方法を実践しないと意味がないので、まずは原因をしっかり知り、その対処法を知ることが大切です。

スライスが起きてしまうのは、ボールとクラブのヘッドをミートさせる瞬間に、フェースが右にずれて当たっていることが直接の原因です。

ゴルフクラブは、ヘッドの位置がグリップの延長線上になく、重心もシャフトの中心からはずれているため、フェースはどうしても回りやすくなってしまうのです。

ゴルフ初心者にとって、振り上げたヘッドをアドレスの位置まできっちり戻すのは非常に難しく、身体を捻ってクラブをスイングする間に、フェースが開きやすくなってしまいます。

綺麗にフェースの向きを合わせるには、グリップの握り方と構え方、スイングする際の身体の動きに注意する必要があるのです。

スライスを改善させるための練習

スライス改善に悩むゴルフ初心者の場合、多くが狙っている方向に対して、肩が左に向きすぎてしまう傾向があります。

どんなにフェースをしっかり狙った方向に合わせていたとしても、そもそも動きの起点となる肩の向きが、ずれてしまっていれば全く意味がありません。

まずはいつも通り自然に構えをしてみて、肩の位置や方向をチェックしてみれば、フェースが開いてしまっていると気付けるでしょう。

この問題を解決するために有効なのが、クラブの握り方であるグリップです。

一般的なグリップの方法だと、左手が上側で右手が下側になってしまいます。すると右手が身体から遠い位置になってしまい、自然と左腕より右腕の方が上になるため、それに引っ張られる形で、右の肩が前に出やすくなってしまうのです。

これによって肩が自然に左側を向いてしまうようになり、スライスが起きてしまいます。つまり、グリップを改善して右腕の位置を調整すれば、肩が引っ張られることもなく、スライス改善に繋げられると言えます。

具体的には、左手は自然に真っすぐ下ろしてクラブを握り、右腕は左腕の上から被せるのではなく、下から回すようなイメージで持ってくるようにしましょう。

グリップ部分の左手に右手をそっと添えると、右腕の肘は自然に軽く曲がった状態になります。こうなると左腕は畝の上に、右腕は胸の下に位置するようになり、右肩が前に出ることを防げるのです。

こういった身体の位置やグリップのやり方は、鏡を見て調整すれば簡単に実践することができるので、毎日自分でチェックして、身体に正しい位置を覚え込ませることが大切です。

スライスの原因に多いヘッドアップ

ゴルフ初心者に多いスライスの原因としては、ヘッドアップの問題も挙げられます。

ヘッドアップとは、スイングしている最中に無意識に頭が上がってしまい、バランスが崩れてしまうことを言います。アドレスの位置や、スイングの軌道もずれてしまうため、ボールに当たった際のヘッドの位置や角度もずれてしまい、スライスが起こりやすくなってしまうのです。

ヘッドアップは、クラブの動きやボールの飛んでいく様子を見るために、つい頭が動いてしまうことが原因です。

ボールを見たいがためにスイングがずれ、狙った位置にボールを飛ばせないとなっては元も子もありません。ヘッドアップを防ぐためには、思い切ってボールの行方を気にしないことが大切です。

ヘッドアップを改善する具体的な方法としては、頭以外に腰やヒップ部分を安定させることも大切です。頭が動くということは、それに伴って腰やヒップも、無意識に動いてしまうことになります。

こういった部分を安定させることで、軸をブレずに回転させることができ、自然にヘッドアップを予防することができるのです。

また、スイングの際に顔を常に右肩にくっ付けるようなイメージで動くことで、ボールの位置とは違う方向に視線を逸らすことができるため、頭が動くのを抑えることができます。

ボールを見ないというのは非常に難しいことですが、ゴルフ初心者にとっては意外と見ない方がスライスを抑えることができるのです。

ヘッドアップを意識して改善させることで、スイングのフォームを安定させ、ミート率を上げることにも繋がるので、積極的に練習していきましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

ゴルフクラブでスライス改善|シャフトから

ゴルフは、プレイヤーの技術の良し悪しがスコアに直結するスポーツですが、ゴルフ初心者は、慣れや経験がないため、ボールが狙った通りの軌道を描かないことが多いです。 最初からきちんと、スクールなどに通って、 …

サッカーの基本ルール : PK

サッカーのコートには、ペナルティーエリアと呼ばれる部分があります。 その中で反則を犯した場合、PKが与えられ、ゴールから12ヤード離れたペナルティーマークのところにボールをセットし、審判の合図の下、相 …

フィギュアスケート観戦の楽しみ方【マナー編】

日本ではフィギュアスケートが盛んに行われており、多くの有名選手がいるため、その選手たちが出る試合には多くの人が駆けつけ、会場は満員になります。 熱心なファンは海外にも足を運び、選手を応援するということ …

おすすめのヨガ教室の特徴は?

昔から人気のあるヨガですが、ここ最近、更に人気が出てきていますが、教室選びに迷う方も多いかもしれません。そんなオススメなヨガ教室の特徴を纏めてみました。

山の食事|ご飯の美味しい炊き方

登山は、山あり谷ありの連続で結構疲労していき、人によっては登山はやりたくない、もうこれで終わりにしたいと思いながらやっている人もいるほど、精神的にも追い込まれていきます。 そんな人たちが、何をモチベー …

楽天モーションウィジェット